XB12X すべてがMになる

 
去年の今ごろオフロードを始め、すっかりドハマりしたダチのゆうが。

彼の愛機である「KTM690SMC」に乗って治療に来たのが、おとといのこと。

GSX-Rを売っぱらい、KTMとKLX250の二台体制という、俺と似たような思考のバカだ。

e0086244_17053112.jpg
んで、治療が終わった後も、延々、オフロード話で盛り上がる。

もちろんKTMもまたがらせてもらって、足ツンツンになりつつも「いいなぁ」と。

俺も一時期、690エンデューロ欲しかったからね。



e0086244_17053275.jpg
デュークよりアドベンチャーとか、990アドはカッコいいとか、いずれ房総でケモやろうって話をし。

ゆうは帰っていった……んだが。

俺の方はどうも収まりがつかなくなり、「やっぱ車高が高い方がしっくりくる」思い始めて。



「このハンドルのまま、サスをユリシーズ純正に戻したら、どんな感じだろう?」



思っちゃった瞬間、すべてが無駄になることが決定した。

何がって「リアサス交換→ハンドルスワップ」という、ここ最近の一連の流れのすべてが、だ。

せっかくストリートファイターがどーのこーの言ってたのに。



気まぐれでサスペンションを短いのに変え、そのせいでハンドルの高さが気に入らなくなり。

それじゃあと低いハンドルを入れ、サスペンションに合わせたってのに、今度はそのサスを戻す。

もう、何やってんだか、何がやりたいんだか、自分でも訳が分からない



とはいえ、「思いついたら即行動、ノリと勢いでやってみる」が俺の人生の骨子

e0086244_17053487.jpg
今日の昼休み、エリック牧場からユリシーズ純正を引っ張り出し、ニコニコで交換作業を開始。

慣れた作業だし、前回ある程度サスまわりを掃除してるから、今回はそれがないぶん超楽勝だ。

工具の出し入れも含めて、30分で全てを終わらせる。



e0086244_17053555.jpg
前S脚、後X脚に、ローハンドル(ユリ純正と比べれば)の、つんのめったディメンション。

カチ上がったケツと開いたハンドルで強制的に前乗りとなる、かみさんらしいキチガイ仕様。

いや、俺の手足が短いせいだってのは、分かってるから黙っとけヽ(`Д´)ノ



e0086244_17053597.jpg
午後になって今日も治療に来たゆうに、早速またがらせると、うれしい評価をもらう。

「こないだのより、こっちのがしっくりきますね」

うれしんだけどまあ、おまえもオフにはまっちゃってるバカだからなぁ(・∀・)



つわけで、仕事がはねた夜7時、ウキウキしながら走り出すマイトガイ。

走り出してすぐ、「あれ?」と驚いた。

ハンドルが低くなってるところに、ケツをカチ上げたのに、前より違和感を感じないのだ。



むろん、ここ数日でこのハンドルに慣れたってのもあるだろう。

ここ最近、「前乗り」の練習をしてたから、前に乗って走ること自体にも慣れてた。

だが、それだけじゃなく、確かに乗りやすいつーか違和感がない



なんだか知らないが、シートとハンドルの位置関係が、奇跡的にバランスしたっぽい。



それともビューエルさん乗り続けてきたから、なんでも楽しめるようになったのかなぁ。

「おそらく今度はハンドルが気に入らなくて、結局、元に戻すんだろうなぁ」

走り出す前はそんな風に思っていたから、これは僥倖だった。



面白いので、しばらくこのハンドルのまま。

フォークのくわえ位置を変えたりして、遊んでみようかと思う。

いやまあ、サス換えた時も「しばらくこのまま」つってたのは見逃せよwww



そんな感じで。


 

[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/24938297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2016-11-17 17:24 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