<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

KLX125 ライトカウル交換

 
 
初めて見たときから、気に入らなかった。

なにがって、KLX125の顔だ。

気に入らない顔じゃ愛せないので、いずれ換えてやろうとは思っていた。



んで今回、ちょっと気に入ったスタイルの出物があったんで、早速購入。

それが午前中に着荷したので、午後からエリック牧場で顔の交換をした。

ま、大騒ぎするほど派手な作業でもないんだけど。

e0086244_15193768.jpg

オークションでコミコミ4000円の、安物ライトカウル。

デイトナのユーロを買おうと思ってたんだが、アレより小ぶりなのでこっちにした。

半額くらいだし(・∀・)



が、このライト、さすがに怪しげなだけあって、見たことねぇバルブがついてる。

e0086244_15194144.jpg

でっかいし明るそうだからコレでもいいかと思ったんだが。

いざ、キレた時に「改めて加工する」のは面倒だから、今のうちにやっておこう。

つわけで、H4のバルブが使えるように、早速、改造する。



でけた。

e0086244_15194641.jpg

数ミリほどバルブが中に引っ込む形になるので、配光がもしかしたらダメかも。

ま、そのときはそのときで、また何か考えよう。

つーか今日は明るいうちだから、ライトの確認とか出来ねぇし。






取り付けはゴムバンドなので、ものの数分で終わる。

e0086244_15195150.jpg

左がノーマルで、右が今回買ったライトカウル。

明らかに地味だが、この小顔っぷりが欲しかった。

e0086244_15195621.jpg

さて、コレで完成かなと思ったが、よく見てみると、どうも上に向きすぎてる気がする。

試しに壁際までもってってライトをつけたら、案の定、思いっきり上向き。

コレはさすがにないな、つわけで、カウルの下を切り飛ばす。



カッターで切り飛ばして、適当に調整。

e0086244_1520054.jpg

さらに地味な顔になったが、光軸の方はまあ、ソコソコだろう。

あとは暗くなってみないと、確認のしようがない。

明日の帰りにでも、「カッター持って試乗」だね。



捕まったら、なんてイイワケしようかな(´・ω・`)



e0086244_1520498.jpg

この角度だと、切り飛ばして下を向いたのがわかるかな?

ま、俺以外には、基本的にどうでもいい話だよね。



e0086244_1520970.jpg

シュっとしたケツとあいまって、ちょっと戦闘的な感じになった。

本当にそうか? と思うやつもいるだろうが、こんなもん、「言ったもん勝ち」だ。

つわけで、戦闘的になったと言い切るよ、俺は(`・ω・´)



e0086244_15201390.jpg

飽きて他の顔に変えるそのときまで、とりあえず「かみのKLX」は、この顔。

そんな感じで(´▽`)



 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-07-30 15:39 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
 
最後の患者さん、ゴーを治療したあと。

ヤマト運輸に電話して、モノが「こっちへ配送に向かってる」ことを確認。

そう、発注してたフロントタイアチューブだ。



午後一時半ころ、ヤマトが到着したので。

早速、チューブ交換にとりかかる。

ゴーとバカ話しながらやってたので、写真撮るの忘れてた。

e0086244_16312822.jpg

慎重に作業したので、さすがに今回はパンクなし。



そしたら次は、同時に発注してたパーツの取り付けにかかる。

e0086244_16311799.jpg

ロングクラッチケーブルと、ロングリアフェンダーだ。






まずはクラッチケーブル。

今のままでも基本的には、普通に使えるんだけど、ひとつ問題があって。

ユリシーズの「お古を加工」して使ってたので、ケーブル調整の金具が配線に当たり。

e0086244_1633685.jpg

当たった部分が擦れてボロボロになってしまった。

プラスチックカバーがあるから、大丈夫っちゃ大丈夫なんだが、精神衛生上よろしくない。

なので、発注してたロングケーブルに交換する。



「車種専用」、しかも「国産車用」の「日本製」なので、苦労なんぞこれっぱかしもするわけなく。

e0086244_16313344.jpg

あっというまに、取り付け完了。

取り回しも長さも、もちろん全く問題ない。

あっけなさ過ぎて、逆に不安になるほど。






そしたら今度は、ロングリアフェンダーの取り付け。

e0086244_174956.jpg

長さはこれくらい違う。

ノーマルと比較すると、かなりシュっとするはず。

んで、これもボルトオンなので、取り付けそのものは、すぐに済んだのだが……



かなり大きな問題が発生してしまった。

e0086244_16331098.jpg

「キャリアつけたくねぇ」



ケツがシュっとしたのを見たら、キャリア装着(つ)けたくなくなった

なので、次回のケモまでつけずに、このままで行くことにした。

つーか、ナンバープレートも付けたくないよ(´・ω・`)






