<   2014年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

タカシック・ファイル

 
 
前日、タカシからメールが入って、「遊びに行っていいですか?」とのこと。

もちろん快諾した翌日、水曜の半日仕事をしてると、表にエンジン音が聞こえてきた。

タカシのR750の音だ。

e0086244_12403610.jpg

家に来るのかと思ってたから、「どっか痛いのか?」と聞くと、単に早く来ちゃっただけ。

楽しみにしててくれたようで、こっちも嬉しくなる。

仕事がハネたら、エリック牧場でユリの空気圧をチェックし、リアサスの伸びと圧を半回転しめこむ。



準備OK! さて、それじゃ走ろうか。



いつもの通勤路を通りつつ、今日は柏のSOXまで、ちょっと寄り道する。

タカシが、「ヤマハのR6にまたがってみたい」と言ってたからだ。

晴天のもと、楽しくてすでに少しニヤつきながら、俺の先導で走り出す。






街中を抜け、県道から人通りのない裏道へ。

100スピードくらいで突っ込むちょっとしたS字で、ユリ脚の具合を見ながら右へカットイン。

切り替えして左を、寝かせたままワイドオープンで立ち上がる。



直線でミラーを見ると、おや、いままでより差が開かないな。



楽しくなってきた俺は、県道をまたいで、また裏道へ。

ケツの下で車体を扱いながら、荒れた見通しの悪いうねうねを、「ほぼいつもどおりの速度」で走る。

タカシは中途半端な曲がりの処理が、ずいぶんとスムーズになった。



CBR盗まれちゃったのは残念だったけど、あの単車で走ったことは、無駄じゃなかったね。






排気量やトルク特性が違うから、立ち上がりではさすがに離れる。

だが、そのあとの直線やハンパなうねうねをしっかり開けて、次の曲がりまでに追いついてくる。

こら、ぼやっとミラーなんか見ながら走ってたら突っつかれるぞ。



ほとんど「待ち」ナシで、畑の中の田舎道を、踊るように走ってゆく。



空は青く澄み渡り、エンジンにも俺にも優しい、ほどよい気温。

気持ちよく曲がり道をすっ飛ばし、ふとミラーを見れば。

ダチのバイクが同じく嬉しそうに走ってる。



もう、楽しくて楽しくて、メットの中で笑いが止まらない。






タカシとふたり、踊るように田んぼ道を駆け抜けて。

e0086244_12404440.jpg

SOX柏に到着。



メットを取るなり、ふたりして顔を見合わせ、次の瞬間、ゲラゲラと大笑い。

文章にすると意味がわからないだろうけど、なんだか、とてつもなく気持ちよくて楽しかったのだ。

ただ一緒に走るだけで、言葉を交わさなくても、相手の言いたいことがわかる。



単車乗りだけに判る、心地よい瞬間だ。



単車を降りた俺たちは、走りの余韻にニヤつきながら店内へ。

目的のR6を見つけて、タカシがまたがらせてもらうあいだに、俺は店内を物色。

つっても、今の俺は自分のビューエル以外に興味がない。



自然と、視線は「昔、乗ってた単車たち」へ。

e0086244_12405814.jpg

旧V‐MAXと、ロケットスリー。

メーカーもエンジンも違うけど、俺の中では新型Vマより、ロケットこそが正当なVマの後継者だ。

ドでかい塊がすっ飛んでゆく怒涛の加速は、今でもなかなかに忘れがたい。



e0086244_12405357.jpg

M109Rのホワイト。

バンク角はカケラもなかったけど、コレも気持ちのいいエンジンだった。

エンジンと脚がいいから、どうしても「他を欲張りたくなっちゃう」ところが、唯一の欠点かな。



e0086244_12411248.jpg

新型ハヤブサ。Vマと同じく、高級路線に行っちゃったのは残念だった。

旧型よりやさしくて、遠くへ行くなら今でもたぶん、コレがイチバン速くて楽だろう。

でも、「半日で山口」なんて、もう、ぜってーできねぇだろうなぁ(´・ω・`)



ちなみに隣のアグスタ750は、限定モデルの新車で、お値段500万円以上www






タカシがまだR6を検分してるので、表に出てバイクを見物。

すると、面白いバイクがあったので、思わず写真を撮る。

e0086244_12411939.jpg

奥のレース仕様のR1000もいいけど、手前のスティード(?)が秀逸。

黄色線で囲った部分がわかるだろうか?

