<   2017年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

XB12X キーシリンダー清掃

 
ちょっと前から、キーオンでの挙動がおかしくなっていた。

完全にON側だと通電しなくて、そこから少しキーを戻すとONになるのだ。

「キーシリンダー汚れてんだろうなぁ」思いつつ、放ってたのだが。



最近、いよいよおかしくなって、走ってる最中にエンジンが止まるようになった。



仕方ないので重い腰を上げ、キーシリンダーの掃除をすることに。

つわけで仕事がハネた午後一時、作業用の服に着替えてエリック牧場へ。

ライト上のカウルを外し、キーシリンダーを取り外す。



e0086244_14554398.jpg
全体に砂とゴミだらけで、まずこれがもうダメ。

「オイル系の潤滑材は使ってないんだけどなぁ」

ため息をつきながら、右側の接点部分をばらしてゆくのだが。

これがまたカチっとハマってて、外すのにえらい難儀した。



e0086244_14554456.jpg
キャップが外れたところ。

右側のクリーム色の部分も、同じような作りになってて、なかなか外れない。

これの専用工具があるなら、ちょっと買っちゃおうかなって思うくらい(´・ω・`)



e0086244_14554423.jpg
何とかバラして接点部分を確認すると、やはり錆びて緑青(ろくしょう)が浮いている。

これじゃあ通電しないのも無理ないだろう。

サンドペーパーやヤスリ、パーツクリーナーを駆使して洗浄開始。



e0086244_14554437.jpg
この作業自体は、特に難しいこともなく、無事、きれいになった。

あとは元通り組み付けてやれば終わり……なのだが、そう簡単にはゆかない。

なんでって作業してるのが、かみさん47歳だからだ(`・ω・´)キリッ



組み上がったところで、機体に取り付ける前の通電テストしてみると。

e0086244_14554527.jpg
うん、「OFF」と「LOCK」のちょうど中間でONになっちゃダメだろ。ダメ、絶対(´・ω・`)

「シルシ付けときゃよかった」などとボヤきながら、また四苦八苦してバラし。

ON・OFFの位置関係を確認しながら、なんとか組み上げ、もう一度テストしてみる。



e0086244_14554587.jpg
今度はどうにか、ONの位置でライトが点灯した(・∀・)

つわけで、「らしい」ミスはあったものの、無事、キーシリンダー清掃を終えた。

他にも気になってるところはあるんだけど、口にすると言霊でトラブりそうなので。



かみは黙ったままクールに去るぜ(`・ω・´)キリッ



そんな感じで。



 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-03-25 15:20 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
ポンちゃんがナンバープレートの移設をしてたので、俺もやりたくなった。

思いついたらやってみなくちゃ気が済まないのが、かみさんのいいところであり悪いところ

仕事がハネた午後、早速、作業に取り掛かる。



が、どうもしっくりこないつーか、俺のバイクだとあんまカッコいくない(´・ω・`)

30分くらい試行錯誤した末、結局、元の位置へ戻すことにした……のだが。

そのまま、すんなり行くわけないのが、マーマレードクオリティ。



作業の途中で手をひっかけ、両面テープで貼り付けてたウインカーが外れてしまう。

「んだよもう、めんどくせーな!」

叫んだかみさん、心を落ち着かせるため一服してると、「アレをやろう」と思い立つ。



テール回りを、も少し削りたいなと思ってたのだ。



e0086244_17252827.jpg
つわけでこのテール部分、手前のネジ穴があるあたりをすっ飛ばして、すっきりさせてやろう。

ハンドグラインダーで斬り飛ばし、砥石をサンドペーパーに付け替えて、切り口を磨く。

面倒なだけで難しくはない作業なんだが、それよりなにより。



カットするのとペーパーで削るのが、手間的にそれほど変わらないのが、衝撃的に驚きだった。



よく作業系の動画を見てる時、「ちまちま削らないで、切り飛ばせばいいのに」思ってたんだが。

なるほどアレはアレで、そういう理由があったのかと、自分で経験してみて納得。

なんでもそうだけど、アタマん中で考えてるだけじゃ、本当の事ってのはわからないね。



e0086244_17252887.jpg
つわけで、切り飛ばしたテール。

俺の印象的には「結構がっつり切り飛ばした」んだが、見た目も機能的にも、さほどの違いはない

完全に、自己満足の世界(・∀・)



さて、あとは取れちゃったウインカーを貼り付け……んじゃつまんないから、テキトーなヤツと交換しよう。

エリック牧場をほっくりかえすと、昔使ってたウインカーが出てきたので、とりあえずこれで。

まあ、どうせまた近いうちに、なんか新しいウインカー買い込むだろうから、それまでのツナギで。

e0086244_17252864.jpg
ウインカーを取り付け、残りも組みあげて、工具も片づけて、さて、帰ろうとなったんだが。

最後にこうして写真を撮ってみると、どうもテールランプが出っ張りすぎてて気に入らない。

気に入らないと、気分が悪くなり、注意力散漫となって事故るので、メンドーだけどやり直そう。






それじゃあ、牧場から適当な金具を持ってきて、新しいステーを作ろうか。

e0086244_17252930.jpg
こういうDIY的なバイクいじりは久しぶりなので、面倒だけど何だか楽しい(・∀・)