つわけで、タイア交換とちょっとしたカスタムは、これにて終了。

e0086244_16331463.jpg

だけど、フェンダーを変えたおかげで、なんとなく「色々やりたく」なってきた。

とりあえず顔をも少し小さく、もしくはゼッケンにして。

ナンバープレートを、どこかに移設したいと思う。



個人的には……











e0086244_16571229.jpg

ここに付けたいんだけど……ダメだろうなぁ(´・ω・`)



 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-07-26 17:06 | メンテナンス・カスタム | Trackback

KLX125 タイア交換と少佐

 
 
実はずいぶん前に、KLXのタイアを買ってあった。

e0086244_15512284.jpg

KLX125の純正でもある、ダンロップD605だ。

あ? なに? ああ、後ろのタイア?

気にするな。



e0086244_15513131.jpg

減りはちょっと早いが、オンオフにバランスの取れた、いいタイアだ。

ランツァのころから何度か履いてるし、各社のOEMになってることも多い。

いや、だから、後は気にするなって。






わかったよ。

そうだよ、買ったんだよ。

e0086244_15513797.jpg

IRCの iX-09Wだよ。

しょうがないだろ、トラタイア履けないんだから!

せめて、モトクロタイアくらい履かせろよヽ(`Д´)ノ






でまあ、それはともかく。

今日は弟が遊びに来るんだが、それまで時間がある。

天気は相変わらず暑いが、それでも少しは雲が出てきた。



よろしい、ならば「タイア交換」だ。



つわけで仕事がハネるなり、エリック牧場へ繰り出し、KLXをジャッキアップする。

と。

なんか見たくない画が見えた。

e0086244_15591341.jpg

スキッドプレートが、おっ外れてる(´・ω・`)

「ぬう、いつの間に……まあ、とりあえず、タイア交換を終わらせてからやろう」

気を取り直して、タイア交換作業へ。



アクスルを外し、フロントホイールを外したら。

e0086244_1559571.jpg

レバーを突っ込んで、タイアを外す。

ビードが柔らかいから、そんなに手間な作業じゃないが、やっぱり暑い。

干からびてヘコミながらチューブを外し、タイアを交換したら、元通りに組むだけ。



「よーし、終わり! そんじゃ空気を入れて、スキッドプレートをやるか」



空気、入らない(´・ω・`)



そう、いわゆるパンクだ。

組み付け作業の時にでも、レバーでチューブをこじったんだろう。

しゅーしゅーとエアが漏れてる音がするのを聞きながら、肩を落とすマイトガイ。

e0086244_1634789.jpg

「せっかくココまで組んだのになぁ」

ぶーたれてても事態は好転しないので、あきらめてタイアを外す。

チューブを引っ張り出して、エアを入れてみると。



e0086244_1644786.jpg

ちょうど、エアバルブと反対側あたりに、穴が見つかった。



e0086244_1651285.jpg

ずーっとリュックに仕舞ってあった、応急用ケースの中から、パッチとセメント(接着剤)を取り出して。

紙やすりでパンク箇所を均したら、セメントを塗りたくって放置。

e0086244_166362.jpg

セメントが乾くのを待ち、パッチを貼って、ハンマーで叩いて圧着させたら。

「やれやれ、どうにか直ったぞ」

ため息をつきながら、あらためてエアを入れてやる。



しゅーしゅー



入らない。



「マジか、もう一箇所あったのか? それともパッチが上手くくっ付いてなかったか?」



ガッカリしながら、またチューブを取り出してみると。

どうやら、修理の仕方が甘かったようだ。

パッチがちょっとはがれてる。

e0086244_1610112.jpg

失敗したパッチを剥がしてから、あらためて別のを貼りなおし。



e0086244_16102269.jpg

さっきの数倍も、ひたすらプラハンで叩く。

ところがこのパッチ、ずーっと放っておいたからか、薄いビニールがはがれてこない。

さっきのはちゃんと貼れたのに、なんだってんだ?