このスピードメーターのレイアウト、ちょっとガッツありすぎwww



やがてR6の検分が終わったので、となりのジェーソン(安売りスーパー)へ移動。

ジャックダニエルと缶チューハイをしこたま買い込んだら。

さて、帰って宴会しよう!






戻ってきたら、洗い物や風呂掃除をする。

その間にタカシが、持ってきてくれた「ドラゴンフォース」のCDを取り込み。

ひととおり終わったところで、それじゃあカンパイ!



ビールを二本呑んでから、早速、ジャックダニエルへ移行し、ガンガン呑む。



単車の乗り方、タイア、マフラーの素材と、相も変わらずバイクネタ。

栃木のマル、房総のいろは、大阪のムラタ、名古屋のフラ、バカ単車乗りと走った話。

日本全国の峠、曲がり道、景色のいいところへツーリングって話。



弟つーか、調子よかったら息子つってもおかしくない若者と。

大好きな酒を呑みながら、大好きな単車の話をし、真面目だったり、大笑いしたり。

その合間にも、酒は水のように、胃袋の中へと消えてゆく。



実にステキな午後だった。



いいだけ呑んだくれ、(俺が)途中でツブれたりしながら。

小腹が空いたところで、近所のラーメン屋へ出かける。

e0086244_12412887.jpg

脂多めのトンコツラーメンをがっちり食って、腹いっぱい。

戻ってまたバカ話して、そろそろ日付が変るころ。

途中から呑んでなかったタカシは、相変わらずさわやかな笑顔で帰っていった。



タカシ、こんだ晴れた峠道を走りに行こうな!ヽ(・∀・)ノ




タカシック・ファイル/了


 
 
 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-01-29 12:40 | エンカイ | Trackback
 
 
「このハンドカバー、加工しないとカブに付かないんだって」

「へぇ」

「つけて」

「はい」



つわけで休日の昼ころ、

e0086244_16473233.jpg

駐輪場で、ハンカバの取り付け作業を始めたマイトガイ。

シートに乗っかってるのが、ナオミさんのお気に召したハンカバ。

ユニカー工業の、ミニバイク用防寒ハンドルカバー。



情報を調べた本人によると、加工しなければ付かないとのことだが……

e0086244_16473912.jpg

うむ、確かにこのままではムリっぽい。

なので、ジャマな部分を切り飛ばしたり、折り込んだり、引っ張ったり。

かみさん得意の「現物合わせ」全開で、試行錯誤しつつ取り付ける。



e0086244_16474817.jpg

なんとか付いたが、正直、かなり強引だ。

ちと気に入らないので、もしかしたら取り付けをやり直すかも知れん。

もっとも、防水加工してないらしいので、ワンシーズンで使い捨てちゃった方がいいかも。



e0086244_16475421.jpg

なお、通勤で使ってみたナオミさんによると。



「ハンカバ、どうだった?」

「ん~、フツー」



とりあえず、問題なさそうでなにより(T▽T)







 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-01-26 20:44 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
 
「加速するとき、ガガガってなるの」

「ああ、チェーンだろ。タクんとこ持ってって、交換してもら……」

「調整して」

「はい」



つわけで、カブに乗って出勤する、かみさん44歳。

一速からアクセルを多めに開けると、確かにガリガリ言う。

明らかにチェーンが緩みすぎてるんだが、それだけじゃなく、ハンドリングもなんかヘンだ。



昼休み、メンテナンスしてやる。

e0086244_1335109.jpg

センスタ掛けて、チェーン確認窓をのぞいてみると。



e0086244_13351548.jpg

伸びてるとかのレヴェルじゃねぇ。ヘタすりゃクランクケース割るぞこれ。

19ミリと14ミリでアクスルを緩め、ダブルナットの調整ネジでチェーンを張る。

作業自体は簡単だが、ジャストの位置に決めるのがめんどくさい。



アクスル締めると張りが強くなるから、それを考慮して調整すること10分。



e0086244_13352014.jpg

どうにか、ジャストの位置に調整できた。



お次はハンドリングの問題。これも原因はおよそ見当が付いてる。

e0086244_13352591.jpg

エア圧を測ってみると、見事に前後とも100kPa以下のケモ仕様。

フロント175kPa、リア280kPaの純正値までエアを入れて、ちょっと試乗してみる。

ガガガも変なハンドリングもなくなった。



簡単なので、次回は本人にやらせてみようと思う。



そんな感じで。






 
 
