カテゴリ:メンテナンス・カスタム( 215 )

KLX125 ライト周りの交換

 

ユリシーズが車検に出て不在なので、久しぶりにKLXをいじる。

ここんとこ陽が短く、帰り道が暗いので、ライトバルブを例のLEDに交換しよう。

ついでにライト周りをばらして、軽く掃除してやろう。

e0086244_20514995.jpg
つわけで久しぶりにライト周りを外し。



e0086244_20514991.jpg
さらにカラ割りまでして、中の汚れを取った。

んで、ついでだから「新しい感じで中のライトを固定しよう」と、ステー的なものを探してエリック牧場を掘る。

すると、掘っくりかえした手に、KLXの純正ライトがぶつかった。



「ふむ……久しぶりに、ノーマルの顔に戻してみようかな」



思っちゃったら仕方ないので、今までの作業を全部ムダにしつつ、ノーマル顔を取り付ける。

e0086244_20514944.jpg
もちろんバルブは前方ファン型のLEDだ。

「ライト自体はカッコいいんだけどなぁ。どうにも頭のカタチがなぁ」

ぶつぶつ言いながらも、純正だけにキチっと取り付けできるのは気持ちいい。



e0086244_20515068.jpg
暗くなってから走ってみると、さすがに純正。

光量、配光とも充分で、めっちゃ見やすく、走りやすくなった。

気持ちいいんだけど、頭の形が気に入らないので、なんだか悔しい。



まあ、せっかく付けたので、顔はもう少しこのままで行こうと思う。

つっても、気に入らないと愛せないので、また近いうちに何かすると思うけど。

とりあえず、そんな感じで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2016-09-15 21:05 | メンテナンス・カスタム | Trackback

XB12X 車検・最終調整

 
 
まずは昨日の昼休みの話。



車検の準備、最後に残ったのはライト。LEDはたぶん車検に通らないからハロゲンにする。

当初は純正のライト一式で行こうと思ってたんだが。

いつの間にかH7バルブをひとつ紛失してたので、前回使ったクルーザ用ライトを使用する。

e0086244_13015085.jpg
現在のライト周りをぜんぶ外し。

エリック牧場で寝てた汎用ライトは、コネクタがギボシなので、それをH4に加工する。

ライトケースにグラインダで大穴を開け、コネクタが通るようにしたり、けっこう大手術して。



どうにか、取り付けが完了した……んだが。



e0086244_13015065.jpg
これはない。やってる途中で気づいてはいたけど、めちゃめちゃカッコ悪い。



e0086244_13015168.jpg
前回は「車検のときだけだ」と思ってスルーできたのに、今回は何だかどうにも我慢ならない

たぶん、二年前よりユリシーズへの思い入れが強くなってんだと思う。

とにかく、これにまたがって走るのは絶対にイヤ(`Д´)



e0086244_13020465.jpg
つわけで昨日は、KLXに乗り換えて帰宅した。



んで、今日の昼休み。

とにかくまずは、昨日のライト一式を外して、気分もフロント回りもすっきりし。

それから、すっかり忘れてて今朝がた思い出した、ホーンのチェック。

e0086244_13020448.jpg
鳴らなかったので配線を確認し、切れた部分をつないだり、劣化してるコネクタを交換したり。

無事に音が出るようになったところで、最後のさいご、純正のライトケースに戻す。

ただ、H7バルブがないので、今までどおり汎用ケース&H4バルブ×2にした。



e0086244_13020498.jpg
55/60×2だから、これで暗いってことはありえないだろう。

光軸は……タクんとこの工場長にお任せ(・∀・)

ま、確か1灯でも通るはずだしね。



e0086244_13020549.jpg
ユリシーズのフロントフェンダーを外してるので、まるっきしXB12Sみたいな顔になった。



さて、あとは明日の午後、タクんとこに持ってって、車検とおしてもらうだけだ(・∀・)

気に掛かってたことが終わって、やっと気分的にのんびりできるよ。

代車、面白かったら、どっか走りに行こうかなwww



そんな感じで。


 


[PR]
by noreturnrydeen | 2016-09-09 19:45 | メンテナンス・カスタム | Trackback

XB12X 車検のための一週間

 
 
まずは9月2日、金曜日の話。



そろそろ車検なので、いろいろとやらなきゃいけないのだが。

この日は名古屋からおじぞうくんが遊びに来て、M君とみんなでレブへ肉を食いに行く。

なので昼寝の時間を確保しておくため、とりあえずエアクリとスロットルボディだけやった。

e0086244_12594151.jpg
フィルタースポンジを引っ張り出して中性洗剤で洗う。

乾いてからオイルを塗る人もいるけど、俺は基本、このままつける。

それで6万キロ、吸気系のトラブルはないから、まあ、平気だろう(・∀・)



