人気ブログランキング |
 
marmalade spoon(マーマレードスプーン)


という単車サイトの、過去ログおよびメインコンテンツ。

現在、もっとも更新頻度が高い。

時系列の途中、抜けてる部分は本家においてあるので、

気になったらmarmalade spoonへ。



 

 
# by noreturnrydeen | 2021-12-31 00:00 | はじめに | Trackback
 
一年ぶりの山賊宴会へ向けて、午後一時すぎに走り出す。

冬の山賊は荷物が多いので、ハンドルがちょっとフラつくのも懐かしい。

二時間弱ほど走って、50号線沿いのカスミに到着。

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08324249.jpg
お、ろろちゃんも来てるじゃん、と思ったら店のガラスがバンバン叩かれてる。

視線を向けるとヒゲ面の怪しい男が、ニコニコ笑いながらこっちを見ていた。

よ、ろろちゃん! 先週ぶり(・∀・)/



酒とつまみを買い込んで、あとは大郷戸までもうひと息。

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08424451.jpg
紅葉の美しい中を走ってゆくと、大郷戸にはもうみんな到着していた。

片手をあげて挨拶しながら坂を登ってゆくと……

がん! がしゃん!

嫌な音がする。

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08425355.jpg
缶を入れた袋が落っこちて、開いた穴からぴうぴうと酒が吹き出している。

命の水の噴水を悲しげに眺めつつ、もたもたと拾いに行くかみさん50歳。

ついでに買ったばかりのランタンも見当たらなくて、さらに凹む。

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08430220.jpg
ま、ランタンは車体に引っかかって無傷だったんだけど。



出端(でばな)からカマしたら、さあ、宴会の準備だ。

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08324250.jpg
実に秋らしい、ふつくしい青空と雲のコントラスト。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08324266.jpg
グランドシートを展開して、今宵のかみゾーンを構築する。

後ろは左から。

柴刈してきた自宅の庭木をガンガン燃やす、群馬のグリズリーことeisukeさん。

それを眺めつつ「親戚の家に来たみたい」とゲラゲラ笑ってるリアルハンターよしなし。

我関せずと宴の準備を進める、狂気の天才ろろちゃん。



今日もみんな絶好調のようだ(・∀・)

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08454650.jpg
かみさんは午前中の仕事が忙しくて、ちょっとお疲れ気味ですよ。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08324233.jpg
このでっかい焚き火台が出ると、もうすぐ冬なんだなぁと実感する。

持ち主は淡々と枝を燃やしてたけど。

「大丈夫、まだあとコンテナふたつ分あるから」

何が大丈夫なのか、これっぱかしも解りませんが(´・ω・`)?



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08494930.jpg
とりあえず、このアホほどデカい袋の中身は燃やし切ったらしいwww




火を眺めつつまったりしながら、「しき、来れるのかなぁ」とつぶやく。

とたんに上がる笑い声は、しきが『迷子の達人』だから。

と、ウワサをすれば何とやら、しきのゲレンデさんがやってきた。

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08325753.jpg
かつてのビューエルさん並みに、いろんなトラブルが起きる名機。

順調に『トラブルメイカー道』を邁進してくれてるようでうれしい。

キミとタツヤがいれば、俺はトラブラーを引退できるよ(前フリ)。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08325705.jpg
夜勤明けのまま吹っ飛んできた、『かみを継ぐもの』こと、しきちゃん。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08512905.jpg
今日の参加者全員そろって、山賊宴会のスタートだ。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08521818.jpg
夜露を避けるためカバーをかけるろろちゃんに倣って、俺も白カブさんをカバーリング。

翌朝チェックしてみたら、それなりに効果があったんで、これからもマメに掛けよう。

いやまあ、「覚えてれば」の話だけんども。



そうこうするうち、秋の日は釣瓶落とし。

あっという間に薄暗くなり、たき火がますます存在感を増してくる。

誰ともなく炎を見つめながら、呑んだりバカ話したり、あるいは黙ってたり。

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08543353.jpg
まあ、このために夜宴やってるようなもんだしね(・∀・)



