先日、失敗したT3のLEDバルブ交換だが、新しいバルブが着荷した。

e0086244_20590838.jpg
今回は、前のより良さそうなのを選んで、4つ入りを2セット購入。

ちょうど8つしかないから、失くせないなぁ」

なんて思いながら、早速バルブを入れ替えてたら。



狙いすましたかのように、最後のひとつを落っことして失くす。

もね、ここまで来ると思っちゃうよね、「俺、天才じゃなかろうか」って(´・ω・`)

仕方ないので、とりあえず手にぶつかったブルーのT3を入れたら。



基盤のままエリック牧場へ持ってゆき、接続してキーオン。

e0086244_20590877.jpg
すべて点灯したのを確認(写真で切れてるように見えるのは、ウインカーのインジケータ)したところで。

「あ、そうか。ハイビームはブルーのバルブで大丈夫じゃん」

つわけで写真の矢印のように、センターのバックライトとハイビームインジケータを入れ替えてやる。

e0086244_20590999.jpg
ケースを戻して、もう一度チェック。この写真ではウインカーインジケータが上手く写った。

水色にちかかったハイビームインジケータは、濃いブルーになってちょっとステキ。

他は問題なくついてるが、バックライトは暗くならないとわからんので、あとは帰りに確認する。



e0086244_20590969.jpg
夜になって、帰宅前に確認すると、うおっ! さすがに明るいな。ちょっと眩しいくらい明るい。

走ってみて気づいたけど、ヘルメットのチンガードがなかったら、邪魔くさくて仕方なかっただろうね。

まあ、暗くて見えないよりはいいけど。



つわけで、バックライトとインジケータのバルブ交換は、無事に終了した。

何がしんどかったって、作業のたびに老眼鏡をかけたり外したりするのが、最高にめんどかった(´・ω・`)

あと、この作業中ずっと外してて、いざ「付けよう」と思ったら、いつの間にか電圧計を紛失してた。



あんなもん、どこ行っちゃうってんだろう?(´・ω・`)



とまあ、そんな感じで。



 

[PR]
# by noreturnrydeen | 2017-01-19 21:26 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
モノが届いたので、リアブレーキパッドを交換する。

今回はそれだけなので、ちょっとしっかり手を入れながらやろう。

つわけで、新品のブレーキパッドをもって、エリック牧場へ。

e0086244_16234980.jpg
月曜日火曜と連続で、付けちゃ外しされてるリアアクスルシャフトを、今日も外して。

パッドピンを抜き、古いパッドを外したら、ブレーキペダルを押してピストンを出す。

飛び出したピストンを、クリーナとウエスでしっかり掃除したら。



e0086244_16235092.jpg
ピストンにシリコングリスを塗って、あまった分をふき取る。

それからピストンを押し込んで、またペダルを動かして飛び出させ、ってのを繰り返し。

二三回やってピストンがスムーズに動くようになったら、最後までしっかり押し込む。



e0086244_16235020.jpg
新しいパッドは、デイトナのハイパー。

それから、外したパッドピンの固着した汚れを、ペーパーかけて落とし。

さらにメガネレンチの柄でゴリゴリと磨いてつるつるにする。



e0086244_16235097.jpg
上が外したピンで、下が磨いたピン。ペーパーの番数が240番と800番しかなかった。

そのままだと削りあとが残るので、レンチの柄で磨くことで、写真のように鏡面っぽく仕上げる。

ここはブレーキダストや泥など汚れやすい場所なので、傷が残ってると汚れが食いつくと思ったのだ。



金属の棒で磨くとつるつるになるのは、昔シルバークレイ細工をしてた時に覚えた。

e0086244_16235139.jpg
片付け込みで15分くらいかな、思ったよりすぐ終わった。つーか、ピンを磨くのがイチバン時間食った。

さて、これでようやくKLXの方の準備は整い、あとは野宿の準備をするだけ。

来週からは確定申告やるので、週末はきっちり遊んで来ようと思う。



そんな感じで。


 




[PR]
# by noreturnrydeen | 2017-01-18 16:41 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
さて、週末に控えたケモランのために、KLXのメンテナンスをしよう。

