カテゴリ:メンテナンス・カスタム( 235 )

 
最近、買った細かいもの2つほど。

e0086244_11161689.jpg
まずはキーレスのガソリンキャップ。

ま、後付けの理由は色々言えるけど、要するにカッコいいから。

いつかシートを自作した時なんかに、これが見えてるとちょっといけてるでしょ?



いや、おっさんバイクのまま乗るつもりだから、たぶんやんないけどwww




それから、欧州あたりではポピュラーなレッグカバー。

e0086244_11161739.jpg
まあ、膝掛けだよね( ̄∀ ̄)

これももちろん、ほとんどノリと勢いで買った。

だって面白そうじゃん?



e0086244_11161768.jpg
ライダー側はこんな風に、鉄の芯が入ってて着脱が簡単にできてる。



e0086244_11161747.jpg
雨の日に乗ってみたけど、びっくりするくらいほとんど濡れない。

小雨くらいだったら、カッパの下履かなくても平気そうだ。

むしろ暑くて履きたくないwww



e0086244_11163945.jpg
取り付けはフロント三箇所とレッグカバー二箇所。

60以上出しても外れることはなかった。

けど、さすがにバタバタするのはしょうがないかな( ´∀`)



e0086244_11163925.jpg
とっさに足が出るのか不安だったけど。

つけたまま走ってて、リアが滑って盛大に横向いた時も普通に足が出た。

最初こそ少し邪魔だったけど、慣れれば平気なレベルだったよ。



e0086244_11164036.jpg
ただ、さすがにこの時期はまだ早過ぎた。

ちょっと日が出ただけで、軽く凹むくらい暑かった(´・ω・`)

なので、今現在は外してある。



来月か再来月から、本格運用かなぁ。

なお、こいつの名前は「こたつ」だ。

もちろん正式名じゃなくて、マーマレードネームだ(`・ω・´)



そんな感じで。




[PR]
by noreturnrydeen | 2018-10-04 20:33 | メンテナンス・カスタム | Trackback

XB12X 車検準備

 
カブが良すぎて、ずいぶんと乗らなくなってしまったビューエルさん。

が、そんなこちらの事情は、斟酌(しんしゃく)も忖度(そんたく)もされず。

車検の季節は、容赦なくやってくる。

e0086244_10095898.jpg
つわけで引っ張り出したのは、交換用リア周り「車検セット」の一式。

ボルト数本とカプラーふたつみっつ外して交換してやるだけ。



e0086244_10095871.jpg
重量差が数キロほどあるので、交換するとリア周りの動きがしっとりする。

それはそれで長距離走るには楽だったりするんだけど、俺はひらひらが好き(・∀・)

なお、右の車検セットのバックレスト上部が、書類上の「車高」になる。



e0086244_10102715.jpg
安物LEDバルブをハロゲンバルブに交換し。



e0086244_10102786.jpg
スリップサインの出てたエンジェルSTを、在庫のパイロットロード3へ交換する。

ピレリはやっぱ硬くって、外すのにちょっと難儀した。

ハメる方はミシュランなので、ほとんど手だけで組める。



柔らかミシュラン大好き(・∀・)

e0086244_10102772.jpg
エア入れてビードが上がったら、逆手順でフロントを組み。

今度はリアホイールを外す。

そう、最後のお仕事「チェーンドライブをベルトドライブへ交換する」のだ。



んで外したホイールからスプロケを外そうと、トルクスレンチをかけたら。



ぱき。



e0086244_10102791.jpg
はい、お疲れ様でした。本日の作業はここまでです。

ホイールを戻してカバーをかけたら、お気をつけてお帰りください。

いじり止めトルクスは、いじり止めナットだけに使いましょう(´・ω・`)



数日後。

e0086244_10104434.jpg
着荷したトネさんとこのT45トルクス「強力タイプ」をもって。

今度こそ車検準備を終わらせるぞと、鼻息も荒くエリック牧場へ繰り出す。

もちろんトラブることもなく、無事にボルトとスプロケはずしたら。



e0086244_10104466.jpg
プーリーに交換し、洗浄したボルトをグリスアップして取り付ける。

ドライブ&アイドラ―スプロケットもプーリーに交換し、ベルトをハメたら。

あとは元通りに組み上げて、ようやく車検準備が終わった。



e0086244_10104430.jpg
あとはタクの店へ持っていって丸投げするだけ。

なので、車検が通らないっつー心配はしてない。

心配なのは、車検後に「ひらひら仕様」へ戻す作業を、すげーめんどくさく感じてる俺の心と。



e0086244_10104583.jpg
久しぶりにバイクいじりしたら、びっくりするくらいあちこち痛くなった。

俺の身体の衰えっぷりの方だ(´・ω・`)

そんな感じで。



それと、次はまたカブの話だよ(・∀・)

 

