<   2006年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

てなわけで、第九回Crazy marmaladeやってきた。

仕事を終え、三郷南から外環をへて関越へ。

高坂PAに到着するとすぐに、先について給油していたZがやってきた。



と言うことで、赤城インターから南下して南面に行く予定を、赤城山の西山麓を走る広域農道に変更し。

Zは一足先に赤城へ向かう。

缶コーヒーを買って一服つけていると、程なく重低音とともに黄色いRIIIが現れた。



poitaさんだ。



挨拶を交わして一服しながら話したあと、こちらも赤城山へ向かった走り出した。



のだが。



やー、速い速い。

いきなり後ろからズバっと抜かれた後は。

poitaさんが直線で待っててくれたとき以外、ぜんぜん追いつけない。



そりゃあ速いだろうとは思っていたが、コレだけ差をつけられるとは思わなかった。

poitaさんはポジションとマフラーのおかげですよなんて言ってたが、それだけじゃない。

乗り手の差も充分(以上に)あったと思う。



三車線使ってぶっ飛ばしていく様子は、間違いなくずっと飛ばし続けてきたヒトのものだ。

さらにもちろん、マシンの仕上げもぜんぜん違う。

220でじりじり渋り始めたメータをチラッと見、遠ざかるpoita号のテールを見つめながら。

悔し紛れに「マフラー換えてやる!」とヘルメットの中で叫んだことは言うまでもない。



いや、マシンの差だけじゃねーのはわかった上で、ね。

 




そろそろ赤城だつーところで、後ろから赤い下品なバイクが現れる。

無論、クソマルだ。

後で聞いた話では、駒寄PAでブッシュに隠れながら、俺らが来るのを待ってたらしい。

相変わらずバカな男だ。



おまけに調子こいてぶち抜いて行ったはいいが、赤城インターで降りるとき、なにやらもたもたしている。

何だと思ったら、高速券なくしただと。

エンジンどころか、いきなりバカまで全開にしなくてもよかろうに。






今日はなんだか、タイミングが悪いというか、流れが悪いというか、迷子トラブルが頻発した。

インター降りたところで、俺とZがガソリン入れたいのでスタンドへ寄るはずだったのが。

マルが先導してるうちに、そのまま空っ風街道へと入ってってしまう。



Zがマルをとめ、Uターンしてスタンドへ。

そこから予定していた広域農道へ入った。

路面がよくて気持ちいい道路だ。



あんまり気持ちよかったからだろうか。

マルが曲がるところを見逃して、ひとり、先に行ってしまった。

俺ならよくあるが、マルにしては珍しいことだ。



まあ、赤城山周辺なら、放っておいても合流できるので、俺らはそのまま、いつもの北面に向かう。

 




ここでも、poitaさんは速かった。

後ろで見てたZが、「明らかにバンク角が違うじゃないですか!」なんつって大笑いしてた。

が、こっちはそれどころじゃない。



ガリガリステップすりながらミラーを見ると、二つ目がぎょろりとこちらをにらんで追いかけてくる。



そのうち、前が開けたところで。

ズボォ!

またイかれた。



なので今度は後ろについて、poitaさんの走りを見せてもらう。

バンク角も、ポジションも、乗り方ももちろん違うのだが、フォームがきれいで、スムーズだ。

俺のとっ散らかりながら、あちこちガリガリやりながらってな走りとはぜんぜん違う。



おぉ、RIIIも、こんなにきれいに曲がれるんだな、と、やたら感心しながらついていった。



赤城山頂の神社に入り、水辺で一服着けながら話していると、やがてマルが現れる。

おーん!

いっちまった。

 




しょうがないので、引き返してくるのを待ちながら、もう少し休憩。

赤城山って、広域農道から入ってくると、結構荒れてるんだなぁ。

いつも走ってるときは、そこそこきれいな道路だと思ってたけど。

なんて今更な話をしながら、楽しく歓談してると。



突然。



ぷしゅぅ!



おい、リアキャリパーから、なんか煙が出てるぞ!



俺の単車の。



どうやら、リアショックをどうにかしようと高速、峠でブレーキを引きずりすぎたようだ。

どこかで見たことのある光景が、目の前で繰り広げられている。

これで俺、Z、マルの三人とも、キャリパーイカれさせ仲間となれたようだ。



そんな仲間には、なりたくなかった。






と、ようやくここでマル登場。

この段階で、10分以上の差をつけ、俺、Z、Poitaさんの圧勝が決定。

そこでまた少し話してから、寒くなってきたので、山を下ることにする。



リアブレーキをまったく使わないで走るのは、さすがに非常に怖い。

三人に離されながら、俺はメットの中で、うぉ! とか ふぎゃっ! とか叫びながらくだり。

途中の、廃棄されたレストランみたいな休憩所の駐車場へ。



そこで最後のダベり。



poitaさんは「疲れたぁ」いいながら寝転がる。

いやいや、アレ、疲れたヒトの走りじゃないから。

単車の話や冗談を言ってるうちに、カラスが鳴き始める。

 

ここでZとpoitaさんが帰るという事で、第九回 Crazy marmalade も終わりの時間だ。

いつものバカに加え、ゲストのpoitaさんまでぶっちぎれてるコトがわかった。

嬉しくも悔しい、 そして有意義なでっかいもん倶楽部+R1-Zだった。



poitaさん、ありがとうございました。






正直、poitaさんの走りを見て、バックステップ+収まりのいいポジション、なんて一瞬、考えた。

しかし、ここで変えてしまっては、ちと具合が悪いのも事実。

ぶち上げた俺のスーパー理論、「フォワードコントロール優位性理論」が破綻してしまうのだ。



誕生から破綻してるって話は、聞こえない。



同じことをしてちゃあ、追いつけたとしても当たり前と(マルあたりに)言われそうだし。

なにより、俺自身が面白くない。

などと、帰り道は切れた走りをするセルシオと追いかけっこしながら、ずっとそのことについて考えていた。



ちょうど梅雨に入ることだし、イロイロ調べてじっくり仕上げていこう。

ちぇ、こっちもやっぱり、終わりがないんだなぁ……




 
[PR]
by noreturnrydeen | 2006-06-07 20:22 | でっかいもん倶楽部 | Trackback

アーカイブ


by かみ