大郷戸山賊宴会 ―フリーダム―

 
前回と前々回の、2回も参加しはぐった山賊宴会。

久しぶりのキャンプに、ニコニコ上機嫌で仕事を終え。

午後一時すぎ、満載の荷物用にリアのエア圧を上げたら。



カブで颯爽と走り出す。

e0086244_08470522.jpg
荷物は下から、いつもの箱にメインキャンプ道具、小型の箱に火器や食器など宴会道具。

アマゾン段ボールには炭を入れ、その上が焚きつけ用の千切り段ボール。

フロントキャリアにサーマレストマットとソーラーランタン。



船取線から6国を北上し、取手から県道19号を左へ折れる。

e0086244_08470530.jpg
筑波山へゆくいつものルートは、国道と違って気持ちよく空いていた。



e0086244_08470543.jpg
空の青さと(走っていれば)心地よい風に、自然と顔が緩んでくるかみさん、来月末までは48歳。

3キロほどエアの入ったリアのおかげで、路面のギャップをポンポンひろいつつ。

「ぎゃははは、さすがにちと入れすぎたか。でも、6キロ入れた時よりは普通だな」



訳のわからない独り言をわめきながら、上機嫌で筑波を抜け。

岩瀬の駅を横目に国道50号を跨(また)いだところで寄り道。

いつものカスミで今晩の酒と食材を買う。



e0086244_08470542.jpg
タイミング良くろろちゃんと遭遇しつつも。

相変わらず「一服してから出る」という、ヘビースモーカーな彼をおいて独り走り出す。

股の間に酒と食料を積んだまま、15キロほど走って大郷戸ダムに到着寸前のところで。




えらい陽気にこちらへ手を振るバイクが一台。



「あれ? もしかしてタカシ? でも、Uターンしないで行っちゃったから違うかな?」



あとで確認したら、ブレーキパッドの慣らしに大郷戸まで流して、昼めし食ったらしい。

「みんな来るまで待ってりゃいいのに」

とも思ったが、新しいパッドを入れた慣らしなら、俺もたぶん走るのを優先するだろう。



てなわけでダムへ到着すると、珍しく誰もいない。

「おや、俺がイチバンか」

思いながら荷物をほどいていると、パジェロミニに乗ったよしなし先生が到着。



e0086244_08472952.jpg
つーか先生が写真撮ってるときに、俺も先生を撮れって話だよな。

ごめんね先生。

荷物おろして酒を呑むことしか考えてなかったよ(´・ω・`)



e0086244_08472967.jpg
言ってるうちに、ろろちゃんもやってきた。

先生に向かって「俺の写真を撮れ!」と叫びつつ、いろんなポージングしてる。

相変わらずのろろちゃん節にゲラッゲラ笑いながら、おろした荷物をばらしてると。



e0086244_08473071.jpg
今度はうわばんがやってきた。



e0086244_08473042.jpg
参加できるか微妙だったのに、頑張って間に合わせたようだ。

同じく宴会の準備をしつつ、「あそうだ、かみさんこれ」といいながら。

いつものようにアホ土産をくれる(・∀・)



e0086244_08475255.jpg
中二病ナオールwwwww やかましいわwwwww

ほかにも気になってたペヤングのソースとか、ワインとかくれた。

うわばんは俺を甘やかしすぎだと思う。



いつもありがとね(・∀・)b






すると今度は、シルバーウイングがやってくる。

poitaさんだ……え? poitaさんじゃない? いや、poitaさんだよな?

みんな半信半疑のまま、走ってきたバイクを見つめる。



なぜって。

e0086244_08475329.jpg
この服のデザインとカラーが絶妙で、えらく痩せて見えたからだ。

近くまで来て、横から見てようやくみんな、「ああ、やっぱpoitaさんだ」と安心する。

失礼な話である(`・ω・´)キリッ



みんなでキャンプや宴会の準備をしていると、最後の参加者eisukeさんが軽自動車でやってきた。

小さな車体からデカい身体が出てくるのに、「ちーす」「今日は軽なんすね」と声がかかり。

eisukeさんも準備をはじめ、やがて全員の準備が整う。



まあ、俺とろろちゃんは、クソ暑いからテント張らないんだけど(・∀・)



んで、いつものように好き勝手なタイミングで呑み始め。

ゲラゲラ笑いながらバカ話をしていると。

eisukeさんが荷物の中から、酒瓶を取り出した。



途端に反応する、酒好きかみさん。

e0086244_08475374.jpg
「うおおお! 天狗舞じゃねぇですか!」

と叫んだ時にはすでに、eisukeさんのもとへ走り寄り、一升瓶の包みを剥(む)きにかかる。

「遠慮しないで呑んで呑んで」という優しい言葉をしり目に、これっぱかしも遠慮することなく

e0086244_08475392.jpg
グラスに天狗舞を確保。

つーかさ、この色を見てくださいよ。お茶でもウイスキーの水割りでもないんですよ?