フィルターを乾かしてる間に、スロットルボディの清掃。

e0086244_12595169.jpg
写真はもう、終わってエアクリーナボックスの下を付けちゃってるけど。

新しくおろしたきれいなウエスが、一発でこれだけ汚くなる。

何度も言ってるけど、インジェクション車の経年劣化的なアイドリングの不安定には、これがイチバン効く。



びっくりするくらいアイドリングが安定するから、何かする前にやってみて。

つわけで大汗かきながら、この日のメンテナンスはここまで。

仕事を終えて帰るなり、おじぞうくんたちとレブへ行った。



詳細は「笑ってる?」の方で。





んで、週明け月曜日の昼休み。

今度は、ぶった切ったリア周りを、ノーマルに戻した。

なんでわざわざ戻すかつーと、ノーマルのリアにあるバックレストが必要だからだ。

e0086244_14150633.jpg
このバックレストが、俺のビューエルさんの「車高」として表記されてるので、ないと構造変更になってしまうのである。

いや、別に構造変更したっていいんだけど、車検に出すのは俺じゃないから、できれば手間を少なくしときたい。

ご存知のように、「トラブルは自己解決」なスタイルなので、車検だけはタクの店にお願いするのだ。



金にならない客だし、そのくらいはね(・∀・)



つわけで交換したはいいが、せっかく作業を簡略化しようと、交換用のリア周りを用意したのに。

車検用のウインカーがなくて、急きょ牧場から掘り当てた「ロケットスリー純正ウインカー」を強引に取り付けたり。

余りの暑さに、作業の途中で熱中症気味に吐き気を催したり。



なんだかんだ結局、めちゃめちゃ時間を食ってしまった。

e0086244_14151243.jpg
ふらふらになったところで、この日の作業はここまで。

帰り道、重くなったケツの挙動に、「おお、GSX-Rからハヤブサに乗り換えたみてぇ」などと笑いつつ。

ちょっともっさりしたコーナリングを楽しみながら、家へ帰った。






さらに翌、火曜日の昼。

この日も朝からクソ暑くて、しかも湿気がハンパない(´・ω・`)

それでも普段なら大好きな昼のバイクいじり、喜々としてオモテに出るんだが。



いかんせん、「車検のためのノーマル戻し」と言う後ろ向きの作業なのでやる気が出ない。



「やる気が出ないときにやると、ロクなことにならないんだけどなぁ」



前フリチックな独り言をぼやきながら、上半身ハダカでエリック牧場(パーツ置き場)へ。

せめて少しはやる気が出るようにと、決まりきったことじゃなく、とんちを使う作業にする。

純正じゃないタンデムステップを、どうにか取り付けるのだ。



純正だと、ステップとタンデムステップが一体式なので、別々に取り付けてやるのである。

つわけで牧場を掘っくりかえし、タンデムステップを引っ張り出す。

e0086244_20085323.jpg
左がXB12S用で、右がKLX125用。ふたつとも、とりあえず手にぶつかった右側用だけ、引っ張り出した。



もちろんどっちも、そのままでは付けられない。

「まあ、見ための面白さ的にはやっぱり、KLX用だよな」

と、じゃあなんで12S用ステップ買ったんだよ的なツッコミが入りそうな決断をし、さっそく取り付け作業にかかる。



ウラの形を見ながら良さそうなところにドリルで下穴をあけ、さらに6mmで穴を広げて。

e0086244_20111522.jpg
5/16(だったと思う)でタップを切る。山数も忘れたけど、ビューエルとかハーレィでよく使われてるあのサイズね。



e0086244_20141652.jpg
んで、タンデムステップをねじ留めしてやるだけ。

ネジの形が違うのは、左側(後ろ側)はシートに干渉するから、アタマの大きなネジを使えないのだ。

かといってこれはローターボルトだから、四本そろえようにも、手持ちが二本しかなかったの(´・ω・`)



