XB12X プラグコード&イグニッションコイル交換

 
雨が降ったときに出る、アイドリングのぐずつき。

おそらくプラグコードだろうけど、もしかしたらイグニッションコイルの可能性もある。

ならばどうせ手間は一緒だし、コイルごと交換してやろう。



つわけで単車乗りの強い味方、ヤフオクにてケーブル付きコイルを入札。



んで、着荷を待ってる間に、ちょっとした小細工。

e0086244_19251516.jpg
バッテリのケーブルを外して、プラスマイナスを直結してやる。

最近のバイクは(俺のが最近かどうかはともかく)、バッテリ外しても各所に電気が残る。

なのでそれを直結して放電させてやると、リセットされやすいらしい。



ホントかどうかは知らないが、せっかくだからやってみる。

オールリセットの願いを込めての、まあ、おまじないみたいなもんだ。

つーかオールリセット自体、必要なのかも知らんけどね(・∀・)



e0086244_19251513.jpg
ついでに、最近ニュートラとターンシグナルが点灯(つ)かないので。

メータを外して、LEDバルブの取り付けをチェックしてみる。

単発ならセンサートラブルの可能性もあるだろうけど、ふたつまとめてならバルブだろう。



とまあ、いろいろと準備をして、イグニッションコイルの着荷を待った。



やがて到着した、2006年型XB12Rのイグニッションコイル。

e0086244_19251650.jpg
ちなみに走行は16336kmなので、俺のポンコツ6万キロと比べれば新品同然

とりあえずゴム系の劣化防止のおまじない、シリコンスプレーでドブ漬け。

さーて、それじゃあクソ暑いけどやりますか。



つわけで、気温30度超えのキチガイじみた晴天のもと、ユリシーズをばらし始める。

いつも通りタンクカバーを外し、エアクリボックスを外し。

そのボックスベースを外すため、吸気温度センサーを引っこ抜き……



うぉ! マジか! 



e0086244_19251643.jpg
吸気温度センサーのコードがブチ切れてる。

「仕方ない、まずはコイツを修理してやろう」っつーわけでバラしてみたんだが。

再生はできそうもないので、めんどくさくなったマイトガイこと、かみさん47歳。



e0086244_19251725.jpg
カプラーをぶった切って直接センサーへ接続した。

センサーの後端、カプラーのオス側をグラインダで削り飛ばし、端子に直接ハンダ付け

んでセンサーと本体の接続は、「ノリで買って」余ってたエーモンの例のアレでつないでみた。



ま、なんか不具合出たら、また違う方法を考えよう。






と、思わぬ余計な作業に時間を使ったが、ここからがようやくメイン作業だ。

ネジ2本外して、カプラーを引っこ抜けば、イグニッションコイルは簡単に外れる。

外したコイルを見てみると。

e0086244_19251707.jpg
写真だと判りづらいかもだけど、コイルとプラグコードの接点金具が、クソサビまくってた(´・ω・`)

もちろん他にもトラブルの原因はあるんだろうけど、これも原因のひとつだろう。

「錆びたところを再生すれば、また使えるかもなー」なんて貧乏くさいことを思いつつ。



オークションで落としたコイルに交換して、あとは元通り組み立てるだけ。



組み上げ終わったら、バッテリを接続しなおし、キーオン。

セルを回すと、ばるるん! とエンジンに火が入る。

軽く緊張しながら、アイドリングに耳を傾ける47歳。



どどっ、どどどっ、どどっ、どどどっ、どどっ、どどどっ……



安定したアイドリングに、どうやら大丈夫そうだと胸をなでおろしかけ……るが。

今回のトラブルは「雨の中での不具合」だったわけで……

現段階ではなにも終わってないことに気づき、肩を落とす柏のイケメン。



つわけで、とりあえずだけど、ユリシーズはまた動けるようになった。

雨の日に確認してみるまでは何とも言えないが、ま、たぶん大丈夫だろ。

俺の野生の勘がそう言ってるから。



そんな感じで。



 

[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/25901194
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2017-07-08 20:49 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