<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 


前回やったマスキング塗装(http://rugnarok.exblog.jp/23327066/

その最終工程、クリア塗装&取り付けを、昨日今日でやった。

月末月初のクソ忙しいときに限って、色々やりたくなるのはいつものこと。



つわけでまずは、昨日の話から。



e0086244_13254820.jpg
貼り付けたマスキングテープのフチが、裏側でこんな風になってる。

これだと簡単に剥がれてしまうので、このフチを養生した。

つっても、いつものブチルテープを貼り付けるだけ。



e0086244_13255614.jpg
養生完了。

白い方の見た目はアレだが、まあ、剥がれなければいいんだし、必要充分だ。

凝ってもどうせ見えないしね(・∀・)



e0086244_13260237.jpg
あまってたイスにそれぞれ固定して、塗装の準備。



e0086244_13261084.jpg
今回のウレタンクリアーは面白い形をしてた。

このケツのピンを押し込むと、二液が混ざって反応し、硬化するらしい。

なので缶のウレタンクリアは、基本、使いきり



e0086244_13261782.jpg
バシっと厚塗りが、ウレタンの基本。

クリアを吹いて艶(つや)が出たら、テキトーに貼ったテープのシワが目立つようになった。

でも模様が模様なので、「まあ、こんなもんなのかな?」とごまかせる程度。



これ、単色のテープだったら絶対ダメだね。

つーか単色だったら「テープのフチが目立つ」わけで、ハナから使わないね。

迷彩塗装バンザイ!ヽ(・∀・)ノ






そして本日、24時間置いて塗装の乾いたカウルを取り付ける。

e0086244_13262346.jpg
すっかり乾いて落ち着いた、シティカモカウル。



e0086244_13263105.jpg
必要なモノを取り付けて。



e0086244_13263852.jpg
車体に取り付ける。

単品で見たときと比べると、思ったより迷彩がうるさく感じなかった。

ハンドガードとかフェンダーまでやったら、ちょっとうるさかったかもね。



ま、メンドーだから、そんなんぜってーやんないけどね(・∀・)

e0086244_13265052.jpg
タンクカバーの取り付けで、プラワッシャーを入れ忘れ、ネジの周囲のテープが竜巻状によじれた。

失敗っつー失敗は、それくらいかな。

いや、シワだのヨレだのは、最初から織り込み済みだから。



e0086244_13265641.jpg
つわけで、マスキングテープによる、イージーペイントは……まあ、成功かな?

俺は性格的にあれだけど、「テープの貼り方」をもう少し慎重にやれば、あんがい悪くない感じ。

テープ貼り(数十分)+クリア吹き(数十分)+乾燥(24時間)で終わる。



とりあえず、飽きるまではコレで乗って、飽きたらまた貼り換えよう。



そんな感じで。
 
 
 


[PR]
by noreturnrydeen | 2015-06-30 19:48 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 

「ユリシーズの色、変えてーなぁ」

ふと、そんな風に思ったんだが、如何(いかん)せん俺は、無類の塗装ベタ。

忍耐力ねぇのが原因なんだが、まあ塗装の上手くいった試しがない。



で、牧場に転がってる白と黒の「予備タンクカバー」のうち、黒い方。

暑くて使わないうちに、セットの黒カウルを白く塗っちゃったので、出番がない。

この「黒外装コンビ(カウルは白だけど)」を使って、別カラーのセットを作りたい。



さらに、俺の絶望的な塗装スキルでも、失敗しない方法を考えよう。

ちなみに、「大きな一枚モノのカッティングシート」は失敗した(´・ω・`)