[PR]
by noreturnrydeen | 2018-10-03 11:08 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
さて、夏ツーリングの後始末をしなくちゃならん。

なので未読の人は↑のリンクから。

なお、四日目だけ読めば話は通じるよ。



で、なんとかかんとか帰ってきたカブさんだが。

低圧の状態で走る時間が結構あったので、タイアもヤラれてる。

つわけで今回は、チューブだけじゃなくタイアごと取り換える。

e0086244_09221097.jpg
まずは自宅から、作業場所である職場へ行かなくちゃならんので。

朝イチ眠い目をこすりつつ、200回ほどポンピングしてエアを入れる。

200回でだいたい5キロほど入った(覚書)。



e0086244_09221043.jpg
んで昼休み。

午前中に着荷してたチューブとタイアをもって、エリック牧場(作業場)へ。

e0086244_09221162.jpg
チョイスしたのはミシュランM35。

ミシュランが送料込みで3000円切るとか、カブさんやっぱステキ(///∀///)

ウォールが硬いみたいなレビューあったけど、俺はそれほど感じなかった。



e0086244_09221181.jpg
ツーリングの時と同じ作業してるのに、ストレスの度合いがダンチ。

車載だから携帯性って何の疑いもなく思ってたけど、やっぱ工具はいい方がいい(当たり前です)。

ここからはもう慣れた作業なので、お片付け込みで30分くらい。



e0086244_09223209.jpg
今回、地味に大活躍だったのが、この後付け延長バルブ。

ガソリンスタンドによってはエアの出口がバイクだと使いづらい(or使えない)場合がある。

これを付けておくだけで、クルマ用のエアが使えるから、ひとつ持ってて損はないと思うよ。



e0086244_09223399.jpg
タイアの組み込みもきちんと「噛まないレバー」だけを使ったのでバッチリ(・∀・)

ちなみに調べてみたら「噛まないレバー4」が出てた(俺のは3)ので。

早速、新バージョンのを買ってみたよ。



そんな感じで。



 

[PR]
by noreturnrydeen | 2018-08-20 09:42 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
箱のほかにサイドバッグでもつけようかと思ってたんだが。

どうやら大小の箱ふたつで間に合いそうだ。

強いて言えば、工具とサーマレストの置き場か。



工具はベトキャリでいいとして、サーマレストはちと場所を取る。

e0086244_12503137.jpg
つわけで……と言い訳にもなってないが、ノリでフロントキャリアを買った。
 
e0086244_12503941.jpg
取り付けはフェンダーんとこのボルト三本でソッコー。

ちと微妙に精度が出てなかったけど、メリケンパーツに比べりゃヘソ茶レベル。

ここにサーマレストマットをゴムバンドで留める。




それから、工具を入れるのに、防水の方がいいので、工具箱を買った。
e0086244_13081198.jpg
みんな大好きダイソーの150円工具箱と、中で工具が暴れないためのクッションバッグ。
 
e0086244_13083745.jpg
これ、こっちでもいいかなぁと思ったけど。

サーマレストはベトキャリには大きすぎて邪魔だね。

なので予定通り、工具箱はベトキャリに、サーマレストはフロントに。



e0086244_13085850.jpg
最後に携帯ホルダーをここへ移設して。

どうにか、夏ツーリングの準備は完了。

明日の朝から5日間、ちっと北の方を走ってこようかなと思ってる。



そんな感じで。



 

[PR]
by noreturnrydeen | 2018-08-10 13:34 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
つわけで、おとといのつづき。


 
SNSでよしなし先生に突っ込まれた。

「ブラインドリベットは抜けるなし。気を付けるなし」

と、船橋の非公認ゆるキャラみたいなお言葉をいただいたのだ。

e0086244_13392768.jpg
まあ、抜けるよね間違いなく(´・ω・`)

つわけでやりなおし。

e0086244_13395886.jpg
ドリルでリベットをすっ飛ばして。



e0086244_13402599.jpg
ボルトとナットで留める。

簡単な作業なんだが、いかんせん今日もまた暑い

狂ったように汗をかきながら、作業を終えたら。



着荷していたブツをもってきて、仮乗せしてみる。

e0086244_13422124.jpg
縦横が同じサイズで、高さだけちょっと低い箱。

着替えとか常備薬とか、テントの中に持っていくものを入れる。

昨日シミュレートしてみたら、これでほとんど全ての荷が防水できそうだ。



マットとグランドシートだけ、表に出す感じかな。

e0086244_13455270.jpg
なんにせよ急な雨でも慌てなくて済むのはありがたい。



それから、おととい忘れてたエアのチェック。

e0086244_13462783.jpg
ちょっと高めに入れておく。

最後に、同じくおとといは途中だったガソリンボトルの養生をした。

e0086244_13472915.jpg
固定ベルトをもう一本増やし、キャップの穴にゴムバンドを通しただけ。

まあ、これでド派手な転倒でもしない限り、落っこちることはないだろう。

箱と身体で隠れるから、直射日光による温度上昇も気にしなくて済むかな。



そんな感じで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2018-08-06 13:52 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
8月の11日(土)から5日間、カブで夏走りに出る。