と、その前に、前回ぬりたくったサビ転換剤のその後を。

通勤時に見てみると、どうやら真っ黒に変色してる。

e0086244_14080228.jpg
赤サビの部分はほぼすべて、しっかり黒サビに変換したようだ。

ついでだから、ヒートガードを外して、しっかり確認してみようか。

つわけでエリック牧場(職場のウラ)にて、エキパイのチェック。

e0086244_14080364.jpg
うむ、どうやら無事に変換されている。

写真だと若干、赤サビの色が残ってるっぽいけど、実際に見ると真っ黒

これなら当分は、交換やメンテナンスしなくて済みそうだ。



それじゃあ、お次はチェーンとドリブンスプロケットの交換ってことで。

昨日の月曜日、昼休みに作業を始めた。

やることが多いので、今週一週間にふりわけて作業するのだ。

e0086244_14080353.jpg
外したついでに、ドライブスプロケット側の泥汚れや油汚れを落とす。

どうせまた泥と油まみれになるので、そんなに神経質にはやらない。

ざっと落としたついでに、サビのチェックをしてみたが、油まみれだけに大丈夫だった。



e0086244_14080464.jpg
ストックしてあった、ドリブンスプロケットとチェーン。

スプロケは寿命を重視して、キタコのスチール製。

チェーンは、かみさんの大好きなEK(江沼)チェーン。



e0086244_14082472.jpg
スプロケの固定ボルトがガッチリ固着してて、ちょっと手間取ったけど、無事に交換。

寒いので、月曜日の昼休みはここまでで終了した。

あけて翌火曜日、つまり今日の昼休み。



今度はリアタイアを交換する。

e0086244_14082457.jpg
ビードストッパがふたつ付いてるので、思いのほか時間がかかる。

でも、これのおかげで空気圧を死ぬほど落とせるからね。

手間と効果のトレードとしては順当だろう。



e0086244_14082531.jpg
タイアを外したついでに、ホイールのサビがある部分へ転換剤を塗る。

個人的に、重たいけど頑丈で、いざという時は修正も利くスチールホイールは気に入ってる。

なのでしっかり手を入れて、なるべく長く使ってやりたい。



ま、ホイール交換だなんだの前に、も少しウデの方を磨くべきだよね(・∀・)



e0086244_14082507.jpg
ビードストッパのおかげで手こずりつつも、何とか交換終了。



e0086244_14082595.jpg
新しいタイアは山がたっぷりで、なんとなく気持ちいい(・∀・)

古いのも、通勤ならもう少し使えるんだけど、まあ、換え時だろう。

よしなし先生には「ツーキニストにあるまじき」とか怒られそうだけどwww



てなわけで、週末へ向けての準備は、順調に進行中。

明日は、モノが来ればリアブレーキパッドの交換かな。

もしくは、同じくモノが来れば、ユリシーズのメータバルブ交換をやるかもしれない。



どっちにしても、確定申告はまだやらない(`・ω・´)キリッ



ま、そんな感じで。


 

[PR]
# by noreturnrydeen | 2017-01-17 20:40 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
だいぶん前から、ユリのメーターレンズが水蒸気で曇っていた。

でも見えないわけじゃないから、「まあ、そのうち」なんて思ってたら。

メーターのバックライトのうち、左側が点灯しなくなる。



さらに、キーオンでつくはずのエンジンチェックランプがつかなくなり。

「さすがにメータ外して、開けてやるしかないか」

ここに至ってようやく、重い腰を上げるかみさん47歳。

e0086244_16594044.jpg
メータを外して治療院内へ持ち込み、ヒマな時にちょっとづつ作業を進める。



e0086244_16594003.jpg
メータ裏のネジを9本外してケースをばらし、中のパネル裏のネジも外す。



e0086244_16594182.jpg
基盤に差し込まれてる電球は、全部で8つ。



e0086244_16594112.jpg
T3という規格の電球で、老眼の始まったおっさんには、かなり厳しいサイズ。

で、とりあえず点灯しなくなった電球と、別の電球を入れ替えて。

エリック牧場へいってバイクにつなぎ、キーオンしてみる。

e0086244_17000443.jpg
バックライト(左)とエンジンチェックランプが無事に点灯した。

つまり回路じゃなくて球切れってことだ、と胸をなでおろしたら。

メータを組み立ててバイクへ戻し、PCでT3バルブを注文。



翌日、モノが届いたので、早速、またメータをばらす。

e0086244_17000549.jpg
左の白いのが、購入したT3のLEDバルブ。右が付いてたT3バルブ。明らかに熱で焼けているのがわかる。

さて、それじゃあバルブをサクッと交換して……おい、ちょっとまて! 付かねぇよ!

サイズ違いとかじゃなく、加工精度が悪くてバルブがハマらないのだ。



「ぬう、さすが中華。この事態は予想してなかった」



仕方ないので、バルブの樹脂部分を加工して、なんとか取り付けできるようにする。

患者さん用に置いてあった老眼鏡をかけ、カッターで樹脂を削る47歳。

8つすべて加工したら、ようやく取り付けして、またエリック牧場へ。



バイクにつなぎ、ドキドキしながらキーオンすると。

e0086244_17000518.jpg
点灯しないのがあるわ、点灯してるのは青いわ、もう、どこから突っ込んでいいやら(´・ω・`)

まあ、中華LEDだと、白の代わりに青が来るとかよくある話らしい。

返品しようにも加工しちゃったし、さて、どうしよう。



つってやれる選択肢なんぞ、いくつもないわけで。

点灯してるバルブだけ残し、交換しいしいチェックしてみると。

10個のうち3つが非点灯だった。



悔しい思いをしつつ、残りは元のT3に付け替える。

e0086244_17000627.jpg
とりあえずこれで、当座をしのぎつつ。

院内へ戻るなり速攻でPCを立ち上げ、別の店舗へ白のT3拡散型を発注し。

軽くへこみながら、今、これを書いてるわけだ。



つわけで来週あたり、新しいバルブが届いたらもう一回やる。



そんな感じで(´・ω・`)



 

[PR]
# by noreturnrydeen | 2017-01-13 17:00 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