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08325766.jpg
夜宴会場の全景。



いい感じで酔っぱらってきた。

すると、eisukeさんが立ち上がり、なにやらごそごそヤリはじめる。

その背中がずいぶんと細く感じられて「身体、心配だなぁ」と眺めてると。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08331076.jpg
なんかデカいTVをセットしてるよ、このひとwww

全然、心配いらねぇや、eisukeさんはeisukeさんだわwww

つわけでなんと『夜宴会場でDVD鑑賞会』という、まさかの『ゆるキャン△仕様』。



もはやキャンプじゃなくてグランピング、山賊どこへ行ったwww


大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08591734.jpg
「さて、それじゃあテント張るかな」と立ち上がる酔っ払い。

ポールを伸ばし本体に差し込んで……



ぱきっ!



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08591766.jpg
ポール折れたwww

しきに散々「俺を継ぐもの」とか言ってたフラグを見事に回収(`・ω・´)キリッ

みんなに「さすが」とゲラッゲラ笑われながら、折れたポールを畳む50歳。

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08591716.jpg
テントを仕舞ってる哀し気な姿も、心なしか貫禄がうかがえる。

いらねぇよそんな貫禄ヽ(`Д´)ノ

まだ当分、トラブラーは卒業できないようである(´・ω・`)



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_09003797.jpg
しきの自作アルコールランタン。

アルコールストーブにキャンドルランタンをつないで、芯を入れただけのシンプルで面白い作品。

そこそこ光量もあるし、アルストと燃料を共有できるし、素晴らしい逸品だと思う。



「いや、ネットでやってる人がいて、真似しただけですよ」

「そーなんだ。いいアイディアだと思うのに、なんでみんなやらないんだろう?」



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_09015745.jpg
答え:暴走するから

まあ、俺とかしきには最高に似合ってるランタンだ。

俺は作らないけどな(`・ω・´)キリッ





なんてバカやってたら、空が泣き出した。

慌てて移動し始める、山賊の面々。

何処にってもちろん、eisukeさんのタープの下にだ。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08331033.jpg
テントがない俺は、すでにeisukeさんタープの下へ寝床ごと移動済み。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08331075.jpg
ろろちゃんと先生もテーブルを持ってやってきた。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08332534.jpg
家主のeisukeさんは毎度のごとく、こまごました準備をしてくれる。

その横でキリっとしてるしきが、ちょっと腹立つwwwww

しきのくせにwwwww



んで、そんなみんなが何してるかといえば。

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08332589.jpg
相変わらずのグランピングバンデッツ(・∀・)

まあゆるキャン△のメンツは「トライガン」とか見ないだろうけどね。

んで、みんな未見だった「劇場版トライガン」見ながら、小腹のすいた連中は。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08332529.jpg
色々と作ったり。

ちなみに俺もカップラーメン作って食った。

そら太るわ。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08332651.jpg
いつの間にか雨も上がり、穏やかな時間が流れる。

しきがくれた誕生日プレゼントのジャックダニエルを呑みながら。

やがて眠気に負けた俺は、みんなよりひと足先に、シュラフへともぐりこんだ。

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08333854.jpg





開けて翌朝、目を覚ますと、みんなすでに撤収作業中。

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08333802.jpg
見上げればバカみたいに気持ちのいい秋空。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08333841.jpg
遠くに行きたくなるよね。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_11303647.jpg
起き抜けかみさん。

時期的にもまだ凍死するほど寒くないから、めっちゃ気持ちよく眠れた。

やばいね、『テントなし野宿』楽しくてハマりそう(・∀・)



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08333824.jpg
大郷戸は、今ちょうどいい感じの紅葉シーズン

なんなら来週も顔出しちゃおうかな。

天気次第だけど。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08334747.jpg
のんびりと後片付けしながら、みんなのマシンを見たり、バカ話したり。



大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08334754.jpg
夜、飲みながら話すのとはまた違った、けだるくて楽しい時間




大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_11324370.jpg
おっといけねぇ、ガソリンを足しておかなくちゃ。

せっかく買ったのに、これまだ一度もロングツーリングで使えてないんだよなぁ(´・ω・`)

てな感じで、いつもの朝のまったりタイムを終え。



もちろん一発で始動したクロスカブにまたがったら。

今回の山賊宴会も無事に終了。

本当に久しぶりで、本当にいつも通りの、楽しい宴だった。



今年中に、もう一回くらいやりたいね。

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ―_e0086244_08335535.jpg

大郷戸山賊宴会 ―グランピングバンデッツ― /了


 

