marmalade spoon(マーマレードスプーン)


という単車サイトの、過去ログおよびメインコンテンツ。

現在、もっとも更新頻度が高い。

時系列の途中、抜けてる部分は本家においてあるので、

気になったらmarmalade spoonへ。



 

 
[PR]
# by noreturnrydeen | 2018-12-31 00:00 | はじめに | Trackback
 
箱を付けた段階で自分でも、おそらくやるだろうとは思っていた。

カブの定番と言えば、「箱」「シールド」そして「ハンドガード」だろう。

いわゆる「カブ三種の神器」だ(出典を明確にしましょう)。



つーかまぁ2000円かそこらだし、とりあえず付けとけってなトコだ。

んで買ったのが、いわゆる大型ハンドガードってやつ。

大久保製作所のナックルガードホワイトという製品だ。

e0086244_11262857.jpg
それが今朝になって着荷したので、ニコニコで受け取り梱包をあけると。

無地だと思ってたナックルガードに、なにやら商品名が刻印されてる。

そう、ステッカーとかプリントじゃなく、成形段階でばっちり刻まれてる。



e0086244_11262952.jpg
「ウィンディーてwwwww 泉優二かwwwww」

朝っぱらからキレのあるツッコミ(ただし40代以上に限る)を決めたところで。

早速、取り付け作業に入るマイトガイ。



ああ、ちなみに泉優二さんってのは、バイクレース小説の大家で故人だ。

ウィンディーはそのデビュー作で、世界GPに挑戦するプライベーターの話。

レース活動の困難さや人間関係の難しさを、深く考えさせられる名作だ。



個人的には、「走りに悩んでる主人公が友人とのツーリングで……」ってシーンが好き。



閑話休題。



作業自体は14mmのオープンエンド二本でできる簡単なお仕事。

ただ、ミラーを外すのに、気を付けないといけないポイントがあって。

JA10からのカブつーか、その辺の年代のホンダ車ミラーは……



本体が左右とも正ネジでアダプターは左右とも逆ネジ



ってところ。



なんでこんなワケの分からん仕様なんだと思ったら、法律のせいらしい。

何年からだか忘れたけど、「コケたら緩む仕様にしろ」って法律ができたんだと。

つまり左にコケれば本体から、右ならアダプターからユルむってことだ。



頭いいんだか悪いんだか(´・ω・`)



つわけで、取り付け完了。
e0086244_11262918.jpg
これはJA07までのカブ用だったみたいで、取付穴が小さかったり、車体にちょっと当たったりする。

ちゃんと付けたきゃ、多少の加工か工夫がいるね。

俺はメンドーだから、強引につけちゃったけど(・∀・)



e0086244_11262970.jpg
なお、さすがの世界戦略車、ネジ径は原付用8mmじゃなく、一般的な10mmになってた。

先述したように本体側は左右とも正ネジだから、そこらで売ってるミラーは大概つけられる。

いや、俺は別にミラー交換する気ないけど。



そんな感じで。



 

[PR]
# by noreturnrydeen | 2017-09-23 11:53 | メンテナンス・カスタム | Trackback
 
週末の山賊宴会へ向けて、リアボックスを付ける。

そう決めていろいろと物色してみたのだが、なかなかいいのが見当たらない。

なので基本どおり、ホームセンターボックスを付けることにした。

e0086244_14404026.jpg
選んだのは巾500mmのこんな箱。

持ってる600mmのを載せてみたら大きかったので、これを1600円で買った。

容量的には俺の装備だとこれで充分だ。



e0086244_14404034.jpg
なんかモノサシがついてた。



e0086244_14404108.jpg
まずはそのまま載せてみて、どんなふうに固定するかを検討。



e0086244_14404121.jpg
縦置きもいいんだけど、またがってみたら背中に当たって邪魔だったので、横置きで行く。



e0086244_14410755.jpg
つわけで固定用のUボルト、一本45円を買ってきて取り付け作業。



e0086244_14410897.jpg
ま、大騒ぎするほど難しい作業じゃないので、とっとと進める。



e0086244_14410816.jpg
固定してから全体を眺めて、「これでいいか」となったところで。



e0086244_14410968.jpg
Uボルトのあまりを、グラインダで切り飛ばし。



e0086244_14414166.jpg
あまってたファイルケースをバラして、ボルトの頭の養生。



e0086244_14414123.jpg
同じく余ってた滑り止めのシリコンシートを敷いて完成。



e0086244_14414373.jpg
背中とのスペースをとった部分に、カッパ代わりのポンチョをセット。



e0086244_14414204.jpg
俯瞰するとこんな感じ。

ま、箱とカブが合わないわけないよね(・∀・)