なので、そのための準備をちょっとづつやっていく。

昔と違って、何かをやるのに助走が要るんだよ、おっさんは(´・ω・`)



んで、一週間前の今日は、メンテと小細工。



まずは軽くチェーン調整から。

e0086244_16172557.jpg
19.14のメガネでアクスルを緩め、10.12のオープンエンドで調整。

特に難しくもない=書くことないから、覚書でレンチのサイズを書いてみたw

ついでにチェーンオイルをまぶして、メンテ終了……



あ、タイアのエアチェック忘れてた。明日やろう。



お次はリアボックスのフタ。

ワイアで留めてたのを、ベルト留めにする。

主に使い勝手の向上が目的。

e0086244_16223552.jpg
molle用のナイロンベルトで二ヵ所カシメて留めた。

ナイロンベルトは、ダンプポーチを付けた時に使ってたやつ。

なお、カシメた反対側の写真は撮ってない。



いいか? 大人なら、「撮ってない」と言ってる時点で察しような?



e0086244_16281018.jpg
開けたところを逆から見ると、こんな感じ。

超フツー。

ベルトの柔軟性で逃げるぶん、蝶番よりは壊れづらい……んじゃねぇかなぁ。



ま、ロング中に壊れなきゃ、とりあえずOKだよ(・∀・)





カブは燃費がいい。けど、タンクが小さい。

なのでスペアガソリンを持ってく。

普段は500mlをドリンクホルダーに取り付けてるんだが。



正直、500ml=25kmくらいなので、もっと多めにしたい。

で、遊んでる1リッターボトル二本を、どこかに積んでやる。

ボトルポーチとかも考えたんだが、最終的にこの位置となった。
e0086244_16335516.jpg
弾力性のあるビニールベルトを、箱にボルト留めして固定。

で、ここから更にもう一本ベルトを足し、落下防止の命綱も考えてたのだが。

残念ながら、ここでタイムアップ。



何がって、俺の体力的にタイムアップ



ふらふらして、直射日光下でこれ以上の作業は無理だった。

残りの作業は、また明日以降にやっていこうと思う。

追加のボックスもすでに発注済みなので、来週は毎日がんばるぜ!



たぶんね。



そんなイキフンで(・∀・)



 

[PR]
by noreturnrydeen | 2018-08-04 16:46 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
更新してない間の、細かい作業を徒然に。

まず、自作した寿老人スクリーンは振動と風であっけなく割れた。

e0086244_17395617.jpg
速度が出るとかなりひん曲がってたから、まあ、仕方ない。

なので普通の汎用スクリーンを買って取り付けた。

超フツーのヤツなので写真は撮ってない。



それから、ホムセン箱のがたつきを抑えるスポンジがヘタレたので。

e0086244_17395666.jpg
隙間テープを買ってきた。

ついでにクルマのヘッドレストに引っかける小物入れも買った。

どっちもセリアで100円(・∀・)



e0086244_17395656.jpg
ヘタレたスポンジ。



e0086244_17395649.jpg
今回はほぼ全面に隙間テープを貼った。

さすがにこれだけ貼るとガタは出ないっぽい。

んで、ついでに買った小物入れ。

e0086244_17395778.jpg
引っかけるベルトを切り飛ばし、ワッシャを挟んでねじ止め。

ちょっと郵便を出しに行く時とか、思ったより重宝してる。

ゴム製で底の部分もメッシュ仕立てだから、雨も問題ない。



とまあ、トラブル要素のほとんどないカブだけに、こんなことくらいしか書くことがない。

とりあえず一年は大きくいじらずに乗る予定なので、もうしばらくはこんなかな。

そんな感じで。



 

[PR]
by noreturnrydeen | 2018-06-17 17:51 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
ギアの入りつーか感触が悪くなったので、ちと早いけどオイル交換。