 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-01-23 20:27 | メンテナンス・カスタム | Trackback

速さより楽しさ

 
 
冬だから、寒い。

そんなことは百も承知、二百も合点なのだ。

今朝だって、知らないうちに雪が降ってて、

e0086244_17263017.jpg

朝一番、積もった雪に驚いたくらいなんだから。

しかも、職場のそばにある細い道がまだ凍ってて。

朝イチで待ってる患者さんの前で、盛大にケツを振ったりしたんだから(´・ω・`)






この時期、走りそのもので楽しむのが、ちとリスキーなことは間違いない。

だけど、そろそろバビっと走りに行きたい。

それも、俺のユリシーズの真骨頂、ひらひら踊るような走りをしたい。



で、「冬の通勤」仕様につけてあった、ユリシーズ顔。

e0086244_17263551.jpg

防風効果はバツグンで、寒さも凌げるし最高速も上がる。

とてもすばらしい顔なのだが、大きい分、それなりに重量がある。

空力最強のラージフライスクリーンよか少し軽いくらいなんだが、さすがに重量では「アレ」に及ばない。



そう、最強のハンドリングフェイス、まろやかカウル(XB‐S純正)だ。



冬は寒くて、一緒に走ってくれる人なんぞ、ほとんどいない。

つことは、走りに行くとしてもソロだ。

だったら追いかけっこには向かなくても、ハンドリングが死ぬほど楽しい「まろやか」がいい。






つわけで、交換してみた。

e0086244_17263914.jpg

小顔になって、ツアラーからモタードへ。

トップ160くらいしか出せない(出したくない)が、それ以下の曲がり道なら最強の顔だ。

荒れたバカ峠なんぞ、自分で言うのもアレだが、手が付けられないひらひら感を誇る。



ついでに、通勤仕様でぐにゃぐにゃにしてた脚にも、少し手を入れてやろう。

e0086244_17264423.jpg

フロントの伸びを、2回転戻しから1.5回転戻しへ。



e0086244_17264880.jpg

同じく圧側も、2から1.5へ戻して、ある程度の速度でもやれるセットにする。

リアはこの季節なので、伸び圧とも2回転戻しのまま、柔らかくしておく。

んじゃ、帰りがてらひとっ走り、脚の動きをテストしてみよう。






走り出して最初の左折で、いつものように笑いがこみ上げる。

200キログラムの車体が、ひょいっと冗談みたいに曲がるのだ。

聞き飽きただろうけど言わせてもらうと、相変わらずアタマの悪い単車だ(´▽`)



曲がり道を選びながら遠回りして、ユリシーズと一緒に踊る。



上半身に当たる風が増え、体感的には20%くらい、「まっすぐがダメ」になるんだが。

それを補って余りある、軽快でエキサイティングな曲がりっぷり。

陽が出て気温が上がってたぶん、しっかりトラクションをかけて、楽しく走れた。



今週末は、どっか曲がった道を走ってこよう。










 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-01-22 17:27 | 雑記 | Trackback
 
 
エリック牧場(ビューエルパーツ置き場)をちょっと探してみたら。

昨日、「亜空間に消えた金具」が見つかったので、クラッチケーブルの続き。

e0086244_13323615.jpg

応急でつけてたボルトを外し、ケーブルの先を加工して金具を取り付ける。



e0086244_13324149.jpg

何度か微調整したあと、ケーブルの調整ボルトをシメてアウターの長さを決めたら。



e0086244_13324753.jpg

最後にケーブルガイドを取り付けて。

ハンドルを切っても干渉したり、変な力が掛からないかを確認。

今度こそ、ケーブル取り付け完了だ。



長めだった今までより、短く取り回しがよくなったので、いくぶん、クラッチが軽く感じる。

応急タイコは抜ける危険もなくはないが、ハンダづけしちゃうと外したり付けたりが出来ない。

今回も、昨日の今日で外してるくらいだから、「うっかり」の多い俺には向かない。



つわけで、タイコはこのままでいく。

スペアのタイコとケーブルも積んでるしね(´▽`)