しばらく考えて、トンチがひらめくマイトガイ。



早速、モノを発注する。

e0086244_16405185.jpg
シティカモ柄の「マスキングテープ」だ。



マスキングテープってのは、横には切れやすいが縦には強く、作業しやすい。

また、マスキングに使うくらいだから、当然、塗料が浸み込んで下地を汚すこともない。

しかも安価なので、飽きたら塗装ごと、びりびりっと剥がせる。



「これをカウルに貼って、上からウレタンクリアーでいけるんじゃないか?」



これが俺の思いついた、バカでも失敗しない塗装方法である。

いや、まだ試してないから「失敗しないだろう」塗装方法である。

つわけで、マスキングテープを貼ってみる。

e0086244_16410208.jpg
かなりテキトーなんだが、カモフラ柄のおかげで、まったく目立たない。

「これはいける」と手ごたえを感じたマイトガイ。

牧場から黒いタンクカバーを引っ張り出してくる。


e0086244_16411365.jpg
コレが次の犠牲者だ。

カウルの方はヘタクソな自家塗装でベースが白だった。

対してこっちはベースが黒なので、色味の変化がどうなるかなぁと心配はある。



が、まあ細かいことを気にしても仕方ないので、ガンガン貼り付けてゆこう。

e0086244_16412252.jpg
こんな感じで貼り付けてゆく。

ちょっとシワが出たり、隙間が開いても気にしないで、とにかく貼ってゆく。

疑問を持ったり、不安に立ち止まったら、そこで試合終了だ。



e0086244_16412941.jpg
どうにか、貼り付け終わった。

やはりベースカラーの違いで色味に差が出るが、思ったほどじゃなかった。

タンクの方が暗い感じだけど、まあ、これなら文句はない。



やってみてダメなら、またテープ買って貼りなおせばいいだけだし。



つわけで、次回はウレタンクリアーの塗装。

上手くいったら、ウレタンクリアー箱買いしようかな。

そんなかんじで。



 


[PR]
by noreturnrydeen | 2015-06-26 19:30 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 


つわけで、KLXのドレンボルトと、ついでにカブも、メンテナンスしてやるのだが。

ここんとこ気圧の変化が激しいせいか、比較的、仕事が忙しい。

朝から、ずいぶんと患者さんを待たせちゃいつつ、必死こいて治療&カルテ書き。

e0086244_16093890.jpg
事故って毎日通ってきてる、ユウヒの後輩「コーダイくん」を送り出したら、ちょっと時間が空いたので。



エリック牧場(治療院ウラのパーツ置き場)へ行って、遊んでるネジを引き出しごと持ってくる。

e0086244_15583261.jpg
だいたい10年分くらいの、あまったネジが詰め込まれた引き出し。



e0086244_15585438.jpg
よさそうなネジとワッシャをいくつか見繕って、リュックサックに放り込んだら。

仕事がはねてから、オモテに出てメンテナンスを開始する。

とは言え「オイルの買い置き」がないので、とりあえずカブのチェーン調整だ。



e0086244_15590502.jpg

e0086244_15591838.jpg
調整してオイルを塗ったら、そのままカブにまたがって、久しぶりのライコランドへ。



e0086244_15593751.jpg
ライコでホンダのG2を2リッターと、使い捨ての廃油ボックスを買う。



e0086244_15595026.jpg
帰る途中で、あのあと結局63巻まで買い足した「ブリーチ」の64巻以降を買いに、16号のブックオフへ。

65巻しか売ってなかったので、まとめてネットで買うことにして、とっとと帰る。

途中でオマワリがずいぶんいたけど、交通安全週間かなんかだっけ?



e0086244_16003293.jpg
帰ってきたら、まずはカブのオイル交換。



e0086244_16011860.jpg
カブは交換時800ccなので、410mlのペットボトルに半分くらいオイルをよけてから。



e0086244_16013126.jpg
残りを注いで終了。

さて、それじゃあKLXの方を見てやるかっつんで、持ってきたネジを入れてみると。

サイズが合わなかった(´・ω・`)







KLXのドレンはM12の1.5ピッチなのだが、何を勘違いしたのかM10を持ってきてた、かみさん45歳。

仕方ないので、オイル交換とチェーン調整したばかりのカブに乗って、近所のホームセンターへ。

M12の1.5なんて、どうせ腐るほど置いてあるだろう。

e0086244_16015770.jpg
M12のピッチが1.75しかなかった(´・ω・`)