一升瓶から注いだだけの、天狗舞の素の色なんですよ。



こんなもん、旨いに決まってるじゃないですか何を言ってるんですかっ!(錯乱中)






やがて皆がそれぞれ、ツマミや食事を作り出す。

特にアレなのが、いつものふたり。

そう、eisukeさんとうわばんだ。



e0086244_08481263.jpg
食い物でも食器でも調味料でも、何でも出てくる二人が並んだこのゾーンは。

やがて、「商店街」と呼ばれるようになる。

誰にって主に俺に。



人口6人の山賊村は、その「1/3が商店」というバランスの悪さを誇るのだった。



e0086244_08481395.jpg
屋台かとツッコみたくなるeisukeさんのテーブルと、対照的にこじんまりした先生のテーブル。

つーかこの日、先生はちょっと体調が優(すぐ)れなかったようで。

泥酔もせず、静かにお飲みになられていたのだった。



e0086244_08481326.jpg
いやもちろん、笑って楽しんではいたんだけど。

逆にpoitaさんは絶好調で、ガンガン飲み食いしつつ、バカ話や真面目な話で盛り上がる。

そこへいつもの、ろろちゃん節が炸裂し。



過払い金のCMの話

映画の話

外国のAV女優の話



などなど、毎度のごとくカオスとなってゆく。




e0086244_08481335.jpg
うわばん、eisukeさん、よしなし先生、poitaさんのパノラマショット。

いや、適当に続けて撮ってたら、Googleさんが勝手にパノラマ写真を作ってたのだ。

カシコいつーか余計なお世話つーか、いつも通り安定したGoogleさんの仕事っぷり。



e0086244_08483645.jpg
残りのふたりはもちろん、ゴキゲンに呑んだくれて絶好調にワルノリ。

もらえるツマミに舌鼓を打ちつつ、好きに呑んだくれちゃ笑ってバカをやる。

俺はまあいつものことだけど、ろろちゃんも結構、酔っぱらってた。



e0086244_08483687.jpg
商店街のふたりは、安定して料理を続けている。

うわばんは甘いモノ攻勢、eisukeさんは旨いモノ攻勢

もうお腹いっぱいだってギブアップしても、聞こえないかのように続けている。



e0086244_08483623.jpg
そして、poitaさんにいたっては。

皆どころか自分も腹いっぱいだって言ったその数秒後に。

おでんを作り始めている、ちょっと意味の分からない状態だ。



ぽい「おでん♪ おでん♪」

かみ「腹いっぱいだって言ってたじゃないすかwww」

ぽい「かみさんほら、ちくわぶだよ」

かみ「あ、いただきます」



痩せるわけねえ(´・ω・`)






と、ここで酔っぱらったろろちゃんが、裏切り行為にでる。

暑いから要らねぇつってたくせに、テントを張り出したのだ。

「あ、きたねえ!」と叫びながら、俺も仕方なくテントを張る。



いや、汚いも何もねぇんだけど。



e0086244_08483680.jpg
ついでに、夏ツーリングで修理したけど翌日に剥がれたネットを、改めて修理。

んで、酔っぱらってるかみさんのお約束、きっちりハサミで指を切った

もっとも、「商店街」うわばんに絆創膏をもらって貼ったので、無問題だけど(問題あるのはあなたです)。



やがて、カンッッッッペキに酔っぱらった、朋友ろろちゃん。

e0086244_08485472.jpg
うわばんの土産、牛久ワインが開けられないwww

どうしても開けられず、最後はよしなし先生にあけてもらったろろちゃん。

「熱いんだよ!」と叫びながら、服を脱ぎだした。



e0086244_08485461.jpg
大郷戸に響き渡る、魂の叫び。

そんな熱い思いを聞かされちゃあ、黙ってられないバカがもうひとり。

しばらく笑ったあと、おもむろに服を脱ぎだすダイナマイトガイこと、かみさん48歳。



e0086244_08485489.jpg
だらしない身体をさらしつつ、ろろちゃんと共に星空を眺め、何かを誓い合う。

もちろん何を誓ったのかは、ろろちゃんも俺も、ビタイチ覚えてないけど。

とりあえず、「痩せなくちゃ」とは思ってるよ、今現在は(´・ω・`)



半裸で騒ぎ、どうやら満足したバカふたり。

e0086244_08485416.jpg
ろろちゃんはダウンを着込み、俺は張ったテントを無視して寝に入る。

フリーダム。

それは山賊の生きざま。






あけて翌朝。

e0086244_08491340.jpg
テントを出てみると、eiskeさんはすでにご帰宅。

poitaさんに朝の挨拶をして、タバコに火をつけていると。

やがて先生やうわばんも起きだしてきた。



ろろちゃんはまだ、夢の中。



e0086244_08491302.jpg
poitaさんのテントは、前室が広くてえらい快適そうだった。

ちょっと欲しくなったけど、これだとたぶん俺、今よりさらにテント張るのめんどくさがるね。

俺には今のがジャストなんだろうね。いや、別の買うかもしれないけど。




のんびり撤収作業をし、やがて先生が帰ってゆく。

俺とpoitaさん、うわばんは、同じく撤収しながらバカ話。

んで、ちょっと催(もよお)した俺が山の方へ向かうと。

e0086244_08491317.jpg
poitaさん! こんなとこ撮るんじゃねぇwww

しかもメットとバイク越しとか、無駄にアングルこだわってんじゃねぇwwwww

写真を整理してて、ろろちゃんの半裸なみに笑ったわwwwww



とまあ、バカやったりしつつ、やがて流れ解散。

e0086244_08491315.jpg
今回の山賊宴会も、無事に楽しく終わりましたとさ。

ビューエルさんもKLXもめっきり乗らなくなったけど。

ずっとこんな風に、バカな連中と自由にバカやっていけたらいいな。



そんな風に思いながら、朝の茨城を走ったのだった。






大郷戸山賊宴会 ―フリーダム― /了

 

[PR]
トラックバックURL : https://rugnarok.exblog.jp/tb/27589677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2018-10-06 08:46 | エンカイ | Trackback