2018夏ツーリング02

 
鳥の鳴き声で、二日目の朝を迎える。

時刻は6:30と、早く寝た割には思ったほど早く起きられなかった。

それほど疲れてる感じはしないけど、日焼けのせいかなぁ、などと考えつつ撤収。

e0086244_13003828.jpg
ゆっくり片付けて7:00ころ、北へ向かって走り出す。



e0086244_13003878.jpg
途中にあった鳥居の前で停まり、軽くご挨拶しつつ、早朝なので柏手は控える。



e0086244_13003801.jpg
121号を米沢の方へ向かって、朝の澄んだ空気を一杯に吸い込みながら、ゴキゲンの笑顔で走る。



e0086244_13003864.jpg
今のところ空は適度に曇ってるので、単車で走るにはとても快適だ。



と。



「おや、お仲間ですなぁ」



e0086244_13010251.jpg
米沢の手前くらいだったかで行き会った、カブ2台としばらく一緒に走る。

前はJA07、後はクロスカブだったかな確か。

興味しんしんで観察しながら後ろを走り、国道287号あたりで2台と別れる。



彼らはたぶん国道13号、俺はも少し山に近い道を行くのだ。



e0086244_13010210.jpg
確実に混んでるだろう国道を避けたのは正解で、前後にクルマのいない気持ちのいい朝走り。

MP3プレイヤーから流れてくる音楽も、ちょうどいいタイミングで穏やかな曲。

穏やかつってもアニソンとかメタルバラードだったりすんだけど。



e0086244_13010321.jpg
この辺はたぶん287の前半、まだ山に入らないあたり。

いやまあ、このあたり全部がすでに山っちゃ山なんだけど。

マーマレードスプーン的には、山=峠なのである(・∀・)



e0086244_13010327.jpg
で、山に入ったあたり。

こんな感じで、気持ちよくワインディングを走る。

ロングツーリング中の朝からいきなりワインディングってのも、俺の大好きな時間だ。



大好きすぎて、曲がった道へ曲がった道へとゆくうち。

いつも通り道を間違え、いつの間にか国道348へ。

この道もぐねぐね景気よく曲がってるので、そのままけらけら笑いながら走ってたら。

e0086244_13013518.jpg
出たくなかった国道13号へ、いつの間にやらミラクルアクセス。



e0086244_13013595.jpg
さほど混んでなかったので、そのまま13号を北上してゆく。

なんなら天童あたりに寄って、将棋グッズでも買って行こうか。

藤井君エフェクトで、天童もバカ混みだったりすんのかなぁ。



e0086244_13013673.jpg
ただ13号は基本的にまっすぐで、しかも暑いのでずっとは乗っていたくない。

「どっかでまた、山の方に行かなくちゃなぁ」

なんてつぶやきつつ、どっかん直線になるたび停まって。

e0086244_13022204.jpg
「直線とカブ」を撮ったりしつつ、楽しく走ってゆく。

と、ここらへ来た時のお約束、「真室川」の文字を見て進路変更。

真室の文字を見たら、俺は行かねばならんのだ。



佐藤先生は亡くなっちゃったけど。

e0086244_13022282.jpg
県道319号へ入り、そのまま西へ向かって真室川を目指す。



e0086244_13022287.jpg
何度か訪れているため、なんとなく見覚えのある道をトコトコ進んでゆく。


e0086244_13022391.jpg

好きな作品中に出てくる川と同じ名前ってだけなんだけど。

それでも、ここらへ来るとついつい寄ってしまうんだよね、真室川。

この先、決して続きが出ない「皇国の守護者」最初のハイライト、撤退戦の舞台。



ある意味、聖地巡礼……なのかな?


e0086244_13031398.jpg
佐藤大輔先生のご冥福をお祈りしつつ。

「帰ったら、皇国の守護者1巻から読もう」

と、つぶやいてみたりなんかして。



e0086244_13031486.jpg
リアル真室川は、釣り師が魚釣りに勤(いそ)しむ、おだやかで美しい川だ。



さて、真室川撤退戦を終えたら、また元気に走りだそう。

e0086244_13033750.jpg
県道から川沿いを走る国道344に乗って、またも山の中へ向かう。


e0086244_13033827.jpg
344は山越えのワインディングで、こういう広いところと、クソ峠になるところがある。

もちろん、どっちも楽しい。

と、そのクソ峠セクションを走ってるとき、目の前に滝が見えた。

e0086244_13033896.jpg
カブを停めて、写真撮影。



e0086244_13033822.jpg
こんな何てことない絵でも、峠の途中にあると、やけに気をひかれる。

気分が高揚してるから、敏感になってるのかもしれない。

いや単純に滝のそばは涼しいからかも(・∀・)



e0086244_13035808.jpg
国道345とぶつかったところをまっすぐ来、すぐに停車して振り向いたところ。

交差点の奥が、今走ってきた344だ。

これを左(北)へ行って酒田市を躱(かわ)しながら、日本海へ出る。



で、そんなことよりもだ。



おそらくこの時に、MP3プレイヤーを落とした(´・ω・`)

正確にはこの時に外したまま、装着するのを忘れて走り出した。

なのでもし酒田市近辺で白いプレイヤーを拾ったら、拾った人にあげるので大事にしろ。



ただし、プレイヤーの内容だが。

ハードロックと、パンクと、アニソンが入り混じってるコトは秘密にしろ。

オフスプリングの次に「1/6の夢旅人2002」が続くのもナイショだ、いいな?(`Д´)