でまあ、「おお、なかなかちゃんと付いたじゃん」思いながら、あらためて左側用を引っ張り出してくると……

「マジか! 左はサイズが違うじゃねぇか!」

うっかりかみさん、またも痛恨の確認不足www



e0086244_20190169.jpg
とりあえず付けてはみるものの、左右の高さがまるっきし違ってしまった。



e0086244_20195370.jpg
これが右側。めちゃめちゃ普通。



e0086244_20201070.jpg
んでこれが、左側。

高さは右と合ってないし、たたむとシートに干渉する。

取り付け強度だけは、左右ともしっかりついてるから、余計にくやしい。



つーか、たしか左右がそろってないと普通に違反のはず。

ここでついに、音を立てて折れる、かみさんのガッツとやる気。

とぼとぼと道具を片付けて、冷房の効いた院内にもどり、ふて寝を決め込んだのだった。






一晩たって、折れた心も回復し、なんとかやる気が出てきた水曜日の午後。

半日休みを利用して一番のオオモノ、ベルトドライブコンバートをやる。

それともちろん、昨日のタンデムステップもだ。



仕事中はポツポツと降ったり止んだりしてたんだが、午後には何とか天気も持ち直し。

夕方までには帰って夕飯の支度をせにゃならんので、それまでが勝負だ。

つわけで今回は、写真撮影を省略し、一気に片付ける。



e0086244_16240220.jpg
ひととおり終えて先が見えてきたので、休憩しつつようやく写真を撮った。



e0086244_16240391.jpg
つーかタクに聞いてみたけど、普通はチェーンのまま車検って無理っぽいぞ?

ばんちょさんとムラタはきっと、彼らにしかない悪の力を使ったんだな。

「歩く生真面目」「呼吸する道徳の教科書」と呼ばれる(要出典)、俺には無理な作戦だった(´・ω・`)



e0086244_16240347.jpg
ご存知、「かみ式チェーンコンバートキット」は、車検が終わるまで牧場に仕舞っておく。

今回はまだ平気そうなので、チェーンとスプロケはこのまま使おう。

次回は少し、ファイナル比を変えてみたいなぁ(・∀・)



e0086244_16242372.jpg
牧場のケースにハダカで放り込んでたらドライブプーリが錆びてたので、コイツでさび落としした。

今回の車検が終わったら、今度はきちんと油漬けにして保存しよう。

二年と言う月日を甘く見ちゃいかんのだ。



とまあそんな感じで、一週間かけてようやく、車検の準備がほぼ終わった。

e0086244_16242443.jpg
まだライトバルブをハロゲンに戻す、もしくはライトアッセンブリごと車検用に交換する、って作業が残ってるけど。

どうせ明日は台風らしいから、どうするかゆっくり考えて、金曜にでもやる。

んで、土曜あたりにタクの店へ持ってって、車検を通してもらう予定。



e0086244_16243859.jpg
今回、交換したリア周りとタンデムステップ。ウインカーはロケットスリーの純正品www

タンデムステップは結局、S用の純正をシートレールにタップ切ってねじ止めした。

KLX用のが面白かったんだけど、まあ、仕方ない。



e0086244_16243829.jpg
ベルトドライブにコンバートし、超絶おひさしぶりのドライブスプロケットカバーを取り付けた。

取りまわしてみるとやっぱり、ベルトドライブは動きがちょっと渋い

プーリ―&ベルトと、スプロケ&チェーンで重量比較してみたけど、チェーンドライブのがすこーし軽いかな。



切れる心配をしないで済む分、俺はやっぱりチェーンのが好き(・∀・)



e0086244_16245106.jpg
てな感じで、来週またひらひら仕様へ戻すまで、しばらくビューエルさんはこんな感じ。

ま、とりあえず、今イチバン気になってるのは。

「タクが用意してくれる代車」が何なのかってことかな(・∀・)



そんなイキフンで。
 
 
 


[PR]
by noreturnrydeen | 2016-09-07 17:03 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
週末は雨っぽいから、晴れてるうちに昨日の続き。

今日はエンジン&プライマリオイルとブレーキフルードの交換。

まあ、最近はプライマリもAZにしちゃってるので、普通にオイル交換だ。

e0086244_17422366.jpg
まずはプライマリオイルを抜いてやる。

フロントにスタンド掛けて、リアタイアは接地させる、いつものスタイル。

つーかリアサス交換する前に、プライマリ交換すりゃよかった(´・ω・`)



e0086244_17422415.jpg
オイルはもちろん、2ちゃんオイルスレの定番、「例のアレ」ことAZ。

なんか10W-50も出たっぽいんだけど、40で不具合ないどころか調子いいので、今回も40にした。

値段と性能のバランスがいいので、高性能エンジンじゃない人にはお勧め。



「もれ」に関しては、俺のは前から漏れてるんで、これのせいかどうか知らない。

ただ事実として、プライマリとエンジンの両方ともこれにしてから、調子がいい。

エンジントラブルもないし、ギアの入りもいいから、俺は当分、これでいいかな。


e0086244_17422467.jpg
お次はスタンドを戻して、エンジンオイル交換。



e0086244_17424100.jpg
今回はフィルタも交換する。

いつものトヨタヴィッツ用にオイルをそそぎ、力任せに手締め。エンジンには2.6リットル。

どうせ、ちょいちょい減っては足すので、そんな厳密じゃなくても大丈夫。



んで、エンジンオイル交換が終わったら、今度はチェーン調整。

e0086244_17424133.jpg
リアサスを長くした=ホイルベースが短くなったので、その分の微調整だ。

これもいつもどおり、カットしたボルトを突っ込んで終わり。

「このくらいかな?」つーボルトのチョイスが、一発で決まるようになった。



別にうれしくはないけど(´・ω・`)



e0086244_17424158.jpg
最後にブレーキフルードをSP-Rに入れ替えて、リアサス換えてケツが上がってズレた光軸を調整したら。

夏ツーリングの後始末メンテナンスはだいたい終わり。

あとはまあ、また天気が良くて暇な時にでも、エアクリーナとスロットルボディを洗浄する。



今日はもう、暑くてこれ以上やりたくなかったの(´・ω・`)



