カテゴリ:メンテナンス・カスタム( 224 )

 
「もう、いじらない」と言ってからが本番だ(`・ω・´)キリッ(挨拶)



つわけで、着荷したのは薄型シート。

e0086244_12521406.jpg
ノーマルより2~30mmほど低いのかな。

体感効果が薄ければこいつを更にあんこ抜きして足つきを下げる予定。

やっぱせっかくだから足つきベタベタにしたいじゃん?(個人差があります)



なお、ノーマルシートはロングツーリング用に保存。



e0086244_12521534.jpg
左がノーマル、右が薄型。

ほんのちょっとの差なんだけど、これが思ったより効いた。

またがっただけだと微妙だけど、走り出すとすぐに違いが判るくらいには。



e0086244_12521408.jpg
e0086244_12521579.jpg
上がノーマル、下が薄型。

見た目の差はほとんどないんだけど、ハンドルを持つ手首の角度とかスクリーンの防風効果が変化した。

しばらくこれで走って、そのうち気が向いたらあんこ抜き(・∀・)




それから、フロントスプロケットを交換する。

e0086244_12530607.jpg
もね、カブの一速って存在する意味がわかんないくらいローギアードなんだよね。

こんなの相当ハードな坂を上る時くらいしか使う場面が思いつかない。

なに、メーカーがケモ道走れって推奨してるの? ってくらい。



なので15と迷った挙句16Tを選択。

e0086244_12530655.jpg
サイズの違いはこのくらい。

取り付けは超が付くほど簡単で、チェーン交換も必要なかった。

作業時間、シートも込みで30分かからないくらい。



e0086244_12530761.jpg
スプロケットカバーにギリギリだから、カバーをするなら16が最大サイズになるかな?

ノーマルのカバーについてる、変な金属の板は外した。

あれ、なんなんだろうね。



試走してみると、まったく問題ない。

むしろこれがノーマルなんじゃねぇのってくらい、全ギアが使いやすい

一速のアホみたいなエンブレもなくなって、60キロ走行でエンジンが頑張ってる感じもなくなる。



中間加速も問題ないので、JA10乗りで迷ってる人は、16でいいと思うよ。

つーかなんで純正、あんなにローギアードなんだろう。

むしろ設計者があのギア比を選択した理由を知りたくなるね。



そんな感じで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-10-30 13:10 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
またちょっと、カブさんの旅用カスタムをした。

ま、ロングツーリングに出られるのは、だいぶん先の話なんだけど。

そこはほら、恋はノンストップって言うじゃん?

e0086244_12545493.jpg
つわけでまずは携帯マウント。



e0086244_12545593.jpg
左の大きなネジがステーと本体の固定、真ん中のが携帯本体とホルダーを固定する。



e0086244_12545545.jpg
ホールド部分は最大でこのくらい開く。

さすがにタブレットは無理っぽいが、携帯ならまあほとんどの機種で行けんじゃないだろうか。

携帯買い替える予定はないけど。



e0086244_12552144.jpg
とりあえず、素組みして取り付けてみると、ほぼ水平になる。



e0086244_12552140.jpg
これはさすがに使いづらいし見づらいだろう。



e0086244_12552255.jpg
つわけでステーを曲げる。

中華製かつ数百円の品物だから、わりとあっさり無茶ができる(・∀・)



e0086244_12552270.jpg
画面がこっちへ正対するように調整して固定。

んで、火・水曜はろろちゃんとすごし

ろろちゃんに意見をもらって買ったスクリーンが本日、着荷する。



e0086244_13023627.jpg
アドバンテージの汎用スクリーンは、初見でだいたい付け方がわかるシンプルさ。

んで、昼休みに土砂降りの中、カッパを着て作業をする。

さすがに写真を撮る余裕はなかった。



e0086244_13023670.jpg
10分くらいで取り付け完了。

この手のパーツのお約束通り、取り付けそのものより調整の方に時間がとられた。



e0086244_13023783.jpg
とにかくこれで、カブ三種の神器である、ハンカバ・箱に続き。

最後のアイテム「スクリーン」が装着された。

しっかし、カブの何がすごいってさ。



e0086244_13023835.jpg
雨の中、カッパ着て作業させちゃう、その魅力だよね。

こんなのビューエル以外でやったことないよ。

あとはとにかく、とっとと晴れ間がのぞくことを、今は祈るのみだ。



そんな感じで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-10-19 16:46 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
カブさんが1000キロを超えたので。
e0086244_15165515.jpg
オイル交換と点検をした。