グラインダーガリガリ、ハンマーでカンカン、現物合わせしながらステーを作る。

失敗して、やり直して、「あー、バイクいじってるなぁ。楽しいなぁ」ニコニコのマイトガイ。



e0086244_17252985.jpg
なんだかんだ、作業終了。テールランプを数センチ、奥へ追い込んだ。

ま、さっきの写真と比べたって、「だからどうした?」って感じなんだが。

それが大切なのだよ、男には(・∀・)



ダチも単車も、酒もたばこも、なくたって死にはしないけど。

なきゃ人生がどれだけ味気ないか。

つまりは、そういうことなのだよ(意味が分かりません)。

e0086244_17252913.jpg
ま、そんな感じで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-03-18 18:04 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
三月のキャンプというのは、確定申告が終わった後なので、いつも以上に心が浮き立つ。

e0086244_21100655.jpg
フェンダーを外してすっきりした愛機に荷物を積んで、向かう先は群馬県の玉村町。

おなじみ角淵キャンプ場へ、山賊宴会をやりにゆく。

柏から県道7号で北上し、関宿あたりから国道354号に乗れば、あとは一本道。



ただ、強風で車体がいいだけ煽られ、すり抜けがちょっとしんどかった。



玉村町にあるビヨンセの親戚みたいなスーパーで、夕飯つーかツマミの買い物したら。

寒風が吹きすさぶキャンプ場に、無事到着。

すでにダチどもは集合していて、思わず顔がほころぶかみさん47歳。

e0086244_21100748.jpg
この笑顔である(・∀・)



今回はおひざ元だけに、朝から準備万端のeisukeさん。

e0086244_21100703.jpg
登場数回で早くも彼の代名詞となった、大型テントが設営してある。

そしてこの日は風が強く、体感温度がめちゃめちゃ寒かった。

当然、ぬくぬくのテント内に集まる、ぬるま湯な山賊たち。



e0086244_21100762.jpg
左からpoitaさんうわばん&ユキちゃん。すっかりリラックスムード(・∀・)



e0086244_21102870.jpg
ジャケットやインナーシューズとおそろいの帽子を買ったろろちゃん



e0086244_21110857.jpg
角淵の主eisukeさんに、いつも写真を撮ってくれるカメラマンよしなし先生

以上に俺を加えた7人が今日の宴会メンバー。

そしてもちろん、eisukeさんはすでに、いろいろと料理を始めている。

e0086244_21102972.jpg
「なにそれ、絶対ウマいじゃないすか!」

なんつって騒いでたら、eisukeさんの妹分、たむちさんが顔を出してくれた。

小さい子がいるので、ちょっと顔出しだけなのが残念だけど、差し入れにお酒をいただく。

e0086244_21102932.jpg
すごくアクティブなひとだから、そのうち子供ごと宴会に参加するようになるかもね(・∀・)



e0086244_21102946.jpg
このイタリアンな料理、eisukeさんが名前を教えてくれたんだが、そこですかさずろろちゃんが、

「それは群馬の方言で、意味は……」

とか言い出して爆笑してたので、料理名、忘れちゃった(´・ω・`)



e0086244_21105171.jpg
ちょっと寒くなってきたと、poitaさんが鬼神を着てきたんだが。

そのタイミングでテントの入り口を閉めちゃったので、暑くて難儀することになるwww

と、お色直しをしてきたpoitaさん。

e0086244_21105289.jpg
ろろちゃんにアルファ米の赤飯をもらって食べてた。

お湯をいれるだけで、ちゃんとモチモチしたもち米になるので、味見した人はみんな感動してた。

俺は食ったことあったので、そのぶん酒を呑んだ(文の前後が繋がってません)。



e0086244_21105283.jpg
エイスケさんの鍋にやたらとカレー粉を入れたがるろろちゃん。

そのうちテント内にあるすべての食い物にカレー粉をかけろと恐ろしい要求を突きつける。

んでまた、うわばんあたりがキャンプ荷物の中にカレー粉を常備してて、話がややこしくなったり。




バカ話と大笑いの山賊宴会は、本日も絶好調( ・∀・)



e0086244_21105273.jpg
たむちさんにもらったモンゴルのウォッカ。

これが薫り高くて味わいもよく、ズブロッカの上位互換みたいな旨いウォッカだったので。

かみさん、絶好調の大酔っ払い(´・ω・`)