e0086244_13005578.jpg
余ってたAZの10w-50の方を放り込んで、残りはペットボトルへ仕舞う。

チェーンオイルの代わりになったり、色々使えるからね、エンジンオイル。

前回から約2000キロでオイル交換。量が少ないから頻繁にやった方がよさそうだ。



それから例の頭長スクリーン「寿老人」なんだが。

e0086244_13005556.jpg
すっ飛ばすとヘルメットのバイザーに当たることが判明。

なので当たった部分から切り飛ばしてやる。

ただ切るのも面白くないので、せっかくだからW字に切ってみた。

e0086244_13005606.jpg
分かりづらいけど、端っこがちょっと上がった「アヒル口」カットだ。

まあ、気に入らなきゃ後で、また切り飛ばせばいいしね。

つわけで走ってみたら、思ったよりずっと風をカットしてくれる。



寿老人とほとんど変わらない感じ。



となると、ヘタにアヒル口を丸く切って、この効果が薄れても面白くない。

なのでこれはもう、このままアヒル口で行くことにする。

てなわけで、今年のバイクいじりも(たぶん)終了。



年末年始は基本のんびりとしながら、ダチと遊んだりソロで走ったりする予定。



今年もアタマのおかしいおっさんのバカ話に付き合ってくれてありがとう。

来年もまた、バカやりながら楽しく走り、それを書いてゆくつもりだ。

俺が死ぬか書けなくなるまで、これからもテキトーによろしくね(・∀・)



そんな感じで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-12-29 14:13 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
人間、たいていのモノには慣れるもんで。

あれだけ「身体が寒くない!」と喜んでたウインドシールドもしかり。

身体が平気だと今度は、顔が寒いのが気に入らない。



かと言って通勤で使うから、オフロードメットは譲れない。

この時期、朝の日差しが鬼ナナメなので、フルフェだとまぶしいのだ。

最近はずっとメガネなので、サングラスも不可。



つわけでウインドシールドを延長することにした。

e0086244_11234950.jpg
材料はアクリルと迷ったんだが、透明の塩ビ板にした。



e0086244_11235018.jpg
塩ビの方が柔らかく粘りがある(らしい)ので、シールドには良さそうだと思ったのだ。



e0086244_11235024.jpg
元になる現在のシールドを重ねてみる。

こういうのは使いながら調整するのがいつものやり方なので、とりあえず最大サイズで作ろう。

マジックでラインを引いたら、エリック牧場へ行って残りの作業をする。



e0086244_11235088.jpg
ハンドグラインダで大まかに切り飛ばし、両頭グラインダでフチを仕上げる。

ハンドグラインダは回転が速すぎて塩ビが焦げるのだ。

んで、ドリルで固定する穴をあけたら完成。



e0086244_11242037.jpg
アタマ長いwwwww



寿老人かってくらい頭が長くなった。

まあ、でもこれは「とりあえず」サイズだから、こっから様子見つつカットすればいい。



e0086244_11242168.jpg
元のシールドと重ねてみると、上下長がこんなに違う。

またがると顔が完全に隠れるサイズだ。

んで、試走してみるってーと。



e0086244_11242149.jpg
すげぇ、完璧に顔までカバーされる。

もちろん「抜け」のエアはある程度感じるけど、直撃する冷たい風は皆無と言っていい。

こまった、これはカットしたくないぞ……



e0086244_11242147.jpg
つわけで、長頭ウインドシールド「寿老人」は、しばらくこのままで。

そのうち飽きるか壊れるかしたら、その時また考えてみる。

どうせ夏には全部外しちゃうしね。



そんな感じで。



 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-12-26 18:41 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
ちょっとした小物を放り込むバスケットがほしい。
e0086244_13283130.jpg
いや、これじゃない。

フロントの重量がどうとかじゃなくて、ここだと「走りながら」使えないだろ。

MP3プレイヤーやカメラを放り込んでおいて使うものが欲しいのだ。



e0086244_13283298.jpg
そう、こういうのがいいの。

んで、これを買おうかと思ったんだが。

いや、ベトキャリと併用できないなんてのはいいんだよ。カゴに穴あけりゃ済むんだし。



そうじゃなくて、レッグガードに穴をあけるのが、ちょっとヤなのだ。



「どうせ乗りつぶすから、別に穴開けてもいいかなぁ。でもなぁ」

なんて悩んでると、ふと、いつも大抵トラブルの原因になるアレが降りてくる。

そう、マーマレードスプーンの守護神、疫病神からの「天啓」が。

e0086244_13285764.jpg
つわけで天啓のまま、100均で買ってきたカゴを付けてみた。



e0086244_13285837.jpg
二、三日使ってみると、悪くはない。

悪くはないんだが、走ってるときカドの部分が膝に当たることがあってちょっとだけ邪魔。

んじゃ、角のない系のヤツにすればいい。



100均を物色すること数分。



e0086244_13285831.jpg
カンペキじゃね?

膝に当たる部分の「逃げ」といい、フルメッシュ+抗菌プラスチックで雨にも強いところといい。

うんわかってるよ。

「選りによって三角コーナーかよ」じゃねぇよ黙れ。

知ってるよダサいのは。



e0086244_13285982.jpg
大丈夫、このまま平気な顔で使い続けてれば、そのうちみんな勘違いし始めるよ。

「あれ? 案外イケてる?」って思うようになるよきっと。

思わなくても俺のせいじゃねぇよ。いいんだよ、便利なんだから。



そんなイキフンで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-12-08 17:36 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