明日はやる気になったら、エリック牧場のかたづけをする……かもしれない。



そんな感じで。





 
 
 
 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-01-21 21:19 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
 
まいど昼休みは単車いじりの、ランチタイム・メカニック。

今日は、こないだねじ切ってしまったクラッチケーブルを、新品に交換する。

ノーマルが手に入らなかったので、スポーツスターのケーブルで代用だ。

e0086244_14373390.jpg

とは言え、共通部品が多いハーレィでも、ケーブルはポン付けできない。

写真右側、クラッチレバーに繋がる部分が、「特殊なアイレット」になってるからだ。

なので、コレを切り飛ばしてワイヤーを抜き、代わりに汎用のワイヤーを入れるのだが。



「せっかく、ぶっ太いワイヤーなのに、なんかもったいないなぁ」



と思っちゃったので、タイコの方を加工してみることにした。

汎用ワイヤーとタイコは新品があるから、もし失敗しても大丈夫。

つわけで、まずはタイコの穴を広げて、太いハーレィ用ワイヤーが通るようにする。

e0086244_14374110.jpg

クランプしてドリルで広げるだけだから、そんな手間でもない。



e0086244_14374638.jpg

広げた穴のフチにヤスリを掛けて、ワイヤーが切れないように養生。







さて、ここからはアウターケーブルの加工に入る。

基本的には「切り飛ばしてやるだけ」なんだが、コレがとってもめんどくさい。

いや、作業そのものは簡単なんだが、現物あわせで長さを調整するのが手間なのだ。

e0086244_14375497.jpg

ワイヤーを抜いて、アウターケーブルを切り飛ばし、外側のカバーをカッターで削る。

するとここで、かみさん得意の「うっかりシステム」が発動。

切っちゃ合わせ、切っちゃ合わせしてたら。

e0086244_1438089.jpg

アウターケーブルの外皮を折ってしまった。いちいち外すのが面倒で、チカラワザを使ったのが原因。



ケーブルは中に金属コイルが入ってるから、外皮が切れてても強度的な問題はない。

だが、今回ケーブル交換するのは、「もともと、オイルもれ対策だった」わけで。

なのにココが折れてたら、オイルがもる可能性が出てくる。



仕方ないので、シールテープとブチルテープで養生してやった。

e0086244_1447212.jpg

ま、これで漏れてくることはあるまい。

つーか漏れたとしても微々たるものだから、気にするほどのこともないだろう。

オイル漏れ=オイル入ってる証拠、ってのはカワサキ、ハーレィ、ビューエルの基本だ。






調整できたところで、あとは取り付けるだけなんだが。

ここで、またもや問題発生。

レバー側のケーブル固定金具が、いつもの「亜空間」へ消えてしまったのだ。



「マジかよ、また亜空間か! こら、いよいよ<牧場お片づけ大会>が必要だなぁ」



大会は後日にするとして、とりあえず応急処置に、径のあうボルトをねじ込んでやる。

e0086244_143854.jpg

一年このままだったらヨロシクないだろうが、金具が見つかるまでなら大丈夫だろう。

近いうちに牧場(ホムセン箱)をひっくり返し、パーツを整理しなくちゃならない。

メンドーだなぁ(´・ω・`)






ぶつぶつ文句言いながら、最後にプライマリオイルの交換。

e0086244_14381018.jpg

つっても前回オイルを抜いてあったので、注ぐだけの簡単作業。

1クオート全部を注いで、ものの数十秒で終わりだ。

クランクケースのふたを閉めて、各部の増し締めをして、作業終了。



試乗してみると、メカノイズがちょっと減ったかな?