こらあ、もう一度ライコへ行くしかないな。

んで、万が一ライコにもなかったら、そのまま白井のジョイフルまで、ショートツーリングとしゃれ込もう。



そう決めたらとたんに、ワクワクしてくるマイトガイ。



ニッコニコで走り出し、裏道をうねうね走ってライコランド(二回目)へ。

店員を捕まえて、「ドレンボルトあります?」つーと、にっこりうなずいてドレン売り場へ。

なんかちょっと悔しい思いを感じつつ、ドレンボルトを買って帰る。



つーかさ、幾らマグネット入りだか知らんけど、

e0086244_16020858.jpg
一本1000円もするのな、ドレンボルトって。






e0086244_16070426.jpg
昨日帰ってきた段階で、こんな状態だったので、KLXのオイルはほとんど出切ってる。

なので、ドレンボルトを締めてやったら。

あとは1リッター缶のG2を、まるまる流し込んでやるだけだ。

e0086244_16021859.jpg
最後に、エンジンかけてイオンをチェックしたら、作業完了。






つわけで、とんだ大騒ぎとなったKLXのドレンボルト騒動も、これにて閉幕。

オイルをぶちまけちゃったので、昨日帰ったとき、砂でもまきに出直そうと思ったら。

大雨がいいだけ降ってきたので、「これで流れんべ」と、結局、行かなかった。



なので今日、念のために事故った場所へ出向いてみた。

e0086244_16023215.jpg
思ったとおり、直線の最後の方でボルトが外れたようで、オイル痕が長く残っている。

「ありゃー、流れてないか。こら、砂まかないとだめかな?」

などと思いつつ、ためしに手でこすってみた。

e0086244_16025244.jpg
すると、色は残ってるものの、「滑る感じ」はまったくなかったので、ほっとため息をつく。

どうやらこれなら、事故を誘発することもなさそうだ。

このせいで誰かが事故っちゃ、その人にも申し訳ないし、俺も寝覚めが悪いからね。



e0086244_16030845.jpg

単車ってのは、自立できない乗り物だ。

俺みたいな下手くそはもちろん、どんなに上手なやつだって、転ぶときは転ぶ。

みんなもホント気をつけて、楽しく走ってくれよな?



そんな感じで。


 
 
 

[PR]
by noreturnrydeen | 2015-06-24 16:05 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 

土曜日のトラブルは、結局、バッテリの劣化が原因だったのだが。

昨日まで走れたのに、急にエンジンがかからなくなるのはいただけない。

少なくとも、安心して通勤に使えない。



つわけで、ふたつほど対策してやることにした。



ひとつは、ジャンプスターターの購入。

e0086244_13081356.jpg
最近のはモバイルバッテリーと同じで、とても小さく軽い。

これなら、リュックに入れて持ち歩いてもいいかな。

バッテリーとコードだけなら、それほど荷物にもならなそうだし。



もっとも、すでにひとつモバイルバッテリ持ち歩いてるんだけど(・∀・)