とまあ、そんな感じで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2016-08-26 19:59 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
すぐやるつもりが雨続きで遅くなったけど、夏ツーリングの後始末つーかメンテナンス。

まずは、振動で外れてしまった電圧計を移設する。

色々考えて、「まあ、ここだろな」と言う位置へ取り付け。

e0086244_13253321.jpg
メーター側じゃなくてカウルの方に取り付けてるので、次回からカウル外すのがちょっと手間かな。

つってもギボシふたつ外すだけだから、数秒の話だけど。

ナナメってるのがちょっと気にくわないので、これはもしかしたらやり直すかも。



いつも目に入る場所だしね。



おつぎは同じく、振動で外れてしまった、ナンバープレートのボルト。

e0086244_13253323.jpg
ま、ハーレィやビューエルのボルト落下は、ある意味「動いてる証拠」だから、気にしても仕方ない。




e0086244_13253359.jpg
エリック牧場(パーツ置き場)から適当にみつくろって、ボルト留め。

これもワッシャのサイズが前と同じ=同じ場所にヒビが入るので、あとでワッシャを換えるかも。

このとき、雨がぱらぱらきたので、いったん、院内に戻る。






雨がおさまってから、本日最後のメニュー。



来月、車検なので、リアサスを元のX用に戻す。

ビューエルさんの車高は、車検用リアについてるバックレストで測るらしいので、リアサスを戻さないと構造変更になるのだ。

前後R用の足回りは、バランスが良くて曲がりが素直、すごく乗りやすくて速かった



正直、「このままでもいいかな」とさえ思うほど。



だけど、どうも俺は「つんのめって破綻した」前R後Xのこの脚が、好きでしょうがない。

e0086244_13253447.jpg
サーキットでタイム削るわけじゃないから、俺は俺の好きな脚で乗る。

それなら例え何があっても、納得して受け入れられるからね。

この神経質でとっ散らかった頭の悪いディメンションで、へらへら笑いながら走り続けるよ(・∀・)



e0086244_13253456.jpg
ここで暑さに負け、試合終了。

あとは明日の昼休みにでも、エンジン&プライマリオイルを交換し、各部の細かい調整をしたら。

来月の車検までもう少し、帰ってきた「いつもの」ビューエルさんで走ろう。



そんな感じで。

 
 

[PR]
by noreturnrydeen | 2016-08-25 21:08 | メンテナンス・カスタム | Trackback

XB12X ホワイトシート

 
 
夏ツーレポートは、たぶん、今週中に書きあがる。



さて、夏ツーリングが終わったばかりだが、俺にはやるべきことがある。

先日、酔っぱらった勢いで落とした、オークションパーツがあるのだが。

その中の「黄色いシート」に、白い革を張ってやろうと思ったのだ。

e0086244_12443855.jpg
ちなみにこれが、落としたもののほぼ全容(テールランプはこのときまだ着荷してなかった)。



左が件(くだん)の黄色いシート。XB12X用だが、どうやら後期型の足つきがいいやつのようだ。

あとは色々、安くてお買い得だった品々。

これでまた、当分の間はビューエルさんに乗れるぜ(・∀・)b




つわけでまずは自宅にて、買っておいた「椅子用の合成皮革」を引っ張り出し。

e0086244_12443879.jpg
現物合わせで切り出したら。



e0086244_12443888.jpg
前のふち部分だけ接着剤で留めて。



e0086244_12443818.jpg
ガムテープで仮留めし、そのままビューエルさんに取り付けて、今朝、仕事へ。



e0086244_12443800.jpg
昼休みにガムテをはがし、コンプレッサーを起動して、エアタッカーで本留め。



e0086244_12443981.jpg
いつもの通りしわだらけで、「決して近くで見ちゃいけない」仕様ではあるが。

なんとか白い革が張れた。

シングルシートっぽくて、見た目は完ぺきに俺の好み。



んで、出来上がった姿を眺めながら、思ったよね。

「ああ、これは今までの比じゃない。ハンパなく汚れるぞ」って。

ま、カッコいいから、いいんだけど。



んじゃ、また夏ツーのレポート書きに入るわ。



そんな感じで。



 