ま、プラシーボかも知れん。

これでしばらくはまた、楽しくユリシーズに乗れるから、なんでもいいけどね。



そんな感じで。








 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-01-20 14:38 | メンテナンス・カスタム | Trackback

フラナガン帰還

 
 
金曜日、仕事の終わり際である午後6:50分。

携帯電話が鳴った。

発信元は、「名古屋の弟分」、フラナガンだ。



かみ 「おう、もしもし! どした?」

フラ 「お久しぶりです。今、仕事で東京に来てるんですけど、今日って遊び行っても」

かみ 「おう、もちろんだ。早く来い!」



この段階で、翌日の土曜に予定していた、バイク修理はキャンセル。

さらに言えば、土曜の仕事は「二日酔いでやる」ことが決定した。

この男が遊びに来て、呑まなかったりバイクの話をしないのは不可能なのだ。






自宅へ戻り、風呂へ入って晩飯を食ったら、PCしながらフラを待つ。

すると、俺の予測を軽くぶっちぎって、二時間たってもフラはこない。

おかしいな、と思って電話をしてみると、相変わらずのアホっぷりだった。



かみ 「おめ、どこに居んだ?」

フラ 「どこなんすかねぇ、ここ。ローソンが見えますが」

かみ 「ぎゃははは! やっぱ迷ってやがったか! なんですぐ電話しねぇんだよ!」

フラ 「いやぁ、携帯のナビ通り来たんですけどねぇ」



だったらなんで角度で45度、距離で300メーターもズレた場所に居るんだ。

埒が明かないので、電話を持ったままベランダに出たかみさん。

おそらくフラが居るだろう方向を見ながら、「音声ナビ」を始める。



かみ 「周り、ほかになんかねぇか? ああ、わかった。んじゃ、そこを右に曲がれ」

フラ 「それじゃ、○○を右手に見ながら……」

かみ 「逆だ! 左手に見て歩いて来い! 今、赤に変わった信号を背にしろ」

フラ 「あーこっちですかぁ……見た覚えがないなぁ……」

かみ 「今、自転車が通っただろ? それが行った方向へ……あ、あれか? あの人影かな?」

フラ 「自転車ですか? えーと……」

かみ 「おめ、手ぇあげてみろ」



見当をつけた人影が片手を挙げたので、ようやくクソ寒いベランダを離れる。



フラ 「あー、思い出した! わかりました! ○階ですよね?」

かみ 「×階だあほたれ! いいからとっとと来い!」



つわけで、ようやくフラナガン登場。

e0086244_20485218.jpg

仕事帰りなので、スーツなんか着てやがる。

とりあえず風呂へ入れて、暖かいものを食わせたら。

俺もようやく、酒盃を手に取った。

e0086244_20485789.jpg

カンパイして、楽しい宴会の始まりだ。



フラ 「かみさん、おみやげつーかツマミ買って来ましたよ」

かみ 「おう、ありがとう。ん? 沖縄のみやげ?」

フラ 「いや、柏で買いました」

かみ 「ぎゃははははっ!」

e0086244_2049141.jpg

いや、美味かったからいいんだけどさ(´▽`)



