大郷戸山賊宴会 大切なマテリアル

 
「五月は山賊やれなかったから楽しみだなー!」

ユリシーズにまたがり、ウキウキで走り出す、かみさん47歳。

なお、このフレーズを久しぶりに書いて、「そうか、もう47歳か」って今さらタメ息をついたのは秘密だ。

e0086244_11400827.jpg
途中いつものスーパーでeisukeさんエンカウントしつつ(eisukeさんは敵じゃありません)。

ツマミと酒を買い込み、トータル2時間くらいで大郷戸に到着。

現地ではすでに、ろろちゃんよしなし先生が来てて、準備したり呑んだりしてる。



あー、なんかお里に帰ってきたって感じ(・∀・)



e0086244_11400878.jpg
キャンプポイント全景。

eisukeさんはVTX1800、ろろちゃんはクロスカブ、先生はSL230と、相変わらずふぞろいの林檎たち。

もともと、「同じ場所でソロキャンプする」のが山賊だから、四輪でもチャリでも徒歩でも何でもアリなのだ。



e0086244_11400912.jpg
eisukeさんのデカテント。中にバイクが入れられるってのはいいよなぁ。

ま、野宿ツーリングには向かないから、俺が買うことはないだろうけど。

河原だのさびれた公園だのでこんなの広げたら、ソッコー逮捕は間違いない。



e0086244_11400967.jpg
茨城のリアルハンターよしなし先生。まさに100万ドルの笑顔。

買い手がいるかどうかはともかく。

ちなみに、俺は1ドルでも買わない(`・ω・´)



e0086244_11402800.jpg
すっかり準備も整って、あとは呑(や)るだけの、マイトガイことかみさん47(フォーティセヴン)。

過酷なダイエット二週間を経て、驚くほど引っ込んだこのお腹を見よwwwww

…………いやまあ、身体はそれなりに軽くなったから、別にいいんだけど(´・ω・`)



e0086244_11402884.jpg
別にeisukeさんが、なにかエキセントリックな宗教にハマったわけじゃない。

電波の悪い大郷戸において、写真付きでSNSにアップしようとすると、だいたいこんな風になる。

むかーし昔の携帯電話みたいなアクションだと、みんなで大笑いした。



やがて車座になり、乾杯してのんびり呑ってると、クルマが一台やってくる。

e0086244_11402919.jpg
近かごろ出席率の高い、うわばんYちゃんがやってきた。


e0086244_11402915.jpg
クルマから荷物を降ろし、ダメ人間の輪に加わる、うわばん。

髪の毛が、ブラックジャックベルセルクみたくなってる。

ちょっといいなーと思ったのは、やっぱりここだけの秘密だ(`・ω・´)



e0086244_11404639.jpg
Yちゃんのジーンズの膝が出てて、それがもう、気になって気になってしょうがない。

もちろんエロ的な意味じゃなく、むしろ危険が危ない的な意味でだ。

ここ大郷戸は、夕方になると「ブヨ」が出るのである。



あれ、喰われると良くて一週間、下手すりゃ一ヶ月は苦しむからね。


e0086244_11404724.jpg
山賊のお父さん、eisukeさんはいつも通り、日本酒メイン。

バイクだからクルマの時ほどじゃないけど、でも、いろいろとツマミは持ってきてる。

背が高い方のカップに入ってるのは、ノンアルコールのサングリア風ドリンク



このドリンクが、のちに悲劇をおこす。



e0086244_11404722.jpg
お、先生、早くもご機嫌ですな。

野生のイノシシをストレスで殺せるあなたが笑っているのは、茨城県民の幸せですよ。

知らんけどたぶん(・∀・)



e0086244_11404798.jpg
eisukeテントの前でポーズをとる、最狂の天才ろろちゃん。

テントと同色のオレンジTシャツは、最近お気に入りの映画「127時間」の影響らしい。

かなり強くお勧めされたから、俺も近いうちに見てみようと思う。



e0086244_11410832.jpg
魅惑の肉体美を誇る「元カリスマモデル」、かみさん&ろろちゃん。

俺たちに敵はない(`・ω・´)