# by noreturnrydeen | 2020-11-07 08:11 | エンカイ | Trackback
 
ビューエルさんの頃は苦じゃなかったのに。

トラブル皆無のカブさんだと逆に億劫でしょうがない。

何がってタイトル通り、日常メンテナンスがだ。



つっても週末に大郷戸でキャンプするつもりなので、やるコトはやっておこう。

クロスカブ110(JA45)オイル交換・チェーン調整_e0086244_12554718.jpg
多少ガタが出てきたので、チェーン調整してやる。

例のグリスアップは、今回も特に問題なし。

またアジャスターの引きしろはあるけど、次回は新品にしたいかな。



クロスカブ110(JA45)オイル交換・チェーン調整_e0086244_12554897.jpg
オイルは今回も純正のG1にした。

なんだかんだ、これがイチバン調子いいみたいだ。

いや厳密に比較なんぞ勿論してないから、あくまで体感の話。



クロスカブ110(JA45)オイル交換・チェーン調整_e0086244_12554869.jpg
一年三か月で1万キロちょい。

コロナでロンツー行けなかったのもあって、思ったより走ってない。

週末のキャンプを機に、そろそろまた走り出そうかな。



つわけでSee you next marmalade(・∀・)b
 

# by noreturnrydeen | 2020-11-05 13:08 | メンテナンス・カスタム | Trackback

9ヵ月ぶりのおでかけ

 
去年の誕生日に山賊宴会して以来、実に9ヵ月ぶりのキャンプ。

コロナはまだまだ予断を許さないが、さすがにもう限界。

「ソロ」で「キャンプ場じゃない山の中」なら行ってもいいよね?



久しぶりなので、どうせだからガッツリ荷物を積んでいこう。

走りよりも山の中で呑むことをメインにするのだ。

いつものソロではありえないほど荷物を積んでレッツ大郷戸。



9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_08253275.jpg
大荷物にフラフラしながら、3時間ほど走って大郷戸に到着。

遠くに釣り客は居るが、こっちは誰もいない貸し切り状態だ。

空もすっかり夏模様で、じりじりと太陽が照り付ける。



9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_08281788.jpg
普段ならソロでは使わないタープを、強風に苦労しながら張る。

今考えたら、この時すでに俺は間違っていた。

日光を避けるため木陰に入ったので、場所が林に近すぎたのだ。



どうせタープ張るならド真ん中でよかったのに(´・ω・`)


9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_08321306.jpg
ソロ宴会場ができたので、荷物をほどいて準備してゆく。

今日は魚介系をツマミに買ってきたので、ゆっくり呑もう。

いや、もちろん肉類もちゃんと買ってきたけどね。



むしろ買いすぎたけどね。



9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_08341082.jpg
まずは炭熾(すみおこ)し。

オガ備長炭は火付きが悪いので、チャコスタでしっかり熾す。

つーか夏のソロキャンでグリルとチャコスタ持ってきてるのが珍しい。



こいつら俺のキャンプ道具の中でもトップクラスに重いからね。



んで、炭が熾きるまでの間、呑みながらゆっくり待つわけだが。

9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_08374224.jpg
これこれ、これがやりたくてホタテを買って、その流れで魚介なんだ今日は。

ガスバーナーで直にホタテをあぶり、口を開いたところで醤油をたらす。

醤油の焦げるいい香りがあたりに流れ出し、俺のよだれも流れ出す。



こんなの不味いわけないじゃんヽ(`∀´)ノ



9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_08403445.jpg
炭が熾きたら、続いてのツマミは鮭の皮ぎしの脂たっぷりの部分。

脂っこくて臭みのある部分なんだが、そんなもの炭火と醤油の敵ではない。

カリカリになるまでしっかり焼いて醤油を垂らせば、焼酎にパーフェクトフィット。



「んめぇ、幸せ」とわめきながら空を見上げれば、さわやかな晴天。

吹き抜ける涼しい風に、「ああ、帰ってきたなぁ」と頬を緩める50歳。

色々アレでダウン味だった心が、一発ですっきり軽くなる。



ウイルスごときに負けてらんねぇよな。



9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_08483038.jpg
見た目はこ汚ねェが、酒の肴には最高だ。ホタテの小皿も雰囲気を盛り上げる。