e0086244_21110807.jpg
むしろ予定調和とばかりに、マッハで出来上がる。



e0086244_21110966.jpg
あんまし旨いので、みんなにも回し呑みしてもらった。

「えー、ウォッカ? あんまり好きじゃないんだよなぁ」

なーんて言ってたみんなが、ヒトクチ呑むなり「あ、旨い」。



ウォッカの呑みづらさが全くないのには、ホントに驚いた。



e0086244_21111183.jpg
三回目くらいの参加になるユキちゃんも、だいぶん山賊に馴れてきたようだ。

婚活合コンの話とか、俺らが100パー知らない話を色々と聞かせてくれて面白かった。

とりあえず、おっさんたちには想像もつかない世界とか、考え方があるんだなぁと驚いたよ( ・∀・)



e0086244_21112971.jpg
poitaさん謹製、シュウェップスウォッカ(ウォッカのシュウェップス割り)を泣きながら呑む、哀しみのマイトガイ。

いや、本来グレープフルーツとウォッカは相性がいいはずなんだけどね。

これは明らかに、お互いのダメなところを強調し合う、実に残念な関係だったよ(´・ω・`)



e0086244_21113050.jpg
そんなこんなで、そろそろ魂が抜けかけてる47歳。



e0086244_21113085.jpg
でも、eisukeさんの作る「おっ切り込み」には食いついて。



e0086244_21113096.jpg
意地汚くガツガツと食べる。



e0086244_21114985.jpg
そしてそのeisukeさんに乗っかる、めんどくさい酔っぱらい。

本人はひとっつも覚えてないからタチが悪い(´・ω・`)

まあ、今に始まったこっちゃないけど。



e0086244_21115058.jpg
ろろちゃんも穏やかな表情のまま、ビシッと泥酔中。

傍若無人に暴れる俺を優しく見守ってる風だけど、このときの記憶はすでにないwww

大して変わらない見た目のまま、いつの間にか全速力で泥酔してたりするのが、彼の恐ろしいところ。



そんな感じで、宴は遅くまで続いた……らしいよ、ひとっつも知らんけど(´・ω・`)






開けて翌朝、思ったほど二日酔いもなく、気持ちよく目覚める。

e0086244_21115054.jpg
左から、ろろテネレ、ポイB6、先生GS、かみシーズ。



e0086244_21115040.jpg
ろろちゃんは今回も、eisukeさんテント内に居候。

この先、eisukeさんの参加するキャンプに、彼がテントを持ってくる日はあるのだろうか?

何なら「いつの間にかeisukeさん家に住み込んでて」も、俺はきっと驚かない( ・∀・)



つわけで、みんなそれぞれ撤収作業をし終えたら。

e0086244_21120439.jpg
次回の山賊まで、暫しのお別れを。

花粉に悩まされる季節になってきたけど。

次は桜でも眺めながら、またバカ話して笑いたいね。

e0086244_21120464.jpg
角淵山賊 ~その甘やかな空間~/了


 


[PR]
by noreturnrydeen | 2017-03-11 21:09 | エンカイ | Trackback
 
「前後ライトニング脚」を一週間ほど楽しんだので、リアサスを元に戻す。

元々これと言った理由のない気まぐれなので、満足すればそれでいいのだ。

んでまあ、せっかくリアサス交換するので、今回はしっかりグリスアップしよう。

e0086244_15251168.jpg
タカシが持ってきてくれた、シルコリンのグリス。

高圧下の性能に優れてるとのことなので、サスペンションに使うのはアリだろう。

つーかグリスって勉強し始めると、すさまじく奥が深いよね。



いや、ま、それはグリスに限った話じゃないけどさ(・∀・)



e0086244_15251206.jpg
だいぶん使い込まれてヤレまくったダートスキンを、中性洗剤で洗って天日干し。

乾くのを待つ間に、サスペンション交換を済ませよう。

つっても前回から一週間なので、「ついでの掃除」がほとんど無いぶん、あっという間に終わる。



あとはチェーンオイル&各部のグリスアップと、消耗品のチェック。

e0086244_15251235.jpg
忘れちゃいけない、チェーンテンションの調整。

スウィングアームの角度が変わって軸間が近づくので、すこーしだけ調整が必要になるのだ。

んでまあ、そんな感じでサス交換が終わり、ニヤニヤしながら愛機を眺めてると……



どーしてもやりたくなってしまったので、「心の声に逆らわず」ヤることにする。

何をって、フェンダー外しを。

何でって、面白そうだし、カッコいい(と俺が思う)から。



e0086244_15251385.jpg
つわけでフロント・アンダーフェンダーと、リアフェンダーを取っ払った。

フロント・アッパーフェンダーは、「ユリシーズの証(あかし)」なので外さない。

たとえ完全にそう見えなくても、俺の単車はユリシーズなのだ(`・ω・´)



e0086244_15251246.jpg
リア周りがすっきりしてるのと、前後スプロケットがむき出しなのが相まって、ちょっとカスタム車っぽいね。

フェンダーのぶん空間が開き、ケツがよりカチ上がって見えるから、さらにオフロードフレーバーが増した気がする。

フェンダーないと雨の日が鬱陶しいから、これも2~3日して満足したら戻すけどね。



……たぶん。



e0086244_15251325.jpg

とりあえず、そんな感じで。


 


[PR]
by noreturnrydeen | 2017-03-08 16:09 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