仕方なく、叩いて叩いてタタキまくり。

e0086244_16111760.jpg

ビニールがボロボロになって、はがれてくるまでタタキまくった。



これでさすがに、しっかりくっ付いただろう。

ようやく胸をなでおろし、大きなため息を付いたあと。

エアを入れてみると、今度はようやく入ってくれた。



「よかったー! えらい手間取っちゃったなぁ」

安堵の表情で、フロントホイールの組みつけに入る。

各部をグリスアップして、アクスルを差込み、ネジを締め終わった……その瞬間。



くぎゅぎゅ……っと「変な音」がしたかと思ったら。



しゅーしゅーしゅー!



「うっそだろ! マジでか? マジでなのか?」



天を仰ぐ俺の足元で、思いっきりエアーの漏れる音が響く。






「大隊指揮官殿、三回目のエアもれであります!」

「キサマはまだ、パンク修理をやる気力があるか?」

「はい、指揮官殿。まったく完全にやる気がありません」


「完全無欠の新しいチューブを望むか! 嵐のような新品を望むか!」

「新品! 新品! 新品! 新品! 新品! 新品!」

「よろしい、ならば通販だ」



脳内で少佐とともに結論を出した俺は。

のろのろと工具類を仕舞うと、KLXを移動して、ユリシーズを引っ張り出す。

それから冷房の聞いた院内に戻り、パソコンの前にどっかりと座った。



もちろん、新しいチューブを買うために。
e0086244_16214874.jpg





 
 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-07-23 16:30 | メンテナンス・カスタム | Trackback

いれかえ

 
 
朝イチ、ユリシーズにまたがって職場へ向かっていると。

一瞬コーションランプがついた後、ウインカーが点灯(つ)かなくなった

振動か何かで、どっかがショートしたのだろうか。



職場についてヒューズをチェックすると、アクセサリーが飛んでた。



ヒューズを入れ替えて、「まだだ、まだ終わらんよ!」とつぶやく44歳。

日曜日にゴーと、他のバイクの話をしたから、スネたのかなぁ。

結局、「新しいの買うくらいなら、部品取りのビューエルを買う」って結論だったのになぁ。






「とりあえず様子を見ながら、頻発するようなら配線のチェックだな」

ゲンナリしてると、横でカバーをかけて眠ってる単車に目が行く。

「そういやKLXも、ここんとこ乗ってないよなぁ」と思ったら。



急にいろいろ心配になってきた。



FIだから、「エンジンがかからん」ってことはないだろうが、サビやヤレは乗らない方が進む

e0086244_16104325.jpg

つわけで、ユリの電装も心配だが、とりあえず車両のいれかえをした。

俺は「メンタルが豆腐」なので、気になっちゃうと昼寝も出来なるなるのだ。

入れ替えて、それじゃあとエンジンをかけてみると。



かからん。



セルばっかりがしゅるしゅると回り、エンジンの方はクスっとも言わない。

何度か試して、そろそろセルの回りも怪しげになってきたころ。

ようやく、何とかエンジンかかかる。



ほっと胸をなでおろし、「んだよ、頼りないインジェクションだな」と毒づいたら。

充電がてら、そのあたりを適当に走る。

30分ほど走ったところで、あまりの暑さにギブアップしたマイトガイ。



冷房の効いた室内で、おとなしく昼寝に入ったのだった。






本当は、フロントタイアの交換もしてやりたかったんだが。

この暑さの中、余計なことをしたら倒れそうだったので。

これはまた、後日に回す。たぶん、金曜日か土曜日。

e0086244_16105019.jpg

今夏はそう走りにも行けなそうだし、しばらくの間はKLXを動かしてやろう。

走るために生まれてきたのに、走れないんじゃ可哀想だからね。

つわけで今週は、「引越しの準備」の合間を縫いつつ、KLXのメンテナンス週間。



そんな感じで(・∀・)




 
 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-07-22 16:26 | 雑記 | Trackback
 