[PR]
by noreturnrydeen | 2016-08-18 19:54 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
梅雨が明けたとたん、狂ったような真夏日

タイア交換をしなくちゃならないんだが、暑いからすげぇやりたくない。

と、SNSでぶーたれてたら、ガンちゃんに「一時間くらいじゃん」言われて、「それもそうだ」と思いなおし。



仕事が終わった1時ころ、のそのそと整骨院ウラ、エリック牧場へ出るマイトガイ。

e0086244_15593406.jpg
フロントタイアはまだいくらか残ってるので、これはパンク用スペアかなんかに取っておく。



e0086244_15593522.jpg
リアはスリップサインが出てるので、さすがに捨てる。

よしなし先生なら、こっからさらに数百キロは乗るだろうけど。

俺は雨の日が怖いから、スリップサインが出たらすぐ交換するのだ。



んで、今回はいつものパイロットロード3じゃなくて、お久しぶりのピレリ。

e0086244_15593568.jpg
最初に履いてたスコーピオン・シンク以来5年ぶりくらいのピレリは、「エンジェルST」にしてみた。

最初は新型の「エンジェルGT」にしようかと思ってたんだが、安いセットがあったので値段に負けた。

数年前、パイロットロードと最後まで迷ったタイアだから、どんな感じなのか楽しみだ(・∀・)






さて、そんじゃタイア交換しますか。

言っても慣れた作業だから、まあ、1時間もあれば前後とも交換できるだろう。

つわけで、ジャッキアップして、手間のかかるリアの方から外してやる。



んで、外してるとき指がリアのブレーキディスクに触った瞬間、大事なことを思い出した。

「あ、そうだ! ずいぶん前に交換しようとして、ネジをなめたっきりだった!」

触ったディスクは、冗談みたいに思いっきり削れていた(´・ω・`)



つわけで急きょ、リアブレーキディスクの交換作業に取り掛かる。

6本の取り付けボルトのうち、一本をカンペキに、もう一本をかるーくナメてるので。

まずは慎重にボルトを外し、最後の思いっきりナメてる一本を、得意のドリルアウト。

e0086244_15593552.jpg
もはや親友と呼ぶにやぶさかでない、俺の強力なパートナー、ドリルバービットを取り付ける。


なんど助けられただろう、強力な相棒の切削力で、ネジをガリガリ削ってゆく。

e0086244_15595728.jpg

飽きた。



「つーかアレじゃん? ディスク再利用しないんだから、アタマをグラインダで飛ばしちゃえばいいじゃん!」

前向き、かつ、俺ごのみの方針が立ったところで、親友にはとっとと退場していただき。

代わりにディスクグラインダを引っ張り出してくる。



e0086244_15595762.jpg
飛ばした。

ウラからプラハンで、プラハンでコンコンたたいてディスクを外す。



e0086244_15595717.jpg
取れた。

残ったネジを慎重に削り飛ばして、ドリルバービットを当てたところで、頭がくらくらしてきた。

どうやら熱中症っぽいので、いったん冷房をきかせた院内へ戻り、ドタマをクールダウン。



「つーかさ、リアブレーキなんて、ネジ一本くらいなくても大丈夫じゃね?」



そんな天啓が降りてきたので、ドリルアウト作業を放棄することにした(ちっともクールダウンしてません)。

そうと決まれば、話は早い。

新しい……つっても中古6000キロくらいのディスクを、牧場から引っ張り出してくる。



e0086244_15595868.jpg
今までのに比べたら、ほぼ新品と言っていいディスクを、カッパーグリスを塗ったネジで取り付ける。

つーか、たぶん年内に6万キロ超えるはずのビューエルさんにとって、1万キロ以下のパーツはすべて新品(・∀・)

牧場から「ナメてないきれいなネジ」を数本みつくろって、なんとかディスク交換を終えた。



まあ、本来の作業は、まだ始まってもいねぇんだけどな(´・ω・`)



つっても、あとはそれこそ先に言ったように、慣れたいつもの作業。

とっとと終わらせちまおうと、気合いれて交換し始めた……のだが。

ここでまた、思わぬ伏兵にジャマされる。



「まじか、ピレリ! クソ硬ってぇ!」



パイロットロード3と比べて、エンジェルSTはえらいゴムが硬い(´・ω・`)