e0086244_15165402.jpg
オイルはいつものAZを800ml、カブはフィルターが遠心型機械式なのでフィルタ交換はナシ。



e0086244_15165573.jpg
オイルが抜けたらキックスターターを二三回蹴って、残ったオイルを出す。


e0086244_15165505.jpg
ドレンワッシャが入ってなかったので、エリック牧場から適当に見繕って。

交換が終わったら「ネンオシャチエブクトウバシメ」を適当にチェック。

チェーンの初期伸びがあるかと思ったけど、そんなでもなかった。



つーかビューエルと比べちゃいけないんだろうけど、カブさんはすべてにおいて作業が楽でいいなぁ。



今週末は雨みたいなので、来週末大郷戸でキャンプしてくる。

じゃないとそろそろ禁断症状が出てきそうだからね(・∀・)

そんな感じで。



 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-10-11 15:26 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
カブに時計とコンパスを付けた。

e0086244_13430535.jpg
写真左がコンパスで、右が時計。

どっちも100均の安物を両面テープでウィンディ―(ナックルガード)に貼っただけ。

e0086244_13430687.jpg
それだけなのに、やたら遠くへ行きたくなるから不思議だ。

もっとも今週末は飛行機で九州へ行くので、バイクには乗れないんだけど。

遠くへツーリングに行く妄想を膨らませながら、鼻歌を歌いつつ通勤しよう。



そんな感じで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-10-06 13:46 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
キャンプ&クラフト道具置き場であるベア牧場の片付けをしてたら。

ツーリングで使うガソリンボトルが目についた。

「そうだ、これをカブに積む算段をしなくちゃ」
e0086244_14505283.jpg
つわけでドリンクホルダーを利用して取り付けてみた。

ボトルはアルミ製の500mlなので、サイズはペットボトルとそれほど違わない。



e0086244_14505394.jpg
外れないよう、タイアチューブで作ったベルトで固定。

マウント部分にもチューブゴムを巻いて太さを調整した。

振動でズレる可能性はあるけど、ダート走っても落っこちることだけはないだろう。



つーか走んねーけど(・∀・)



e0086244_14505352.jpg
せっかくなので1000mlボトルも嵌めてみた。

こっちは500より径が太いのでかなり無理矢理になるが、まあ嵌まらなくはない。

でもガチツーリングで使うなら、ホルダーは変えた方が良さそうだ。



なんてやってたらロングツーリング行きたくなっちゃって。



e0086244_14505480.jpg
リッターボトルはここの方が良いかなぁとか、


e0086244_14511170.jpg
いや、箱の下がいいんじゃね? とか妄想が止まらない

雨予報のなか、出かけるの我慢するのにえらい難儀した( ・∀・)



明けて本日、気になってた案件を片付ける。

e0086244_14511296.jpg
まずはこのナックルガードのマウント。

樹脂のパーツに動くネジが擦れるってのはヨロシクない。

簡単に削れて穴があくからね。



e0086244_14511233.jpg
エリック牧場でテキトーに樹脂ワッシャとステンレスワッシャをみつくろって。



e0086244_14511308.jpg
固定完了。

これでたぶんガードに穴があくことはない。



カブが終わったら、今度はビューエルさん

e0086244_14515641.jpg
発注してあったリザーバータンク。

何でリザーバータンク交換なんかするのかってーと。



e0086244_14515732.jpg
前のリザーバータンクがえらいことになってたから。

タンク内にドロリとした怪しげな白い影。

たぶんダメなヤツだこれ。



んで、適当にステーを自作したら、リザーバーのホースが短かったので。

e0086244_14515742.jpg
牧場にあったなんかのホースを仮使用する。

見た目がアレなんで、そのうちカッコいいホースに交換する予定。

つってメンドーになっちゃってやらないんだろうなぁ。



ホースの色なんて走るのに関係ないし。



e0086244_14515720.jpg
あとはエア抜きして作業終了。

試し乗りだけしたら、カバーをかけてエリック牧場へ仕舞う

まだもう少し、カブに飽きるまではゆっくり休んでてね、ビューエルさん。



e0086244_14521211.jpg
そんな感じで。



 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-09-25 20:25 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
箱を付けた段階で自分でも、おそらくやるだろうとは思っていた。