つわけで無事(?)に国道7号線に乗った。

そのまましばらく走ってると、見慣れた「鳥海ブルーライン」の文字が見える。

「ああ、鳥海山か。いや、今回はいいかな。カブ、坂ぁ登らねぇし」

e0086244_13035829.jpg
つわけで鳥海ブルーラインはスルーし、そのまま海沿いに北上。



e0086244_13035878.jpg
海が見えてきたら、そんなに感慨がなくても「海だ! やったー!」と叫ぶ。

これはカブに乗ってる以上、必ずしなくてはいけない、むしろ様式美である。

あと、工事信号でカウントした後、そろ~りと走り出すのも。



んでまた、しばらく7号を走ってたんだが……



如何(いかん)せん、道が混んでる上にクソ暑い。

まあ、シーズンに国道を走ってるんだから仕方ない。

仕方ないんだが、それでも、しんどいものはしんどい。



e0086244_13035934.jpg
前の夏ツーでも来たことのある、「道の駅にしめ」へカブを滑り込ませる。

ここでSNSに、現在地を報告(生きてるよコール)しつつ、海から離れることを決めた。

もうちょい走りゃ青森なんだが、しんどいから山の中で酒呑もう。



とりあえずカブで青森は、それほどキツくないとわかれば充分だ。



そう決めて地図を見ると、西へ向かう107号から、山の中を走る県道を見つける。

「おお、良さげなワインディングだ。竜馬山って名前もいいじゃん。今日はこの山の中で野宿だな」

と方針が決まったので走り出し、コンビニで酒とつまみを買い、竜馬山を目指す。

e0086244_13041699.jpg
県道49号へ入って、しばらく走ったあたり。

ふいに立ってる鳥居の絵が好きで、思わず写真を撮った。

緑の中の赤い鳥居っていいよねぇ。



e0086244_13041672.jpg
竜馬山の、たぶん道路的に最高到達地点

この手前に登山道の入口があったからね。

で、そんなことより野宿場所だ。



e0086244_13041710.jpg
資源林らしく豪快に伐採した跡が散見される。

「ここでもいいかな。とりあえず候補その1だ」

と、よさげな場所をチェックしいしい、山の中を進んでゆく。



e0086244_13041770.jpg
「ここは涼しいね。でも、そのぶん虫が多いや。いちおう、候補その2かなぁ」

などと危ない人みたいにブツブツ言いながら進んでゆくと。

ゴキゲンにステキな看板が、目の前に現れる。



e0086244_13043662.jpg
燦然と輝く、小友(おとも)林道の文字!



e0086244_13043659.jpg
「林道ってもクルマの跡あるし、そんなキビシイ感じじゃなさそうだ」

いろいろと言い訳が出来たら、それじゃあレッツ林道カブ!

ま、荷物も満載だから、慎重にのんびりとね。



e0086244_13043751.jpg
入りこんでしばらく行くと、よさげな第一候補ポイントを発見。

え? 「さっきまでの、候補その1その2は?」って?

いや、林道があった段階で、もう、さっきのはキャンセル決定でしょ。




つわけで、さらに先へ行ってみる。
e0086244_13043757.jpg
「おお、崩落してる。いいねぇ、やっぱ林道はこうじゃないと」

国土交通省に聞かれたら怒られそうな歓声を上げつつ。

トコトコと先へ進んでゆく、気分はケモ道探索のかみさん。



最近、ケモ行けてねぇなぁ(´・ω・`)



e0086244_13045473.jpg
第二候補ポイントは、やはり涼しい=虫が多いので、微妙なところ。

んで、その先までしばらく走ったのだが、なにやらどんどん行けそうで逆に怖い。

こういう流れで図に乗って走ってるうちに、「いきなりやらかす」のが俺だ。



なので、適当なところでUターンし、第一候補までもどる。

「ああ、KLXがここにあれば」と何度も何度もつぶやきながら。

実際にKLXでここまで来るガッツの持ち合わせはねーんだけど。



e0086244_13045590.jpg
第一候補ポイントに荷物を広げ、テントを組み上げて準備完了。

日が当たる場所はまだ少し暑いので、スペアのグランドシートを出して日影へ。

そっちで呑みながら、陽が陰るまでゆっくりしよう。



e0086244_13045554.jpg
今日も今日とて、酒とサラダ。

といっても別にダイエットとかじゃなく。

ツーリングでテンション上がってて、食いたくないので。



酒はともかく、飯は楽しいと食わなくても平気なんだよ、おじさん。



e0086244_13045588.jpg
今日は長そでのオフロードジャージを着て走ってた。

なので、日焼けの被害は昨日とほぼ変わらない。

顔が赤いのは酒かと思ったけど、どうやら日焼けみたいだ。



ソロツー&ソロキャン楽しいから、日焼けでもなんでもいいか。



まったりと呑みながらSNSで生きてるコールをしてると。



「ああうぅ! やあぁだよおぉう!」



ものすげぇ気持ち悪い叫び声が聞こえてきた。



「ぬおっ! ナニゴト? つーかダレっ?」



ビビりながら周りを見回す、へなちょこかみさん。

鳥の声、セミの声、それ以外の妙な音は聞こえない。

しばらく耳をすましてるうち、悲鳴をあげたヤツの正体に気付く。



「カラスかよ! つーかカラスってあんな鳴き方すんのかよ」



面白かったので、SNSで報告したら。

あとはお決まりの呑んだくれコース。

自然をツマミに酒杯を干し、今日の走りを反芻して味わう。

e0086244_13053971.jpg
そんなツーリング二日目。




 

[PR]
トラックバックURL : https://rugnarok.exblog.jp/tb/27483055
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2018-08-12 12:59 | ソロツーリング | Trackback