上手い人なら気にならないのかもしれないが、俺みたいに腕がないのをチカラでごまかすタイプだと。

最後のハメる段階で、かなりのパワーを必要とする。



えらい四苦八苦して、大汗かきながら、なんとかかんとか交換終了。

e0086244_16001743.jpg
ドリルアウト、グラインダパーティ、硬いゴムと、いろいろな障害があったため。

1時間どころか、結局、2時間以上かかってしまった。

終わったときには、脱水症状でヘロヘロだ。



やっぱ次回はミシュランにしよう(そういう問題じゃありません)。






エアを既定値に入れたら、早速、テストライドしてみる。

んで、最初の角を曲がったところで、思わず「うおっ!」っと声を上げてしまった。

リアのアクスルを締め忘れたのかと思ったくらい、思いっきり「リアタイアが逃げる」みたいな挙動。



なんだろうと思って、もう一度、慎重に曲がってみる。



そんな感じでしばらく乗ってたら、なるほど分かった。

減ったタイアから新しいタイアになって、新しいぶんプロファイルが尖ってるんだろう。

リアのバンキングスピードが速くなり、それが「逃げてるように感じた」みたいだ。



「そうだ、尖ったタイアだとコイツ、4WSみたいに曲がるんだっけ」



イメージ的には、回転半径が大幅に小さくなった感じで。

くるんと曲がる、薄気味悪いほどクイックなハンドリングが帰ってきた。

つーか、これだったら長いリアサスに戻して、もっと狂ったような「小回りくん」にしたいかな(・∀・)

e0086244_16001793.jpg
暑さでやられてるくせに、遠回りして曲がった道を踊りながら、楽しく帰ってきた。

来週は書類仕事で忙しいけど、それが終われば夏休み

ライトバルブ、タイア&ディスク、必要な消耗品を交換し終え、準備万端ととのったところで。



ひさしぶりに、遠くまでツーリングしてこよう。



そんな感じで。



 


[PR]
by noreturnrydeen | 2016-07-30 18:19 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
ふとユリシーズを見ると、ライトケースがおっ外れてた。

e0086244_13332330.jpg
こないだ、下げたリアに合わせて、ライトの角度を調整したのだが。

そのせいで、バルブのケツがフレームに当るようになったのだ。

さすがに、「走りながらライトを落っことす」なんてのは笑えない。



なので、ちょうどいい機会だと、前から気になってたアレを買ってみた。

e0086244_13332447.jpg
一般的なケツの方じゃなく、頭の方にクーリングファンが付いた、LEDバルブだ。

みんな正直、気になってただろ? 大丈夫、かみさんはみんなの人柱だから。

ロクでもなさそうで、かつ、面白そうなパーツは、ビシっと使ってみるから(・∀・)



なお、「だったら車高を戻しゃいいじゃん」という、至極もっともなご意見は。

「なるほど、貴重なご意見、ありがとうございます」と言わせていただいたあと、謹んで却下する。

それじゃ、つまんないじゃんヽ(`Д´)ノ



昨日の夜に頼んだら、今朝にはもう着荷した、フロントファン型LEDバルブ25W×2本。

e0086244_13332480.jpg
こんな風に、ケツ側(手で持ってるところ)は、普通のハロゲンと同じ形。



e0086244_13332421.jpg
矢印に部分に、クーリングファンが入ってるので、全長が短いライトケースだと、ちょっとしんどいかも。

つっても、俺の100Φケースでも平気なんだから、原付でもない限り、たぶん大丈夫。

ちなみに光量は2800ルーメンなので、今までのよりちょっと暗いっぽい。



つっても中華バルブはどっちにしたって、うたい文句どおりの光量なんて出てないけどね。

e0086244_13334249.jpg
ケースにセットしてみると、見た目はずいぶんと変わる。

だからって性能にはビタイチ関係ないんだけど、なんとなくうれしい。

あとは、夜の走りに支障ないくらい、明るければいいんだけどなぁ。



e0086244_13334273.jpg
後から見ると、ハロゲンバルブと区別がつかない。

これは、ライト後ろ側のスペースが少ない車両には、えらいありがたい。

ホント、いろいろと考えるやつがいるよなぁ。



e0086244_13334296.jpg
点灯してみると、構造的にあたりまえなんだが、下半分がまったく光らない。

そのこと自体は、別にどうでもいいのだが、よろしくないことがひとつ。

俺のビューエルさんは、バイザーの取り付け位置を下げてあるので、その光る部分にかぶさってる。



これはさすがに、明るさが足りないだろう。

つわけで、バイザーの位置をもう少し上げてやることにする。

まあ、穴自体は以前あけてあるから、そんなに手間でもない。



と思ったら。
e0086244_13334217.jpg
一回作ってみたところ、プレートをバイザーに固定するネジのケツが、マウントの邪魔になることが判明。

がっかりしながら、もう1セット作り直しする、かみさん46歳。

直射日光にあぶられてクソ暑い中、ひたすらプラ板を切り出し穴あけて、取り付け完了。



e0086244_13340389.jpg
今までの位置とノーマル位置の、ちょうど中間くらいの取り付け位置。

見た目は今までのより若干まぬけだが、まあ、問題ないレベルかな。

ま、見た目に関しては、俺以外、どーでもいい話だろうけど(´・ω・`)