あとは適当にフックとかステッカーでもつけてやろうかな。



そんな感じで。


 

[PR]
# by noreturnrydeen | 2017-09-13 14:55 | メンテナンス・カスタム | Trackback

XB12X バッテリー交換

 
夏ツーリングでトラブったビューエルさん。

戻ってきてすぐ、バッテリーをチェックした。

e0086244_15085119.jpg
取り外して。



e0086244_15085253.jpg
電圧を計ると、7.86ボルト



e0086244_15085258.jpg
おそらく死んでるとは思うんだけど、試しに充電してやる。



e0086244_15085396.jpg
24時間後に計測してみると、9.17ボルト

「ああ、こりゃさすがにもうだめだな」ってんで、このバッテリーはあきらめる。

ちなみにエリック牧場(パーツ置き場)で放置してた別のバッテリも死んでた。



なので後日、新しいバッテリーを購入。

それが本日、到着した。

e0086244_15091284.jpg
最初は台湾ユアサあたりにしようと思ってたんだが。

同じ6000円くらいで、ハーレィ用ってのが出てたので試しに購入してみた。

「スーパーナット ハーレー専用AGMバッテリー」ってやつね。



e0086244_15091256.jpg
ポイントは、バッテリー端子が本体とツライチなところ。

ここが普通のバッテリーみたいに内側にあると、端子の取り付けにカラーが必要になるのだ。

乗ってる人は判るだろうし、乗ってない人には要らない知識だから、詳しくは書かないけど。



e0086244_15091334.jpg
バッテリー液注入済みの製品なので、計ってみると12.63ボルト出てた。

補充電した方がいいんだろうなぁと思いつつ、メンドーなのでそのまま使う。

んで、サクサク取り付けて、さあ、キーオンしようかってところで………



とんでもないコトに気付いちゃった、かみさん47歳。



これ、バッテリ端子のプラマイが逆じゃんか!

e0086244_15091284.jpg
ビューエルつーかハーレィの純正だと、この写真でプラスが右に来なくちゃいけないのだ。

このままとりつけても、もちろん100パー動かない。

むしろアチコチに不具合が出る。



それも、俺の苦手な電気的トラブルだ(`・ω・´)キリッ



軽く呆然としつつ、バッテリーを見つめる47歳。

それからガッカリしつつバッテリーを外し、どうにかならんもんかと考える。

バッテリーケーブルが短いので、どうかなりそうには見えないんだけど……



「いやまて、これ、行けんじゃね?」



マイナスのケーブルが、車体のすぐ近くにボルトマウントされてる。

これならもしかして、と思いつつ、とりあえずマイナスケーブルを外してみる。

すると、どうやら、どうにかできそうだ。

e0086244_15091348.jpg
外したマイナスケーブルの赤い矢印の部分を、黄色い矢印のボルトに移設して共締め。

プラスケーブルの方は長いので、取り回しに問題はなさそう。

思いついたらやってみるのが、かみさん47歳の真骨頂。



ケーブルを移設して、なんとかプラスマイナスを入れ替えたら。

e0086244_15091315.jpg
端子をペーパー掛けしたり、接点復帰剤を塗ったりして準備を整え。







どうやら、無事にエンジンがかかって、アイドリングも安定してる。

e0086244_15091463.jpg
アイドリングで14.0ボルト出てるので、オルタやジェネも大丈夫そう。

そのまま近所を試乗してみると、失火やトラブルもなく、走ってこれた。

大きく溜息をついて、喜びをかみしめるマイトガイ。



e0086244_15091470.jpg
それから、久しぶりに顔を「まろやかフェイス」にもどして。

しかし、まだまだやることがあるので、ユリシーズはもとの位置へ仕舞おう。

ブレーキのエア抜きとか、リザーバタンクとか、オイル交換とか。



なにより……



e0086244_15091486.jpg
もう少し、カブに飽きるまでね(・∀・)



そんな感じで。


 

[PR]
# by noreturnrydeen | 2017-09-08 16:06 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