そこからは、呑んで喰って近況を聞いて、あとはひたすら単車の話。

途中で眠くなったナオミが引っ込んでからも、ひたすら呑んでしゃべり続ける。

俺やフラが、単車に乗るのと同じくらい、愛する時間だ。



旧型V‐MAX、新型V‐MAXを熱く語るフラに負けじと、俺もビューエルを語り。

ベロンベロンになりながら、コーナリングのアクセルワークを論じ。

タイア、グリップ、サスペンション、トラクション、話が止まる気配もなく。



いいだけ呑んだくれて話し込み、ついに目が開けてられなくなって就寝。






翌日、目を覚ました俺は、フラが起きる前に仕事へ。

仕事してると、よしなしがやってきたので治療して、ヤツはユウヒのところへ。

俺は最後の患者さんを治療してから、KLXで自宅へ向かう。



帰ると、ちょうどフラが起きてきたところだった。

フラはそのまま、タバコを買いにコンビニへゆき、俺は洗い物をかたづける。

食器を洗ってると玄関が開いて、ユウヒんトコでバイクを買ったよしなしがやってきた。

e0086244_2049668.jpg

ほどなく帰ってきたフラと、こんだ三人で宴会スタートだ。

相変わらず飽きもせず、単車の話やバカ話をして笑い、俺とフラは酒盃を干す。

翌日仕事のよしなしは、今日は泊まってゆかないので、可哀想だが呑めない。



写真のビールは、昨日俺が呑んだ空き缶だ。



三時間ほど呑みながらバカ話してから、腹が減ったのでラーメンを喰いに出る。

近所のラーメン屋は、トンコツしょうゆの背脂チャッチャ系。

ナオミが苦手なので、普段はなかなかいけないのだ。

e0086244_20491579.jpg

今回は初めて、味噌中落ち麺を喰ってみた。

トンコツベースの背脂たっぷり味噌ラーメンに、削り落としたばら肉が入っている。

コレもかなり美味しいけど、俺はしょうゆの方が好きかな。

e0086244_20491031.jpg

フラはコンビニで買ったカツサンドだの喰ってたが、俺とよしなしは朝昼抜きだったのでソッコーで喰う。

呑んでた俺はスープ残したが、よしなし先生はスープまで完食してた。

それでも足りずに、帰りがけコンビニへ寄って。

e0086244_20493017.jpg

ホットドッグかなかんか食ってた(´▽`)

そこからまた呑んで騒いでしてるうち、俺は酔っ払って寝オチ。

起きてそれぞれ好き勝手やりながら、キャンプ道具の話になったところで。



俺のキャンプイスを見せたら、フラが気に入ったつーので、半値で売りつける。

そっからキャンプやツーリングの話をしつつ、俺はお茶で休みをいれ、フラはワイン。

やがて、夜もいい時刻になり、よしなし先生は帰宅しなくちゃならない。



ユウヒんトコから買ったバイクをクルマに積んで、寒空の中、先生は帰って行った。



ハンパに寝た俺と、普段バイクの話に飢えてるフラは、元気満タンでそっからリスタート。

ワインをちまちま呑みながら、峠、旅、キャンプ、野宿、ツーリングの話。

新型バイクの話に、自分の愛機の話、単車との関わり方、生き方。



なんだかんだワインを二本カラにしつつ、朝の四時まで語り合った。






日曜の朝、起きてみるとフラはまだ寝てる。

ナオミと俺は休みの日の定番、それぞれ好き勝手に本を読んで過ごした。

やがてフラが起きてきて、帰り支度を始める。

e0086244_20493572.jpg

荷物が重い上に、昨日、俺のキャンプイスを買ったフラは、さらにまだオミヤゲを買うと言う。

なので、ウチで遊んでたキャリアをあげた。

その合間にもYou Tubeで、スカイラインだの酷道だのの動画を見ながらバカ話。



「いかん! 帰れんくなる!」



叫んだフラが立ち上がったところで、二泊三日の柏宴会も残念ながらお開き。



「お世話になりました、また!」

「おう、またよ!」



三日間、ひたすら単車の話をした中部の弟は、満足げな笑みを浮かべて帰っていった。

e0086244_20493932.jpg

フラ、たのしかったぜ! また呑んだくれて、単車の話しような(´▽`)/



 
 
フラナガン帰還/了
 
 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-01-18 20:48 | エンカイ | Trackback
 
 
プライマリーオイル交換と一緒に、昨日見つけたオイル漏れを直す。

e0086244_1447433.jpg

いつものように、リアスタンド→フロントスタンドと掛けてから、あらためてリアを外す。

ディメンションが前下がりなので、こうしないとプライマリが抜けきらないのだ。

んで、オイルを抜いてる間に、クラッチワイヤー根元のシール(Oリング)を交換する。



そこから漏ってるんじゃねーかな? と判断したのだ。



プライマリケースの窓を開けて、中の部品をバラし、根元のネジを緩めてやれば。

e0086244_1447930.jpg

クラッチワイヤーはあっさり抜ける。



e0086244_14471445.jpg

左がクラッチワイヤーの根元。右がプライマリのドレンボルト。どちらのOリングも交換だ。

んで、交換できたら、あとは元どおり組み立てて、プライマリオイルを入れるだけ。

基本的に難しいところはひとつもない、簡単な作業だ。



唯一、気をつけるコトと言えば。

クラッチワイヤー根元のネジを、「シメすぎて折らない」こと。

前に一回、やらかしてるからね。



つわけで、慎重にネジを締めてゆくマイトガイ。



くいっ、くいっ、くいっ、くい……パチっ!



お、なんだ? Oリングが潰れた音か?