肝心の明かりに関しては、隠れてたライトがそこそこ現れたので、まあ大丈夫だろう。



e0086244_13340379.jpg
ハイビーム。なかなか力強い輝きに、「早く暗くならないかなぁ」とつぶやくマイトガイ。

それから、気になってたけど実用には問題なかったので放っておいた、リアブレーキランプの修理。

リアの「油圧ブレーキスイッチ」が壊れてるっぽいので、フロントと同じ汎用品に付け替える。



e0086244_13340350.jpg
油圧スイッチはどうしても壊れるよね。

つって機械式にするのめんどくさいし、これで2年も持ってくれれば充分かな。

壊れても、バイクが止まったり俺が死んだりしないパーツは、正直、あんま燃えない。



e0086244_13340452.jpg
取り付け完了したら、エア抜きして手ごたえを出す。

今回は、キャリパーごと外してエア抜きしなくても、この位置ですぐに終わった。

フルードはいつも通り、ワコーズのSP-Rだ。



e0086244_13342926.jpg
それから、タイアのエア圧を計って、ちょっと足してやる。

もちろん、いつもどおりメーカー規定値だ。

俺の走り方とビューエルさんの速度なら、エアを下げる意味があまりないからね。



e0086244_13343084.jpg
最後にハンドル位置を下げて「戦闘ポジション」にしてやる。

のんびり走るためにアップしてたんだけど、この足のセットだと下げた方がいいような気がしたのだ。

ま、ダメならまたアップすればいいだけだしね。






つわけで帰り道、ライトとハンドル位置のテスト&調整。

e0086244_19534370.jpg
ロービーム。夕方なので夜ほどはっきりはしないけど、照らす範囲とか光軸はよさそう。


e0086244_19535391.jpg
ハイビーム。だいたい真っすぐで、ほんの気持ち上向きってのが、カンペキ。

ブレーキングの時に、突っ込んでく先が見やすいから。

完全に真っすぐだと、ノーズダイブで下向きになるから、ブレーキングの時ちょっと見づらいんだよね。



まあ、「そんな速度で走らなきゃいい」って正論は置いといて。



んで走り出してみると、思った通りライトの方はいい感じ。

今までのと比較して、特に暗いってこともないし、これなら問題ない。

が、そんなことよりなにより、もっと大変なことが起った。



いつもどおりテキトーに下げたハンドル位置が、異常なまでにジャストフィットしたのだ。



シートの角度、足周り、エンジンの調子、そのすべてがかみ合った奇跡的な状態。

ちょっとした曲がりひとつで、頭の先からタイアまで、きれいに「乗る」のが感じられる。

車体の真下に30センチくらいのスケート刃を付け、氷の上でエッジを立て、「その刃だけで曲がってく」ような。



毎日乗ってても、「一年に何度あるか」っていうくらい、めちゃめちゃ思い通りに走れる。



「やっべぇ、めっちゃ気持ちいい! 峠いきてー!」



それもできるならば、伊豆スカやターンパイクじゃなく、ツバキとか筑波みたいなクソ曲がり道へ。

そんな感じでウルトラご機嫌のまま、後半はライトのことなんかほとんど忘れてすっ飛ばした。

いやまあ、忘れてるってことは、「違和感がなくて見やすい」ってことなんだろうけど。

e0086244_13343040.jpg
単車ってのは、メンタル含めた乗り手の調子に左右されやすい。

だから明日になれば、今日ほどの感動的なマッチングにはならないんだろうけど。

とりあえず、「今のハンドル位置はマーキングしておこう」と心に誓った。



そんなワクワクした夏の夜(・∀・)


 


[PR]
by noreturnrydeen | 2016-07-28 13:35 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
ハロゲンに戻してしばらく走ってたのだが、雨の日がちょっとストレス。

