<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

白鳥のいる村



本日は朝から快晴。

いくらリアブレーキがまるきし効かないからつって、こんな上天気に出かけないんじゃ、単車の神様に申し訳が立たない。幸い気温も高いし、こりゃ、ツーリングとまでは行かなくても、軽いお散歩くらいは行きたいなぁ。てなわけで、午後二時ころ、のっそりと出かける。

目的地は千葉県印旛郡、本埜村(もとのむら)。

印旛沼の近くで、ココに毎年白鳥が飛来するらしい。去年あたりは1000羽を超えたらしいのだが、今年は暖冬の影響か、あまり数が多くないという。たいした距離じゃないので、ふらっと行って白鳥でも見てくるか。




走り出す前にエアサスの空気を全部抜いて、伸び側のエアだけを入れる。

そう、リジットサスにしてみたのだ。

前から試したかったので、今日はゆっくり走る条件でリジットで走れるかを実験。

速度を抑えて、60くらいで走っている分には、国道のような道がフラットなところは、それほどの苦痛もなく、むしろド低いおかげでものすげえ楽な気持ちで、走ることが出来る。ただ、これだとさすがにフォアコン&ロングハンドルが欲しくなるが。

あと、ちょっと舗装が汚くなると、小さなギャップを拾ってガタガタになる。

もちろん、その分、速度を落とせば、なんてことはないんだけど。

つーかこりゃ面白いから、完全に攻めないと決めた日は、時々やってみよう。

 
 

16号から464号を走り、県道12号を北上すれば、左手に「白鳥」の看板が見えてくる。

両脇が切りっぱなしの土手の上を、かるく四国を思い出しながら走れば、「第二駐車場」の看板が見え てきた。左折して土手を下ると、第二駐車場は目の前だ。

e0086244_2226970.jpg

止めた先に、なにやら小屋がある。

e0086244_22262215.jpg

おそらく、白鳥の飛来した数が多いときには、この辺からでも見えるのだろう。

今日はせいぜい100羽程度と、とてもじゃないがココから見るとかのレヴェルではないので、歩いて白鳥を探しに行く。なお、第一駐車場も、それほど近いわけじゃない。ただ、バイクに関しては(おそらく原付のことをさしてるのだと思うが)もう少し奥までいける。

もっとも、せっかく白鳥を見ようなんて風情をかもしてるんだ。

晴天の下、冬らしからぬ暖かい太陽に照らされ、のんびりと歩くほうが気持ちいいだろう。

俺は白鳥ポイント目指して歩き出す。

 
 

しばらく行って、すれ違った老夫婦に白鳥の位置を尋ねると。

ものすげえ遠くを指差して、「あそこだよ」と教えられた。

親切に教えてくれてありがとう。

でも、おじさん。

ボクはあなたの指差す先に、何も見つけることが出来ないのですが?

e0086244_22295064.jpg

絶望的な気分で歩いていると、↑上の写真の農家のところにたどり着く。

その農家の脇からのショットが、↓下の写真。
e0086244_22302217.jpg

ねえ、ママ。ちっとも白鳥に近づかないよ。



距離的には、ココでようやく半分来たと言うところか。

わりと風情とかどうでもよくなって、タクシー通らねぇかなとか考えながら、白鳥の飛来地を目指して、ひたすら歩く。つっても時間にして10分から15分くらいだろうか。目の前に、大勢のヒトが集まってる場所が見えてきた。

白鳥らしき白い影も確認できるようになった。


と。

e0086244_2231730.jpg

道端に羽毛が散乱してる。



写真を取って顔を上げると。
e0086244_22312720.jpg

いた。

なんか、鴨みたいなのも一緒にわらわらと居る。
e0086244_22314065.jpg

乾いた田んぼに、ココだけ水を張って、白鳥を呼び寄せているらしい。

車や単車を近くまで入れないのも、もちろん、白鳥が驚いてしまうからだ。

クワクワと色気のない声で鳴きながら、白鳥はえさを食ってた。

e0086244_2232712.jpg

見る側には、こうして竹の柵が立てられてる。一見貧弱だが、よく見るとおまじないというか呪いというか、とにかくヒトが白鳥を脅かしたり白鳥の居るところまで行かないような、呪(しゅ)がかけられていた。