9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_08495644.jpg
ホタテ・鮭に続いて、魚介系最後のツマミはアジ。

これも炭火でじっくり焼いて、しょうゆでいただく。

当然の帰結として、酒がえらい勢いで消えてゆく。



なはは、楽しいねぇ(・∀・)



9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_08521775.jpg
いつもなら持ってこないスコップやナイフなんかも持ってきた。

特に必要なわけじゃないんだけど、久しぶりのキャンプで舞い上がってたのだ。

無駄にナイフで魚のパックを切り開いたり、意味もなく穴を掘ったり。



身体はおっさん、頭脳は中二、人呼んで柏のオークかドワーフか。



9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_08561667.jpg
お次は豚タンを焼いてゆく。歯ごたえが強く噛み切りづらいが、それも味の一部。



9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_08572976.jpg
超久しぶりに、鉄板へも火を入れた。

この辺で備長炭がホンゴシ入ってきたんで、すぐチンチンに熱くなる。

とは言えもう、お腹の方がいっぱいだ。おっさんは昔ほど食えない(´・ω・`)



9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_08584711.jpg
鶏皮をちょっと焼いたくらいで鉄板の役目は終わり。

あと冷めちゃった豚タンを温める程度。

迷ったけど、焼きそばとか買ってこなくてよかった。ぜってー持て余したわ。



まあ、バッグにはすでに「持ち帰り」の決まった白モツがあったりするんだけど。



9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_09023755.jpg
炭を入れてた段ボールを燃やしつつ、たき火を眺めて一杯…………

暑いわボケ! も少し暗くなってからやれよバカ。

つわけでこの暑さに焚き火は必要ないことを改めて確認したら。




9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_09045495.jpg
炭をチャコスタに戻して、燃え尽きるまで放置する。

つっても、この位置だと思った以上に放射熱がハンパなかったので。

結局、少し遠くにおいて燃え尽きるのを待った。次回はも少し炭を少なめに。



食って呑んでひと息ついたら、あとはひたすらまったりタイム。

少しマイナス思考気味だった心を、ゆっくりリハビリしてやる。

もちろん、飛んでくる虫と戦いながらだ(`・ω・´)キリッ



林に近い所へ設営したため、寄ってくる虫の数が多い。

地面への虫よけも、自分への虫よけもタップリ撒いたんだけどね。

ヤツラのやる気の前では、焼け石に水だったよ。



今、食われまくった足をボリボリ掻きながら、この文章を書いてる(´・ω・`)



久しぶりの時間をじっくり堪能していると、タープがぽつぽつ音を立てた。

面倒くさくてテント張ってないので、一瞬、雨音にガッカリする。

が、まあ大雨じゃなかろうと、のんびり雨見酒としゃれこんだ。



案の定、雨はすぐにやみ、気温もさらに下がって過ごしやすくなる。

いいだけ酔っぱらって気分も上々、ソロキャンプやっぱ楽しいなぁ。

笑いながら、俺はシーツシュラフに潜り込んだ。



9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_09180807.jpg
寝たのが早かったので、翌朝は5時前に目覚める。

二日酔いもなく、天気も気持ちよく、そして足はひたすら痒い(´・ω・`)

「完璧に油断したなぁ」と笑いながら撤収して、来た時と同じ状態へ戻したら。



今回のソロキャンプは無事に終了。



朝露に曇ったゴーグルを外して首にかけ、静かな山間をゆっくり走り出す。

9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_09214103.jpg
おっとガソリンが空だったと、途中でスペアタンクから給油したら。

「夏休みを取らないぶん、週末ごとにキャンプしちゃうかな」

自粛警察に知られたら怒られそうなセリフをつぶやきつつ。



涼しくて気持ちいい早朝の道を、柏に向かって走り出したのだった。


9ヵ月ぶりのおでかけ_e0086244_09260520.jpg
9ヵ月ぶりのおでかけ/了

 

# by noreturnrydeen | 2020-08-01 08:16 | ソロツーリング | Trackback