小首を傾げる俺の右手に、ものすごく嫌な手ごたえ。

正確に言うと、手ごたえがない。






e0086244_14473689.jpg

はい、また折りました(二年半ぶり、二回目の出場)。

あんなに気をつけてたのに、タップに続いて今回もねじ切ってしまった。

つーか思ってる以上にチカラが入って、いや、湧き出してる気がする。



どうも俺の中に、「俺の制御できない獣(けもの)」が棲んでるような気がしてならない。






とまあ、中二くさいイイワケはさておき。



もうトラブルに慣れすぎちゃって、いちいちヘコみもしない、うっかりかみさん。

写真のとおり、ちゃっちゃかエキストラクタで折れたネジを外し。

「今日はKLXで帰らないとなー」なんて思ってたら。



ちょうど近所に住むバイク屋さんの社長が通りがかる。



社長 「ワイヤー交換してるのか?」

かみ 「組み付けるとき、根元のネジを折りました」

社長 「ははは、また壊したのかよ。どんどんボロになってくなぁ、そのバイク」

かみ 「ぐぬぬ」



とりあえず、今日の作業はココまでだ。

細かい部品を組んだら、ユリシーズを移動してやり。

横で寝てたクルックス(KLX125)を引っ張り出して、車両入れ替え。

e0086244_14474110.jpg

久しぶりのクルックスが、セル一発でなんなく始動するのを確認したら。

治療院へ戻って、昼寝をあきらめ、パーツ探しに入る。

もちろん純正なんぞ売ってないので、スポーツスター用を購入した。



多少、加工が必要になるが、ワイヤーの加工なんぞ、もはや作業のうちに入らん(`・ω・´)



とまあ、こんな経緯で今回もやらかした、かみさん44歳。

いまさらこのくれぇ何でもねぇよと強がりつつ。

放っておいた書類仕事に手をつけるのだった。



続きは、パーツが届いてから(´▽`)





/了
 
 
  
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-01-16 14:48 | メンテナンス・カスタム | Trackback

XB12X 空気圧

 
 
こないだから、なんかリアが気持ち悪い。

そう思ったので、ちとタイアをチェックしてみる。

e0086244_1410749.jpg

スリップサインが出てたけど、これは関係ない。ウエットの話じゃねぇし。

でも、とりあえずタイアがないのはよろしくない。

交換しなくちゃなと思いながら、フロントもチェック。

e0086244_1411502.jpg

こっちも限界だ。

今回は前後同時に交換できるなと喜んでたら、ふと思い当たった。



「ああ、減りは関係ねーや、エアだろ。寒いし、PR3は抜けやすいし」



つわけで、エアをチェックしてやると、フロント2.1kg/cm2、リア2.4kg/cm2になってた。

ケーロクのころなら、「ちょうどいい」と思ったろうが、今は違う。

ユリになってからここ数年、規定値にあわせてサスセッティングしてるからだ。

e0086244_14141129.jpg

フロント2.5kg/cm2、リア2.7kg/cm2(規定値はF248kPa、R262kPaにセット。



それから、チェーンオイルを注してやる。

e0086244_1423321.jpg

買ったルブは、こないだ亜空間に消失したっきり出てこないので、エンジンオイルで。

柔らかいぶん飛び散るので、しっかりウエスでぬぐってやったら。

立ち上がったところで、ふとクランクケースが目に入った。

e0086244_14251156.jpg

「あぁ、こいつもそろそろ交換してやんないと、減ってるっぽいなぁ」

思いっきり漏れてるプライマリーオイルを恨めしく眺めつつ。

さて、試乗してやろう。






軽いツイストを走ってみると、やはりエアのせいだったようだ。

リアがしっかりして、コーナリング後半の曲がりがよくなった。

その代わり、しっかり荷重してやらないと、若干だけどスリッピーなイメージ。



「今日はかなり寒いから、さすがのPR3も冷えすぎてんだな」



冷間時に強いつっても限界があるわけで、路肩に単車を停めサスを少し抜いてやる。

e0086244_1430948.jpg

プリロードはそのまま、前後の伸びと圧を半回転戻し。

かみ的標準値(ディメンションがアレなので通常値は使えない)である、前後の伸び圧1.5戻しから2戻しへ。

かなり柔らかいセッティングにしてやった。



峠でガリガリやるには柔すぎるけど、通勤だとタイアが温まる暇がないからね。



試してみると、100スピードを超えるような曲がりは、ちょっと腰砕けでオツリももらう。

だが、通勤範囲で使うぶんには、よく動いてしっかり食うようになった。

これならまあ、あと一ヶ月くらいは何とかなるかも知れん。



ケチらないですぐタイア交換しろよって?