もうひとつの対処は、アーシング。

国産バイクだと、効果のあるなしで都市伝説みたいになってたりするけど。

ビューエルの場合はノーマルでも、ゴツいアーシングされてるから、効果あるはず。

e0086244_12590577.jpg
エリック牧場(職場ウラ)じゃなく、久しぶりに自宅で作業。

エンジンかからねぇんじゃ、運びようがないからね。

シートを外してみたら、良さ気な場所がなかったので、さらにエアクリーナボックスも外す。



e0086244_12591864.jpg
アーシングケーブルは、モノタロウで買った。


e0086244_12592410.jpg
シリンダーヘッドあたりに付けたかったんだが、ケーブル長とかネジの場所の関係でここへ。

んで、古いバッテリつないで試してみたら、始動までは行かないけどセルの回りが力強くなった。

なのでやっぱり、効果あるようだ。



e0086244_12593262.jpg
それから、新しいバッテリを用意する。

いつもの台湾ユアサYTX14-BSに、液注して一時間ほど置いてから補充電。

んで今朝、仕事行くのにセルを回してみたら、何事もなかったかのようにエンジンがかかった。



もっと大容量で劣化が遅く、しかも寒さに強いバッテリ、出ないかなぁ。






あと、ついでにバーパッドも交換した。
e0086244_1782961.jpg
もともとプロテーパのハンドルについてたパッドは、色合いが黒+黄。

マスターやスイッチが赤で、タンクの文字が青だから、ちょっとクレイジーな色合いになってた。

走りに支障は当然ないけど、なんとなくヤだったので、赤いパッドを入れる。



e0086244_13000813.jpg
ジータあんますきじゃないんだけど、値段が安かった。



e0086244_13001434.jpg
入れてみたら、悪くはないけど、これもこれでクレイジーな感じ。

近いうちにタンクカバーを、牧場で遊んでる「無地の白」にしようと思う。

あんまカラフルなのは「俺のっぽくない」からね(・∀・)



そんな感じで。


 
 
 


[PR]
by noreturnrydeen | 2015-06-18 13:01 | メンテナンス・カスタム | Trackback

時には単車の話を

 
 
正月に事故って以来ようやく、タカシのバイクが帰ってきた。
 
e0086244_13205299.jpg
ストリートファイターになって(・∀・)

事故ろうが、盗まれようが、また事故ろうが。

こうして、「当たり前」の顔して走り出すタカシに、俺も嬉しくなってしまう。



「単車がなければ生きられない」とは言わないが、生きる意味は薄くなる。



そんな「同類」が走り出せたことは、素直に嬉しい。

細かいことはどうでもいい。

俺たちは単車に乗って走り出すことで、何とか生きてるのだ。

e0086244_13210990.jpg
つわけで、そのお祝いがてら、いつものように呑んだくれる。



つってもタカシはまだリハビリ中だし、俺はお歳を召してすっかり弱くなったので。

本当にかるーく呑みながら、ただ、ひたすら単車の話をした。

山賊だの普段の宴会だと色んな話をするんだが、今日は本当に「ただ単車の話」だけ。



エンジン、タイア、サスペンション。

速さ、道、旅。

乗り方、関わり方、生き方。



淡々と酒盃を傾けながら、鉄の馬が与えてくれる幸せについて語り合う、至福の時間。

e0086244_13211736.jpg
それに飽いたら、motoGPの前身であるGP500の動画を見たり。

バイクの映画をBGM(BGV?)に、飽きたはずの単車の話でまた盛り上がり。

生きて、単車に乗れることを、神様や時代やダチどもに感謝して。



アルコールが少なめのぶん、濃密に話せた気がする。



つっても俺はやっぱり酔っ払って、最後は潰れかけてたりしたんだけどwww

タカシ、楽しい時間をありがとう。

こんだお互いの「白いストリートファイター」の上、言葉じゃなく走りで語り合おうな(・∀・)

e0086244_13212832.jpg
そんな感じで。


 
 
 


[PR]
by noreturnrydeen | 2015-06-06 13:19 | 雑記 | Trackback
 
 
理由や細かい経緯は知らない。

ただ、俺の朋友が「二週続けてやるぞ」と言うのだから、やるだけだ。

つわけで6月13日(土)と、翌週6月20日(土)の二週連続で山賊やる。
 
 
 
6月13日は、秩父の河原

6月20日は、角渕キャンプ場

俺はどっちも夕方から参加する。



ちょうど、オイル交換したばっかりだし、KLX125で行くかな。

e0086244_22420714.jpg
それともメンドーだからユリシーズで行くか。

まだ決めてないけど、とりあえずそんな感じで。
 
 
 




[PR]
by noreturnrydeen | 2015-06-02 22:44 | 雑記 | Trackback

アーカイブ


by かみ