e0086244_22322479.jpg

こんな感じの幼い文章がずらり。

効能としては、感動するというより、大人のやることの『あざとさに辟易して、柵を超える力もなくなってしまう』と言うところだろうか。ま、どっちにしても白鳥が安心して冬を越せるのなら、すばらしいことだとは思う。

e0086244_22325938.jpg

数的には、せいぜい数十羽と言うところ。

100はいないと思う。

ぜひとも、1000羽を超える群れの姿を、見てみたいものだと思った。
e0086244_2233284.jpg

のんびりと優雅に飛ぶ、白鳥の姿を脳裏に焼き付けて。

俺ものんびりとした気持ちで、家路についた。

来年も、また来るよ。

 
[PR]
by noreturnrydeen | 2007-02-12 22:24 | ソロツーリング | Trackback
<前編はこちら>

ダムだ。
e0086244_10123937.jpg

ちなみに、大きさは↓こんくらい。
e0086244_1013410.jpg

真ん中の豆粒みたいなのが、poitaさんとmioさんだ。

ふたりがダム見学してる隙に、俺は途中で買い込んで来たブレーキフルードを足して、走りの準備を整える。さらにトイレに行って 出すものを出し、マシンと人間両方の準備が万端に整ったら、いよいよお待ちかねのとき。

レッツ・ワインディングロード。

下りながら登りながら、ぐいっと曲がってゆくダイナミックなコースに、様子を見ながら走る俺は、流れるよだれを押さえ切れない。もちろん、前を行く黄色いヒトも、ヘルメットの中 は間違いなくよだれだろう。セントバーナードばりに。

mioさんの先導で一本走ったあと、Uターンして、さあ、行こうか。

 



やっべー! 相変わらず速いね、イエローロケット。

クラッチ滑ってるから立ち上がりはイマイチだけど、コーナリングスピードは、クルーザーのレヴェルじゃないよ、このヒト。復調したら、どうなっちゃうんだろ?

最初のうちは、ブレーキングからカットインした瞬間、ぐぐぐっとアクセルオンで旋回してゆく、Rocketのイチバン気持ちのいい走り方だったのが、poitaさんに引っ張られて、どんどん突込み気味になってゆく。いかん、いかん。気持ちよく走ることを心がけ……ブオーン!

くっそ、速っえぇなぁ、poitaさん。

でも、俺も面白くなってきた。ギャップに乗り上げても、ステップに荷重できてるから、怖くない。いいぞ、面白い。へへっ、なんだか笑いがこみ上げてくるな。いろんな楽しみ方あるけど、やっぱ、単車はコレがイチバン面白いよなぁ……って、あれ?

うっわ、来やがった!

案の定、リアブレーキがスカスカになる。

こう毎度毎度だと、ヘコむとかムカつくより、むしろ笑う。結局、途中でリアブレーキが死ぬまで、休憩を入れながらpoitaさん、mioさんと走り倒す。つっても、三本くらいかな? poitaさんの息が上がってきたのを潮に、休憩所でまたもダベリング。
e0086244_10161134.jpg

mioさんとは初めて会ったのだが、カケラもそんな気がしない。

そりゃ、多少の遠慮はしたが(アレでもしたのですよ、mioさん)、気持ちのいい天気と、気持ちのいいロケーションと、気持ちのいい男に会えて、俺はもう、まったくもって最高にゴキゲンだった。

そして同時に、俺は心を痛めている。

こんな気持ちのいい男が、俺とpoitaさん、ふたりのダメ人間に、あろうことか家まで教えてしまったという事実に。遠いpoitaさんはともかく、柏なら秩父なんてお散歩コース。もうカンベンしてくれつーくらい、遊びにいってやる。

 