脂肪はある(´・ω・`)



e0086244_11410875.jpg
俺があげた(持て余したとも言う)シマチョウを炭火焼すれば、たれた脂がイキオイよく火柱を上げる。



e0086244_11410997.jpg
こちらは、うわばんの持ってきた「組立て七輪」の組み立てを手伝うマイトガイ。

スリムなボディとオシャレなもういいですかそうですか。

つーか、この写真を見て「あ、この髪形はねぇな」と思い、またボーズに戻したんだけどね。



も少し早く気づけって話だよね(´・ω・`)



e0086244_11410915.jpg
俺の今回のメインはポーランドの酒、ズブロッカ。

ハードリカーをあまり好まないろろちゃんが、珍しく好きな蒸留酒だ。

なので早速、ろろちゃんに分けてあげると……

e0086244_11413235.jpg
eisukeさんから、先ほどのノンアルサングリアをもらって、ズブロッカを割るろろちゃん。

ろろ 「これは絶対、旨いはず!

一同 「…………」

ろろ 「ぐわっ! なんだこれクソ不味い!

一同 「ぎゃはははははっ!」



e0086244_11413344.jpg
キャンプあるあるの「牛乳パックホットドッグ」をやるため、まずはホットドッグを作るうわばん。



e0086244_11413315.jpg
Yちゃんも炭火で何かを焼き始めた。



e0086244_11413301.jpg
うおー! それはぜってー旨いだろ!



e0086244_11415116.jpg
空の牛乳パックに、ホイルで包んだホットドッグを入れて、パックに火をつける例のアレ。

かみ 「うわばん、味はどうよ?」

うわ 「……ふつう」

かみ 「ぎゃははははっ!」



e0086244_11415162.jpg
さっきまで暑かった天気も、ほどよく曇って涼しい風が吹いている。

久しぶりの山賊宴会、久しぶりの緑に、思わず顔が緩(ほころ)び。

やっぱり、緑の中で呑んだくれるのは、気持ちいいね(・∀・)



e0086244_11415193.jpg
穏やかな雰囲気と、心地よい風。

こんな風に気持ちよく、それらを感じながら、日ごろの疲れを癒(いや)してゆく。

この時間があるから、また、来週からも頑張れるんだよね。



e0086244_11415258.jpg
エアガンを撃つろろちゃんと、それを撮るよしなし先生。

山賊宴会らしい、「好き勝手」な時間が始まる。

もちろん、俺も大人しくはしていない(おとなしく吞みましょう)。



e0086244_11421107.jpg
枯れ枝を拾ってきて、適当な大きさに斧でカット。

別に切る必要ないサイズのマキなんだけど、「この作業がやりたい」からやる。

俺は「雰囲気キャンパー」なので、判断基準は「やりたいかどうか」なのだ(`・ω・´)