いや、普段ならそうなんだけどさ。

今回ばかりは、ちと、事情が異なるんだよ。

来月、パイロットロード4が出るって言うからね(´▽`)



そんな感じで。




 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-01-15 14:52 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
 
連休ラストの一日は、エリック牧場でバイクいじり。

休み中に着荷したパーツを持って、職場へ向かうマイトガイ。

ちなみに今回、買い込んだのは。



左上 エクステンションバルブ。ガススタで空気を入れる用。ユリ、クルックス兼用。
右上 KLX用エアポンプ。オフ遊びしたあと、現地で空気を入れるため。

e0086244_1649771.jpg

左下 通販で買った、激安LEDプロジェクターフォグランプ。
右下 サイリウム。ポキって折ると光る。非常用の光源として工具箱に常備。



牧場に到着して、作業着に着替えたら、さあ始めようか。






最初はエアポンプの取り付け。

取り付けそのものはイージーなんだが、如何せん、取り付け場所がみあたらない。

あっちゃこっちゃ試してみて、結局、面白くもなんともない場所へ。



左上 エアポンプを展開したとこ。足で支えるタイプとしては、最軽量じゃないかな?
右上 サイドフレームに付けてみたが、むちゃくちゃジャマ。

e0086244_16505375.jpg

左下 ダウンチューブへ取りつけ。見た目はいいけど、ストロークしたら当たりそう。
右下 つわけでイッコも面白くないけど、リアキャリアへ移設。

そのうち、「面白い取り付け場所」を思いついたら、もちろんソッコー移動する(`・ω・´)






お次は、カウルの細かい養生。

左上 数年前に買ったホワイトガムテ。なんで買ったのかは、ひとっつも覚えてない。
右上 ネジ穴の周りの塗装がハゲてるので、これ以上ハゲないようにテープを貼る。

e0086244_16522088.jpg

左下 養生完了、見た目はかなりアレ。近いうち塗りなおすから、それまでの応急処置だ。 
右下 100均で買ったすきまテープ。カウルとメータの間を埋める。



すきまテープは雨水対策つーより、ライトの光がコクピットへ漏れないための養生だ。



左上 カウルにスキマテープを貼り。 右上 メータ側にも同じテープを貼る。

e0086244_16504547.jpg

左下 あわせれば、隙間はキッチリ埋まった。 右下 やり遂げた表情のマイトガイ@ボーズ(´▽`)






さて、最後はメイン作業、LEDプロジェクターライトの取り付け。



左上 汎用LEDプロジェクターフォグ。小型でアルミ製なので、軽くて熱対策も簡単なのが選んだ理由。
右上 ポジションライト配線に仮付けして、点灯テストしてみると、無問題でばっちり点灯。

e0086244_16491537.jpg

左下 常時点灯=ロービームなので、ちょっと下向きにマウント。
右下 3M両面テープでぐるりガッチリ留めて、無事、取り付け完了。



んで、カウルやなんやら取り付けたら、もう一度、点灯テストしてみる。

e0086244_16501286.jpg

お久しぶりの、両目点灯。



e0086244_16503116.jpg

超、イケメン(`・ω・´)



ここで、ダチのうわばんからメールが入ったので、そそくさと家に戻る。

ワイン呑みながらバカ話して、うわが帰ったところで階下へ移動。

点灯テストと光軸の調整をする。



e0086244_17442661.jpg

オフ状態から。


e0086244_17443279.jpg

ポジションのみ点灯。応急的な使い方なら充分かな。

もちろん、暗い田舎道を飛ばすのはムリだろうけど。

光量はともかく光軸的に、対向車がまぶしいっぽいので、何かしら養生をしてやろう。



e0086244_17444481.jpg

HIDとダブル点灯。HIDのカットっぷりから見ても、LEDの方はカットが必要だね。

とりあえず、全体的に明るくなったのは上々、明日の帰宅で最終チェックしてみる。

LEDプロジェクターのライトカットとインプレは、そのときにでも。



そんな感じで(´▽`)




 
 
[PR]
by noreturnrydeen | 2014-01-13 16:56 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