カブの定番と言えば、「箱」「シールド」そして「ハンドガード」だろう。

いわゆる「カブ三種の神器」だ(出典を明確にしましょう)。



つーかまぁ2000円かそこらだし、とりあえず付けとけってなトコだ。

んで買ったのが、いわゆる大型ハンドガードってやつ。

大久保製作所のナックルガードホワイトという製品だ。

e0086244_11262857.jpg
それが今朝になって着荷したので、ニコニコで受け取り梱包をあけると。

無地だと思ってたナックルガードに、なにやら商品名が刻印されてる。

そう、ステッカーとかプリントじゃなく、成形段階でばっちり刻まれてる。



e0086244_11262952.jpg
「ウィンディーてwwwww 泉優二かwwwww」

朝っぱらからキレのあるツッコミ(ただし40代以上に限る)を決めたところで。

早速、取り付け作業に入るマイトガイ。



ああ、ちなみに泉優二さんってのは、バイクレース小説の大家で故人だ。

ウィンディーはそのデビュー作で、世界GPに挑戦するプライベーターの話。

レース活動の困難さや人間関係の難しさを、深く考えさせられる名作だ。



個人的には、「走りに悩んでる主人公が友人とのツーリングで……」ってシーンが好き。



閑話休題。



作業自体は14mmのオープンエンド二本でできる簡単なお仕事。

ただ、ミラーを外すのに、気を付けないといけないポイントがあって。

JA10からのカブつーか、その辺の年代のホンダ車ミラーは……



本体が左右とも正ネジでアダプターは左右とも逆ネジ



ってところ。



なんでこんなワケの分からん仕様なんだと思ったら、法律のせいらしい。

何年からだか忘れたけど、「コケたら緩む仕様にしろ」って法律ができたんだと。

つまり左にコケれば本体から、右ならアダプターからユルむってことだ。



頭いいんだか悪いんだか(´・ω・`)



つわけで、取り付け完了。
e0086244_11262918.jpg
これはJA07までのカブ用だったみたいで、取付穴が小さかったり、車体にちょっと当たったりする。

ちゃんと付けたきゃ、多少の加工か工夫がいるね。

俺はメンドーだから、強引につけちゃったけど(・∀・)



e0086244_11262970.jpg
なお、さすがの世界戦略車、ネジ径は原付用8mmじゃなく、一般的な10mmになってた。

先述したように本体側は左右とも正ネジだから、そこらで売ってるミラーは大概つけられる。

いや、俺は別にミラー交換する気ないけど。



そんな感じで。



 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-09-23 11:53 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
週末の山賊宴会へ向けて、リアボックスを付ける。

そう決めていろいろと物色してみたのだが、なかなかいいのが見当たらない。

なので基本どおり、ホームセンターボックスを付けることにした。

e0086244_14404026.jpg
選んだのは巾500mmのこんな箱。

持ってる600mmのを載せてみたら大きかったので、これを1600円で買った。

容量的には俺の装備だとこれで充分だ。



e0086244_14404034.jpg
なんかモノサシがついてた。



e0086244_14404108.jpg
まずはそのまま載せてみて、どんなふうに固定するかを検討。



e0086244_14404121.jpg
縦置きもいいんだけど、またがってみたら背中に当たって邪魔だったので、横置きで行く。



e0086244_14410755.jpg
つわけで固定用のUボルト、一本45円を買ってきて取り付け作業。



e0086244_14410897.jpg
ま、大騒ぎするほど難しい作業じゃないので、とっとと進める。



e0086244_14410816.jpg
固定してから全体を眺めて、「これでいいか」となったところで。



e0086244_14410968.jpg
Uボルトのあまりを、グラインダで切り飛ばし。



e0086244_14414166.jpg
あまってたファイルケースをバラして、ボルトの頭の養生。



e0086244_14414123.jpg
同じく余ってた滑り止めのシリコンシートを敷いて完成。



e0086244_14414373.jpg
背中とのスペースをとった部分に、カッパ代わりのポンチョをセット。



e0086244_14414204.jpg
俯瞰するとこんな感じ。

ま、箱とカブが合わないわけないよね(・∀・)