とにかくまたひとり、面白れぇオトコに会えた。

面白れぇ道も教わった。

俺の単車ライフが、またひとつ、面白くなった。最高に楽しい一日だった。むしろmioさんが用事で帰るってのに、俺もついて行っちゃおうかと思ったくらい。ま、おとなしく帰ってきたけど。んで帰り道、俺が先導してたら、またも見事に、道を間違えたけど。

poitaさんが気づいてリカバリしてくれたので、事なきを得た。

つーか俺ひとりなら間違いなくそのまま、秩父に向かって走ってたね。そんで、mioさんの家を急襲してただろうね。さらに、勝手に晩飯まで喰って、酒も飲んで、家人の迷惑なんぞ、これっぱかしも省みることなく、ゴキゲンに喋り倒してただろうね。

あれ? それでもよかったか(よくありません)。

 

こんなうれしい出会いばかりだから、また、走りたくなっちゃうんだよな。

さて。

じゃあ、次はどこに行く?

 
[PR]
by noreturnrydeen | 2007-02-04 10:11 | でっかいもん倶楽部 | Trackback
いつもの仕事と同じ時間なのに、どうしてこう気持ちよく起きられるんだろう。

もちろん走りに行くから。その上、ダメ人間のダメ走りに付き合ってくれるpoitaさんがいるから。さらに、web上で知っていても会うのが初めてなmioさんとも顔合わせ。楽しみは倍増だ。俺、生まれてからこっち、人見知りとかしたことないしね。

ちょっと余裕を見て、早めに出発。何が起こるかわからないからね。

柏インターから常磐道に乗り、気持ちよく走り出す。天気は快晴、気温も心配したほど寒くない。オマワリもいないし、ここはひとつ、気持ちよくかっ飛ばすとするか。ひゃっほー!  絶好調ぉー! しっかし、それにしても今日はキチガイ沙汰に風が強いなぁ……

ぶおっ!

「あぁっ!」
e0086244_9523483.jpg

タンクバッグが吹っ飛んだ。

あわてて路側帯に単車を止め、転がってるタンクバッグのところまで走って戻る。

だが、すっ飛ばしてたので、すぐ停まったにもかかわらず、かなりの距離を進んでしまっていた 。落としたタンクバッグを取りに行くと言う、ベクトル的に後ろ向きな作業であることが、アサイチからやらかして傷ついた俺の心を、さらに蝕む。

タンクバッグのところまで、タクシー拾いたいとか、わりと真剣に願ったね。


「ま、つまりコレは、浮かれてる俺に、神様が気をつけろという意味で……」


自分をごまかしながら歩いていると、後続車が次々とやってくる。みんな路上にある黒い物体を、きれいにまたいで通り過ぎて行ってくれる。と、拾うタイミングを見計らって、よーいドンの構えをした俺の目の前で、強い横風が吹いた。 当然、転がるタンクバッグ。

あぁ、と悲鳴を上げる俺。

そして……無情にも俺のタンクバッグを「ぼシュッ!」という破裂音とともに轢いてゆく、巨大なトラックさん。朝からお仕事ご苦労様です。轢かれたタンクバッグは見事な放物線を描き、避けた口から舞い散るのは、朝日を浴びて銀色にきらめく、3000円分の百円玉






拾ったね。

追い越し車線まで駆けていって、過ぎてゆく車の合間を縫い、100円玉を泣きながら拾ったよ、俺。その姿は、ミレーの名画『落穂ひろい』に匹敵する美しさだったに違いないね。 そうでも思わないと哀しくて手首切りそうだね(ミレーに謝りましょう)。

『なにかあってもいいように』と早く家を出たわけだが、本当に何かあっちゃダメだろ。

ブツブツ文句を言いながら、なんとか百円玉を拾い集めると、気を取り直して出発。結局、遅れちゃいそうだなぁ。やばいなーと 焦りながら、poitaさんと待ち合わせの新倉PAに着いてみると、あれ? 黄色いRocketIIIがいないぞ? おかしいなぁ……