 
ようやく、今日はちょこっと涼しかったので。

気になってた、リアブレーキのパッドを交換した。

んで、ついでに、またライトをいじった。



「またかよ」と思うだろうが、うるせぇな、俺も思ってんだよっ!ヽ(`Д´)ノ



e0086244_13493791.jpg

ブレーキパッドは、買い置きの台湾製。

安いし特に悪くもないんだが、さすがに飽きたので、次回は違うのを買ってみるかも。

んで、パッドピンを引っこ抜いてみると。



e0086244_13494168.jpg

こちらもフロントと同じく、「段差」が出来ていた。

長持ちするパッドは、同じような位置にパッドが留まり続けるからだろうか。

毎回パッドピンを買いなおすんじゃ、かえって高くつくよなぁ(メンテナンス不足です)。



ま、リアなので、「それほど神経質にならなくてもいいだろう」と。

とりあえず、パッドピンは再使用の方向で。

次回は、きちんと取り替えるつもりだ。

e0086244_13494565.jpg

ネジ部分にカッパーコンパウンドを塗って、締めこんだら完了。






と、ここで、九月に迫った車検へ、思いを馳せる44歳。

「どうも、二眼の光軸が出てる気がしないから、ノーマルに戻してみるか」

つわけで、ライト一式をノーマルに戻してみる。



ただし、H4二眼は明るくて気に入ってるので、配線を残したい。

なので、エリック牧場に転がってた、「H4のオス端子」を利用し。

e0086244_13494991.jpg

H4からH7(ユリシーズノーマル)へ、配線を分けるようにしてみた。



これなら車検が終わり次第、すぐに「H4二眼」へ戻すことが出来る。

配線が済んだら、なれたライトは昼間でもだいたいの光軸が出せるので。

適当に光の位置を合わせて終了。



e0086244_13495337.jpg

つーか、ノーマルのライトアッセンブリー、バッカみてぇに軽いのな。

組み込もうと持ち上げた瞬間、あまりの軽さに思わず笑っちゃったよ。

んで、帰りに通勤路のツイスト走ってみたら、これまた大笑い。



ヒラッヒラのハンドリングは、ライトが暗いのを差し引いても、実に楽しい。



昔、メカニックさんの話なんかで、「そんなに違うのか?」と疑ってたけど。

実際に色々変えてみると、ライト周りの軽さってのは、本当に違うんだと実感できた。

車検までとか思ったけど、このままでいいかもしれない(`・ω・´)



そんな感じで(・∀・)




 
 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-07-18 13:49 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
 
患者さんのAくんが、新車の慣らしがてら治療に来た。

e0086244_156560.jpg

ドカティ848はR750(L0~1)からの乗り換え。



e0086244_15607.jpg

なんだかんだ、造形の美しさはドカティだなぁと感心しつつ。

Aくんが帰り、最後の患者さんを治療し終えたら、久しぶりにユリシーズのメンテ。

オーバーホールしたサスも動きがよくなってきたので、セットも全抜きから変えてみよう。




張り切って作業服に着替え、意気揚々エリック牧場へ繰り出してみると。

e0086244_1552298.jpg

エアダクトの塗装がはげてる。

前の持ち主が、きちんと足付けをしないで塗ったようだ。

こら、塗りなおしてやらなくちゃなぁってところなんだが。



如何せん、今日は台風一過でクソ暑い「完璧な真夏日」の松戸方面。



塗装なんかしてたら、干からびて死んじゃうので、塗装は後日の課題に残す。

牧場をほっくりかえして、ノーマルのエアダクトを引っ張り出し。

e0086244_1552998.jpg

T27トルクスのナベネジ三つで交換終了。



それから、こないだ調整したチェーンの張りをチェックし。

ついでに、チェーンカバーとアンダートレイを取っ払う。

e0086244_1553463.jpg

実はドリブンスプロケットがそろそろ限界で、交換してやらなくちゃならない。



車検の前までがんばって、いったんベルトドライブに戻し、車検を通すか。

その前に新しいチェーンとスプロケ(購入済み)に交換しちゃうか、

どちらとも決めかねてる現状なのだが、どっちにしても、ここは外すことになる。



なので、マメに目視してやる意味もこめて、取っ払っておくのだ。






アンダートレイを取っ払ったら、マフラーのサビが目に付いた。

e0086244_1553889.jpg

洗浄油とブラシでさびを落とし、様子を見ながらダメなら塗装してやろう。

最後に、チェーンオイルを注して、各可動部分の注油や、緩みやすい場所の増し締め。

ひと通り終わったところで、工具を仕舞って服を着替え。



いつもの通勤路で、サスペンションのセッティング変更。






昨夜、しんごにもらった「カス虎」で復習したことを思い出しながら。

プリロードのセットを中心に、ある程度、納得できるまで調整する。

ユリシーズは前後ともプリの変更が簡単だから助かるよ(´▽`)