あとは適当にフックとかステッカーでもつけてやろうかな。



そんな感じで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-09-13 14:55 | メンテナンス・カスタム | Trackback

XB12X バッテリー交換

 
夏ツーリングでトラブったビューエルさん。

戻ってきてすぐ、バッテリーをチェックした。

e0086244_15085119.jpg
取り外して。



e0086244_15085253.jpg
電圧を計ると、7.86ボルト



e0086244_15085258.jpg
おそらく死んでるとは思うんだけど、試しに充電してやる。



e0086244_15085396.jpg
24時間後に計測してみると、9.17ボルト

「ああ、こりゃさすがにもうだめだな」ってんで、このバッテリーはあきらめる。

ちなみにエリック牧場(パーツ置き場)で放置してた別のバッテリも死んでた。



なので後日、新しいバッテリーを購入。

それが本日、到着した。

e0086244_15091284.jpg
最初は台湾ユアサあたりにしようと思ってたんだが。

同じ6000円くらいで、ハーレィ用ってのが出てたので試しに購入してみた。

「スーパーナット ハーレー専用AGMバッテリー」ってやつね。



e0086244_15091256.jpg
ポイントは、バッテリー端子が本体とツライチなところ。

ここが普通のバッテリーみたいに内側にあると、端子の取り付けにカラーが必要になるのだ。

乗ってる人は判るだろうし、乗ってない人には要らない知識だから、詳しくは書かないけど。



e0086244_15091334.jpg
バッテリー液注入済みの製品なので、計ってみると12.63ボルト出てた。

補充電した方がいいんだろうなぁと思いつつ、メンドーなのでそのまま使う。

んで、サクサク取り付けて、さあ、キーオンしようかってところで………



とんでもないコトに気付いちゃった、かみさん47歳。



これ、バッテリ端子のプラマイが逆じゃんか!

e0086244_15091284.jpg
ビューエルつーかハーレィの純正だと、この写真でプラスが右に来なくちゃいけないのだ。

このままとりつけても、もちろん100パー動かない。

むしろアチコチに不具合が出る。



それも、俺の苦手な電気的トラブルだ(`・ω・´)キリッ



軽く呆然としつつ、バッテリーを見つめる47歳。

それからガッカリしつつバッテリーを外し、どうにかならんもんかと考える。

バッテリーケーブルが短いので、どうかなりそうには見えないんだけど……



「いやまて、これ、行けんじゃね?」



マイナスのケーブルが、車体のすぐ近くにボルトマウントされてる。

これならもしかして、と思いつつ、とりあえずマイナスケーブルを外してみる。

すると、どうやら、どうにかできそうだ。

e0086244_15091348.jpg
外したマイナスケーブルの赤い矢印の部分を、黄色い矢印のボルトに移設して共締め。

プラスケーブルの方は長いので、取り回しに問題はなさそう。

思いついたらやってみるのが、かみさん47歳の真骨頂。



ケーブルを移設して、なんとかプラスマイナスを入れ替えたら。

e0086244_15091315.jpg
端子をペーパー掛けしたり、接点復帰剤を塗ったりして準備を整え。







どうやら、無事にエンジンがかかって、アイドリングも安定してる。

e0086244_15091463.jpg
アイドリングで14.0ボルト出てるので、オルタやジェネも大丈夫そう。

そのまま近所を試乗してみると、失火やトラブルもなく、走ってこれた。

大きく溜息をついて、喜びをかみしめるマイトガイ。



e0086244_15091470.jpg
それから、久しぶりに顔を「まろやかフェイス」にもどして。

しかし、まだまだやることがあるので、ユリシーズはもとの位置へ仕舞おう。

ブレーキのエア抜きとか、リザーバタンクとか、オイル交換とか。



なにより……



e0086244_15091486.jpg
もう少し、カブに飽きるまでね(・∀・)