するとメールが来てたので開いてみる。

poitaさんからだ。

「少し遅れる」

なはは、ダメ人間はいいねぇ。




しばらくして合流した俺たちは、お互いに

俺「風が強いから、ゆっくり行きましょう

poitaさん「そうだね。俺もクラッチ滑ってるし」

と、新倉を出る。

そしてもちろん、このセリフを言ってるあいだ俺たちは、お互いの目を決して見なかった。ほら、ふたりともあんまりウソが得意じゃないから。なんつーの?  ウソのつけない純粋な心を持った、少年のような瞳のもういいですかそうですか。

でまあ、案の定。

新倉を出て、外環を関越方面に走り出しておよそ5秒、poitaさんのRIIIが160を超え始める。俺もアクセルを開ける。が、確かにpoitaさんのクラッチは滑っているようで、排気音が高まってもマシンが前に出ない。しばらく走るうち俺の中の悪魔が目を覚ます。

パワーをうまく路面に伝えられないイエローロケットの横を、するすると抜け出し、簡単に前に出る。それを横目でにらみながら、追いすがりたいのにマシンが前に出なくて四苦八苦してるpoita号 。可哀想なその姿をミラーの中に確認すると。

ヒュゴー!(ノーマルマフラーだから、こんな音なのだ)

poita号、ミラーの点。

しばらく走ったら、ロール切ったりして遊びながらpoita号を待つ。

そしてまた、ヒュゴー!

ああ、気持ちいい。なに? 卑怯? 汚い? 何とでも言うがいい。poita号が復調したら、こんなことは出来なくなるのだ。それに、poitaさんだって、ホンキでどうのって思うわけじゃない。ただ、イかれたことより、マシンが不調なことで悔しい思いをしてるだろう。

それでいいのだ。なぜなら、俺らは似たもの同士、ダメ人間だから。

逆の立場なら、あのヒト、ゼッタイ同じコトやってるから。

 
e0086244_958344.jpg

花園インターを降り、ようやく道の駅「はなぞの」に到着。

 
e0086244_9581886.jpg

mioさんと、はじめましてのご挨拶。

 
e0086244_9583549.jpg

つーか、挨拶もそこそこに、ビートルバッグをはずす俺。

なぜなら、リアブレーキからオイルが駄々漏れしてるから。 なんだろう? やっぱりヤマハのシールじゃだめだったのかなぁと不安になりながら、キャリパーを見てみると、何のことはない、ただのケアレスミス。ブリーザーバルブが緩んでた。ウカツすぎ。

mioさんが心配そうな顔をしてるので

「あ、大丈夫っす。俺、こういうのいつものことなんで」

つったら、苦笑してた。

ブレーキオイルがなくなってしまっているので、とりあえずどこかでオイルを買って、峠の前にオイルを足してやればいいやということで、バッグを戻した後は、強風の元、三人でしばらくダベる。しばらくっつーか、軽く二時間くらいか。

いろんなことを話してると、あっと言う間に時間がたつ。

 


昼も過ぎて、それじゃあ飯を食いに行こうと、道の駅を出る。

mioさんの先導で、140号を秩父方面に。本日のメイン、浦山ダムに向かう途中でうまい蕎麦屋につれてってくれるということらしい。黄色いRocketのヒトは、「俺は日本でイチバン蕎麦好きな40歳だっ」とか、相変わらず気の毒なことを言ってた。

なんでこのヒト(も、俺も)「○○でイチバン」とかそういうフレーズが好きなんだろうね。

ま、だからRocketIIIなんて変態バイクに乗ってるんだろうね。

 

一軒目が臨時休業だったので、もう一軒の蕎麦屋に到着。
e0086244_1002611.jpg

つーか、ツーリングをきちんと企画してやるの自体、俺的にはすげえなと思うのだが、目的の店が閉まっててもきちんと代案があるってのがすげえと思う。俺なら確実に、「もう、めんどうだからファミレスでいいよね」になるだろう。

e0086244_1005634.jpg

駐車場から、店に向かう光景。この黄色いM&M’sの背中。

こうしてみる分には何てことないんだが、高速や峠で後ろから見る (見せ付けられる)と、無性にハラ立つんだよなー。ま、今日はいいだけイジメたったからそーでもないけど(そう言うこと言ってるから仕返しされるんです)。