最終的に、フロントケガキ線五本目、リアH←→Sのほぼ中間地点でプリを決め。

前後とも圧側減衰を2回転戻しの柔らか設定。

伸び側はフロント2戻し、リア1.5戻し。



つんのめったディメンションから考えると、少しリアが固めの設定。

つっても、俺以外が乗ったら、「バカじゃねぇの?」って言うだろう、ふわふわの柔らかセットだけど。

しばらく通勤で様子を見つつ、リアの伸びをメインに調整してゆくつもり。



と、ここまでやったところで、あまりの暑さにギブアップの44歳。



おとなしくウチに帰って、一杯ひっかけながら、主夫仕事に邁進(まいしん)するのだった。

e0086244_1554235.jpg

今月は引越し関係で忙しいから、走りにいけない。

八月もどうやら、夏休みが引越しで潰れる可能性大だ。

なのでそのぶん、通勤向きのセットにしたから、毎日、楽しんで乗ろうと思う。



そんな感じで。





 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-07-12 15:50 | メンテナンス・カスタム | Trackback

のんだくれ

 
 
水曜日は仕事が半日。

帰ったら自転車に乗ろうか、小説の続きでも書こうか。

そんな感じで仕事してたら、タカシから「今日、行っていいですか?」とメール。



自転車も小説も、この段階でナシになった(・∀・)



終了の五分前、GSX‐R750の排気音が聞こえてくる。

仕度をしてオモテに出たら、「遠回りして帰ろう」と宣言し。

久しぶりに、タカシとふたりで走り出す。



筑波まで出ようかと思ったら、バカみてぇに暑いじゃねぇの。

んじゃ、テキトーに近所を流して、帰って呑んだくれよう。

もちろん、安全運転でのんびりとね(・∀・)

e0086244_12222474.jpg

ウラ道を走りつつ、ときどきミラーを見るも、タカシはべったりついて来る。

クソ曲がりのトコはさすがにアレだが、中高速はもう、突っつかれ放題だ。

嬉しくなりながら、「もう、『速くなったな』とか、上からモノ言うのやめよう」と心に誓う。



いや、上から言ってるつもりはねぇんだけど、そう聞こえるからね。






ふたりしてニコニコゲラゲラ笑いながら、帰宅路を楽しんだら。

俺んちで呑んだくれタイム。

途中、買い出しに行ったりしつつ、家でクダ巻きながらビール、焼酎と干してゆく。

e0086244_12223054.jpg

タカシの「お土産その1」、自転車のパーツカタログと、懐かしき「ヤングギター」ラウドネス特集。

俺がガキのころから聞いてたバンドを、タカシが気に入って聞いてるってのが、なんか嬉しい。

ラウドネス・ネバーダイ(`・ω・´)



e0086244_12223461.jpg

同じく「お土産その2」、レースのDVDと、ラウドネスの新譜そのほか。

雑誌も新譜もすぐにチェックしたいところだが、俺はあえて手を伸ばさない。

せっかくタカシが来てるので、まずは「呑みながら話をしたい」と思ったのだ。






バイク、音楽、酒、仕事、男、女。



息子みたいな年齢の若者と、呑みながら色んな話をできるってのは、本当に楽しい。

自分の感性や思考と、タカシのそれとの、同調する部分や差異を確認し。

それに対しての見解や意見を言い合い。



そしてもちろん、くだらねぇバカ話をしてゲラゲラ笑い転げ。



かみさん、いつものごとく、やがて泥酔してぶっ潰れる。

同じようなペースで呑み、同じようなことに興味や愛情を抱く若者と、酒盃を交わして笑うのだ。

呑みすぎるなってのが、無理な相談だ。






いつの間にか寝オチして、起きたら深夜の何時だったか。

床に転がって同じように潰れてるタカシの姿に、思わず笑みがこぼれる。

トイレに行ってウーロン茶をがぶ飲みして、さて、明日は仕事だからもちっと寝とくか。



そんな感じの、幸せな半日休だった(・∀・)

e0086244_12223977.jpg

ダチと走って、そのあと呑む酒の美味さ、楽しさってのは、筆舌にしがたい。

これからも、こんな時間をたくさん持てるといいなぁ。

そんな風に思いながら、俺はあらためて、ベッドにもぐりこんだのだった。




/了
 
 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-07-02 12:21 | 雑記 | Trackback

アーカイブ


by かみ