そんな感じで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-09-08 16:06 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
ベトナーム・ホーチーミン♪ ベトナーム・ホーチーミン♪

カブと言えばベトナム、ベトナムと言えばカブというわけで。

カブカスタムの定番、ベトナムキャリアを買った。

e0086244_12422369.jpg
股の間につけるキャリアで、見ただけで便利さがわかるという、実に機能美に優れた逸品だ。



e0086244_12425676.jpg
ただ、取り付け精度に関してはお察しなので、付属の樹脂カラーだけでは車体に当たる。

もちろんキャリアそのものを変形させてもいいのだが。

今回の場合はカラー程度で済みそうなので、エリック牧場から見繕う。



e0086244_12422346.jpg
こんな感じ。



e0086244_12422484.jpg
取り付け完了。



e0086244_12422481.jpg
ちょっとしたものを挟み込むクランプもあって、めちゃめちゃ便利(・∀・)



e0086244_12433271.jpg
すると、カブ乗り先輩のろろちゃんから、素敵アドバイス。

「外した純正のコンビニフックは、センターボルトと共締めするといいよ」

なるほど、遊ばしといてももったいないし、これは素晴らしい(・∀・)



e0086244_12433386.jpg
つわけで、カスタムというほどのモノでもないけど、ベトナムキャリアを取り付けた。



e0086244_12440810.jpg
一応、ノーマルで乗ろうと思ってるので、あとは基本的に何もしない予定。

の、つもりだったのだが……カブのカスタム情報、多すぎるwww

つーかね、カブに乗るつったら、ダメ人間どもが「え? いじるんでしょ?」的に色々やかましいwww



つわけで………すでに飽和気味なカスタム情報の誘惑に。

俺が「耐えられば」ノーマルで乗るよ(・∀・)b

そんな感じで。


 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-08-31 11:23 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
かみさんとビューエルさんのコンビったら、トラブルが売り。

しかも昨日の段階で、実に上質な「前フリ」をしてある。

なんの話かつーと、今朝、仕事に行こうと走り出したら、



いっきなし、クラッチケーブルが切れたのだ(´・ω・`)

e0086244_20030410.jpg
朝っぱらからガンガン照り付ける太陽のもと、路肩でケーブルの応急処置をするマイトガイ。

とは言え、ケーブル切れなんて数年前なら頻発してた、言わば「マーマレード年中行事」だ(・∀・)

とりあえず動けるようにして、職場までごまかしごまかし走る。



と、さすがビューエルさん。そんな気楽には行かせないよとばかりに。

残り500メータくらいで応急タイコが外れ、踏切まえでエンスト。

仕方ないので、単車乗りにはおなじみ、「キリンシステム」で乗り切った(´・ω・`)



で、半日仕事を終えた午後一時。

悪魔的にクソ暑い直射日光へ文句を言いながら、クラッチケーブル交換。

昨日、開けたばっかりのネジを三つ外してアクセス。

e0086244_20030519.jpg
そこからケーブルを引っこ抜いて、スペアのケーブルを差し込む。

ハーレィ純正のケーブルよりだいぶん細い、一般的なスペアケーブルなんだが。

まあ、ビューエルさんの倍くらいパワーのあるバイクでも行けるんだから、ダイジョブだろう。



差し込んだケーブルが、レバー側から顔を出したら。



e0086244_20030551.jpg
タイコへ差し込んで、ハンダ付け。

と、気楽に書いてるが、実際はこの作業にイチバン時間を喰った

何度も言ってるからおなじみだろうが、俺はこういう「細かい作業」がすごぶる苦手なのだ(´・ω・`)



つわけで、朝っぱらから大騒ぎしたケーブル騒動も、無事に決着。



これでどうやら落ち着いたので、クソ暑いあいだはあんま更新しないと思う。

いや、やめろ。フラグじゃねぇ

秋まで……じゃなくて、この先ずーっと、もうビューエルさんはトラブらないのだ(`・ω・´)



そんなイキフンで。



 

[PR]
by noreturnrydeen | 2017-07-12 20:36 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