 
e0086244_1015928.jpg

なにやらクールなmioさんの背中。

寡黙と言うか、静かなヒトだ。

ま、俺とpoitaさんがおしゃべりなだけって話もあるが。



ここで10分ほどだろうか、空席を待って、店に入る。
e0086244_1022945.jpg

mioさん、ざる2枚。俺、ざる2枚+もり2枚。んで、poitaさん、もり5枚

喰いながら、「すいませーん」と店員を呼ぶたびに、ほかのお客の冷たい視線を浴びる。

やってきた店員も、「そば湯おかわり」の言葉に、心なしかほっとしてたようだ。

「もり、4枚追加」とか言うと思ったんだろうね。



<参考リンク>



腹いっぱいになり、しばらく喋ってから、待望の浦山ダムへ。

と、そのまえにmioさん、「ウチへ寄っていきます」。後ろについてちょっと走ると、mioさん宅へすぐに到着。なんで家に寄ったかと言えば、なんと、使ってないハンマーグローブを俺にくれるというのだ。 なにその太っ腹。黄色いヒトより太っ腹。
e0086244_1044645.jpg

ハンマーとかこう言うマッドマックス系のアイテム、大好き。

今日は暖かいから、峠はいつものハンマーガントレットじゃなく、コレで行こう。

 



ところでmioさんと言えば、ペットのヘビ、ハル君が有名だ。

せっかくお宅にお邪魔したんだし、ここでハル君に会っていかなければ、一生後悔することは、想像に難くない( さすがにそれは言いすぎです)ので、ハル君に会わせてもらうことにする。ペット小屋つーか、むしろ離れの小部屋くらいの規模の小屋の扉を開けると、

中からmioさんのお父さんが出てくる。

ダメ人間ふたりはお父さんに挨拶すると、興味しんしん、おっかなびっくり小屋をのぞきこんだ。

と。
e0086244_106331.jpg

カメー!

なんかでっかい亀がいるよ?

余りのでかさに、かなりビビりながら、それでも上の写真じゃ大きさがわかりづらいだろうと、比較対照にpoitaさんを交えて、亀を撮影することにした。なんて気のきく、かみ君37歳 。市原悦子も目じゃないね。さて、それじゃ亀のデカさを確認してもらおう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
e0086244_106331.jpg

すまん、人選を誤った。

いや、これでも十分すぎるくらい大きいことは伝わると思うが、よく考えたらpoitaさんは、あのRocketIIIでさえ小さく見せてしまうヒトだった。mioさんと比較して撮りゃよかった。 むしろpoitaさん意外なら誰でもいいのに、ピンポイントでイチバンダメな人選だった。

 

亀にビビった後は、お待ちかね、ハル君とご対面。
e0086244_1081532.jpg

でけー! カッけー!

ウチの若い衆に見せたら、うらやましさに悲鳴上げるね、間違いなく。
e0086244_1083240.jpg

個人的には、この子がかわいくて好き。

 
e0086244_1084650.jpg

mio家の庭。

ウラから入って表から出られる、Uターンレスな生活。あこがれるなぁ……

 

かみ&poitaの建物探訪(mio家編)も終り、こんどこそ浦山ダムへ。

家から数分で峠の入り口とか、最高にうらやましいロケーションだね。poitaさんも言ってたけど、収入のめどさえつくのなら、俺はこういうところに住みたい。つーか、チェックしてみたら結構あったんだよな、整骨院。イケっかな? (安易な転院はやめましょう)
e0086244_1091749.jpg

美しい光景だが、落っこちたら命はないだろう。

いや、四国からこっち、高いところに来るととりあえず「ここから落ちたら」ってシミュレーションしちゃうんだよね。こうなるともう、トラウマとか恐怖症を通り越して、むしろ芸風だと思うね自分でも。

<後編に続く>
[PR]
by noreturnrydeen | 2007-02-04 09:51 | でっかいもん倶楽部 | Trackback

アーカイブ


by かみ