LEDは雨の日に見やすく、被視認性も高いので、ハロゲンだと不満なのだ。ゼイタク病。

なので、「LEDに戻したいな」と思っていた。



ンでいつものダメ展開、「戻したい」ありきで考え出しちゃった、かみさん46歳。

「LED自体は30Wだけど、冷却ファンのモータも回すから、大丈夫じゃね?」

ほとんど根拠のない、超理論を展開する。



万が一、オルタネータ壊れたらめっちゃ泣くクセにバカだよね。

e0086244_13022090.jpg
つわけでLED30W×2灯に戻したビューエルさん。



e0086244_13022037.jpg
ついでにチェーンオイルをさしたり。



e0086244_13022036.jpg
プライマリーチェーンのチェックしたり。



e0086244_13022904.jpg
プライマリーオイルを足したりして、そのまましばらく走ってた。






そんなある日。



家に帰ろうと走り出すと、電圧計が12.0Vからビタイチ動かない

今までは、エンジンかけたら13~14Vくらいになってたから、これは明らかにおかしい。

「マジかよ! またレギュレータ逝ったんけ? それともまさかオルタネータ?」



ものすげぇ哀しい気持ちで、KLXに乗り換えて家に帰る。



んで今日の昼休み。

オークションで落としたブツが着荷したんだが、電気が気になってやる気が起きない。

が、バイクは勝手に直らないので、どうあれ修理はしなくちゃならない。



ふくれっ面をしたまま、それでも仕方なく腰を上げる。クソ暑いのにめんどくさいなぁ。

e0086244_13022957.jpg
テスターを持ってオモテに出たら、まずはレギュレータの出力側を計ってみる。

これで出てなかったら、ACで入力側を計らなくちゃいけないのだが、やりたくないなぁ。

ぶつくさ言いながら計ってみると、おぉ、よかった! とりあえず出力側は15Vほど出てる。



「それじゃあ、ここからバッテリまでの間で、断線してるのかな?」



それなら最悪、レギュレータから直でバッテリまで引っ張ればいいから、どうにかなる。

一気にやる気の出てきた俺は、オス側のカプラ、バッテリへ行ってる線にテスターを当てた。

すると、「あれ? 12.5Vくらい出てるぞ? ってことは断線してないじゃん」



それはそれでありがたいのだが、だとしたら原因は何だろう?

首をひねりつつ、「カプラの接続だったのかなぁ」とつぶやいて。

カプラをしっかり差し込み、エンジンをかけてから電圧計を見ると。

e0086244_13022922.jpg
何がなんだか判らないうちに、直ってた。

とはいえ、「本当にカプラーの接続だったのかは不明」だから、このまましばらく様子見だ。

それでもとりあえず、レギュレータもオルタネータも壊れてなくて、ホントよかった(´∀`)




つわけで、がぜん、ハリキリモードに入ったマイトガイ。

院内へ戻って、オークションで落としたブツの写真を撮り。

意気揚々とエリック牧場へとってかえす。

e0086244_13025321.jpg
これがそのブツ、XB-SかR用のフロントフェンダーだ。



e0086244_13025394.jpg
なぜか「ユリシーズ・ステッカー」が貼ってあるところに、運命的なものを感じたんだろうね、落とした時の俺は。

泥酔して起きたら、いつの間にか落ちてたから、詳細はこれっぱかしもわかんないけど。

後期型ユリシーズのXB12XTなら、このフェンダー使ってるんだけど、なんでXのステッカーなんだろ?



電気系が直った(?)ので、幾分テンションの高いまま、フェンダーを取り付けてみると……

e0086244_13025433.jpg
……ぬう、ビミョーwww

白フェンダーの先っぽを切り取れば、それっぽくなるかもだけど。

めんどくさいしクソ暑いので、今日はとりあえず、このままでいいや。



e0086244_13030757.jpg
そんな感じで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2016-07-14 19:58 | メンテナンス・カスタム | Trackback

XB12X 電圧計の取り付け

 
バッテリが上がって、セルを回した瞬間「んごっ」って言ったきりエンジンがかからない。

あのガッカリ感はなかなかの破壊力があるので、二度と食らわないようにしたい。

なので、よしなし先生にもらった電圧計を取り付けることにした。



e0086244_21154536.jpg
ユリシーズに元から付いてる、シガーソケットのカプラーを加工して取り付ける。

と思ったらこれはリア用(ユリシーズは前後にシガソケがある)のカプラーで、フロントは普通にギボシ端子だった。

カプラームダにすんのも悔しいので、これは後日、なにかの電装部品を取り付けるのに使おう。



まあ、あと付けるたってETCくらいしか思いつかないけど。



e0086244_21154580.jpg
配線つないだら、本体をメーターの下に、屋外用の強力な両面テープで貼り付ける。




e0086244_21154501.jpg
キーオンで12.1Vてのは、バッテリ直じゃなくて途中に色んな部品が挟まれてるからだろう。



e0086244_21154575.jpg
エンジンかけると13.7、走り出すと13.9~14.1くらいで安定してた。

あとは思ったよりちょっと上向きだったライトを、明日の昼にでも調整して。

今回のレギュレータ騒ぎは、すべて終了だ。



今週中に書類仕事を終わらせて、週末は久しぶりに走り行ってみようかな(・∀・)



そんな感じで。


 




[PR]
by noreturnrydeen | 2016-06-27 21:30 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