e0086244_11421259.jpg
持ってきた焚火台で、たき火を始める。

少し肌寒くなってきたので、たき火の熱が心地よい。

やっぱ山賊はこれがないとね。



e0086244_11421256.jpg
やり切った表情で寝転ぶマイトガイ。

ま、焚き火をして満足しただけなんだけどね。

でもそんなんが、たぶん、俺の人生にとっては最高に大切なマテリアルなんだろうね。



e0086244_11421345.jpg
Yちゃんが網であぶって失敗したマシュマロをほおばる、群馬のグリズリー。



んで。

彼がそんなもんを食ってることから判るように、気温がかなり下がってきた。

涼しい→肌寒い→ちっと寒いか…………今日は上着を持ってきてないマイトガイ。

e0086244_11423141.jpg
仕方ないので、つーかむしろ嬉々としてこないだ買ったポンチョを引っ張り出す。



e0086244_11423132.jpg
ろろちゃんも上着を着て、そしてやっぱり銃を撃つ。

ハッピーそうな笑顔がいいね。

トリガーハッピーろろ。



e0086244_11423129.jpg
一方、よしなし先生は、豪快な方法でお湯を沸かし始めた。

ゴーカイつーかむしろアホなんだけど、この段階ですでに先生は半醒半睡。

なんでお湯を沸かしたのかさえ、判然としない。



まあ、山賊連中の基本だけどwww



e0086244_11423246.jpg
山賊宴会にあるまじき「リア充な絵」を見せる二人。

とは言え、何度も参加してるYちゃんは、いわゆる「キャンプでのめんどくさい女」でないことは証明済み。

ろろちゃんやeisukeさんが、お客さん扱いしなくなったのがその証左。



もちろんまだ、「うわばんとセット」ってスタンスだけどねw



e0086244_11425153.jpg
なんでか、どこでやっても異常にテンション上がる焼きマシュマロ。

甘いものがそれほど好きじゃない俺でも、「ちょっとヒトクチ」と思ってしまう魅力。

単なる砂糖・卵白・ゼラチンのカタマリのくせに、やるじゃん(・∀・)




とまあそんな感じで、ぼんやりと楽しく、大郷戸の夜は更けていったのだった。

e0086244_11425108.jpg
おやすみなさい、先生(・∀・)






開けて翌朝、微妙に降る雨の中で目を覚ます。

つーか泥酔したイキオイよろしくテントなんか張らず、シュラフカバーだけで寝てたマイトガイ。

「かみさん、雨だよ」と、ろろちゃんに起こしてもらったんだが。

e0086244_11425161.jpg
降ってんだか降ってねぇんだか、そんな微妙な雨の降る中。

ぼんやりとタバコに火をつけていると。

エンジン音が聞こえてくる。



e0086244_11425138.jpg
朝食を買いに行った(知らんけどたぶん)eisukeさんが、あられもない格好で帰着。



e0086244_11430697.jpg
二度寝するか撤収するかを少し悩んだあと、めんどくさいので帰ることにするマイトガイ。

のったりくったりしながら撤収作業を終え、ユリシーズにすべて積み終わったところで。

今回の山賊宴会も無事に終了。



楽しかったなぁとニヤつきながら、南へ向かって走り出した……のだが。



そのまま帰すほど、かみさんの守護神は甘くない。

筑波あたりへ差し掛かるころには、ちょっとした土砂降りパーティ

クソ雨の中あえてすっ飛ばし切り裂きながら、「うほ、俺かっけー」と中二全開で気持ちよく走ってると。



ぐもももももも………



突然、エンジンの元気がなくなる。

「うっそだろ、マジか? 一発死んだ?」

良く知った手ごたえに、Vツインのうちの一発が爆発してないことを悟る。



ちょうど赤信号で止まると、アイドリングが明らかに例のアレ

どどっ、どっ、どどどっ、どどっ、どっ、どどどっ

ハーレィ・ディビスンの代名詞、「三拍子アイドリング」になってらっしゃる。



「あ、これ完璧に一発死んでるじゃん」



前後どちらかはわらかんけど、どっちかのピストンが爆発してない

アクセルをあおれば、なんとか止まらずに回るエンジンを、だましだまし。

1200ccVツインもとい、600cc単気筒で、冷や冷やしながら帰宅する。



「最後の最後で、やっぱ俺らしいな」



変な納得をしながら。

湯船につかって「あー」と声を上げた、マイトガイことかみさん47歳。

携帯を取り出し、アマゾンで「点火プラグ」を購入するのだった。

e0086244_11430675.jpg
eisukeさん、ろろちゃん、先生、うわばん、Yちゃん。

今回も、楽しい時間をありがとー!

また来月も、楽しく山賊やろうぜ(・∀・)b






[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/25878107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2017-06-24 11:39 | エンカイ | Trackback

アーカイブ


by かみ