ノスタルジック・ラン

 
いっきしなし暖かくなり、空は雲ひとつない晴天。

色々やろうと思ってたことはあったんだが、この天気で走らないって手はない

前から気になってた、「オートパーラーシオヤ」へ行ってみよう。



つわけで仕事がハネるなり、単車をユリシーズからKLXに入れ替えて走りだす。

e0086244_20114154.jpg
昔よくテストランで走ってた、白井あたりのツイスト。

今はもう全然なんで、ここを走るのはすげぇ久しぶり。

言っても二種原付のKLXだし、のんびり気持ちよく走ろう。



e0086244_20114279.jpg
向かっているオートパーラーシオヤってのは、いわゆる自動販売機コーナー。

俺と同年代くらいなら知ってるだろう、昔よく見かけた例のアレ。

ハンバーガーとかカップ麺の自販機がおいてあるだけの、ミニドライブインみたいなもんだ。



昔のPAなんかも、そんな感じだったよね。



こないだ通勤してる時、ちょっと思いついてしまった。

poitaさんがやってた、しゃべりながら走る動画、最近の言い方だとモトブログ

あれの感じで、しゃべりを撮ってみたくなったので、やってみる。



前に一度、やろうと思って失敗してるんだが、あの時はユリだった。

KLXならエンジン音も風切音も静かだし、行けるんじゃないかと。

つわけで早速、走りながらしゃべってみる。






エンジン音はともかく、風切音が大きくてはっきり聞こえないので、これは却下。

マイク部分にテープ貼ってみたんだけど、焼石ウォーターだったみたい。

いっそ音声と動画を別々に撮ってみようかなぁ。



ちなみにモトブログってのは、モト・ビデオ・ログの略で、走行動画にしゃべりを加えたもの。

詳しいことは「モトブログ」でググりゃナンボでも出てくるからそっちで。

しゃべるのに危ないから、わざわざKLX乗ってきたのになぁ(´・ω・`)






と、いったんモトブログにあきらめがついたところで。

それじゃあ、オートパーラーへ向かって走ろう!

元気に走り出した46歳を祝福するような青空に、なんとなくもったいなくなって。

e0086244_20114282.jpg
まっすぐ向かわずに、近所の道をあれこれ探索がてら走ってみる。

日本中、あちこち行ってるんだけど、意外と近場は走ってないからね。

いい機会だし、いろいろと寄り道して、脳内地図をつなげていこう。



125ccの二種原付で、トコトコと晴天の元を走る。

ただそれだけで、なんだがほっぺたが緩んでくるのは、もう、仕方なしあきらめてる。

俺は、つーか単車乗りってのはもう、そういう生き物なのだ。



適当に走ってると、やがて16号へ出た。

そこからちょっと南下して、木下(きおろし)街道とぶつかったところで。

e0086244_20114259.jpg
左に折れて、今度は利根川を目指す。

木下あたりで一回、ちょっと道に迷ったくらいで。

基本的にはほとんど澱(よど)みなく、利根川の南岸あたりまでやってきた。



e0086244_20120827.jpg
ちょっと休憩しながら、今回初めての地図チェック

利根川の南岸へ出て、あとはいつもの利根水郷ライン。

いつも通り川を渡って茨城側を走ろうかと思ったけど、まあ、そう急ぐ必要もないか。



つわけで久しぶりに水郷ラインをそのまま進む。

e0086244_20120896.jpg
コンビニでタバコを買い、一服しながらSNSに写真をアップ。

あとはまず、迷うこともないだろう。

まっすぐ走って常総大橋まで行き、1.5キロほど南下すれば、見つかるはずだ。



e0086244_20120954.jpg
空と、緑と、道路と、川。

のんびり景色を眺めながら、久しぶりのKLXを楽しむ。

だいぶんヤレてきたから、そろそろスプロケやチェーン、タイアなんかを交換してやらなくちゃ。



e0086244_20120927.jpg
時々立ち上がって走りながら、身体をひねって周りの写真を撮ってみたり。

でも単車って身体をねじると、まっすぐ走れないんだよね。

対抗車にぶつかってもバカらしいから、適当なところでやめる。



やがて常総大橋から南へ折れて、しばらく走っていると。

e0086244_20122687.jpg
見つけた! オートパーラーシオヤだ!

つわけで、ここまでの動画をまとめてみた。

いつも通り、長いわりに見どころはないから、まあテキトーに流して見て(・∀・)b






じゃ、あらためてシオヤを見てみよう。

e0086244_20122668.jpg
外観からもう、雰囲気たっぷりで懐かしさがこみあげてくる。

色、佇(たたず)まい、カンバンのフォントまで、カンペキなラインナップだ。

死んだ親父が、中でマイルドセブンを吸ってそうで、思わずニヤっとしてしまう。



俺的には、カペラかルーチェ(親父のクルマ)が停まってれば最高だったな(・∀・)



しばらく外を眺めたあと、中に入ってみる。

先客の単車乗りが一人いたんだが、写真撮ったり一服してるうちに出てしまった。

もちろん人見知りなんかしないんだけど、余りのノスタルジーにそれどころじゃなかったのだ。



話しかければよかったなぁ。



e0086244_20122742.jpg
中はこんな風に、今どきのジュースの自販機と並んで、懐かしい自販機が並んでいる。



e0086244_20122777.jpg
と、カップヌードルの自販機の横にある、お菓子の自販機に張り紙があった。



e0086244_20125372.jpg
修理代のせいなのか、そもそも製造中止で部品の調達ができないのか。

こうやって少しづつ、古いものが失われてゆくんだね。

もちろんそれは新しいものへ場所を譲るわけで、一概に悪いとは言えない。



でも、なんだか少しだけ、寂しいね。



e0086244_20125376.jpg
イスの修理も、なかなか豪快。

きょうび俺だって、もう少しはキレイに直す。

けど、でも、ここにあると「これはこれでいい」んだよなぁ。



家族で出かけたことなんて、それもクルマに乗ってなんて、ほとんどなかった。

親父は自営業で、日曜日も働いてたし、そもそも俺が車酔いするから。

だけどほんの少し、だいぶんヤレてきた脳みそに、欠片だけ引っかかってる記憶。



そんなのが急に浮かんできたりして、どうにも居心地がいい



e0086244_20125410.jpg
飲んだジュースのペットボトルを捨てようとして、ゴミ箱をのぞくと。

ビン、缶、ペット、燃えるゴミ、燃えないゴミ、きちんと分別してあるのが確認できる。



「ここを使う人たちみんな、ちゃんとルールやマナーを守ってるんだな」



また少しうれしくなって、店内でひとりニヤニヤしてしまう、変質者イーシャンテンの46歳。

おっと、だいぶ陽が陰ってきた。そろそろ帰ろう。

バッグを背負って表に出ると、店の前の洗面所が目に入った。

e0086244_20125469.jpg
「石鹸を入れるのはミカンの網」と、こんなところまでノスタルジーにあふれ、またまたニヤッ(^~^)



e0086244_20131283.jpg
出る前に、裏へまわってみると、ガケと森が見えた。

「落ちねぇし、ケモらねぇよ」

と、誰に言うでもなく、ひとりツッコミしたら、さあ帰ろう。



e0086244_20131298.jpg
帰りは常総大橋を渡って、茨城県側の北岸を走る。



e0086244_20131347.jpg
地元民に「裏高速」と呼ばれる(要出典)、クルマの少ない道を、逆光に目を細めながら。

「興味本位だったけど、来てよかったな」

小さくつぶやいて、俺は太陽へ向かってアクセルをあけた。



e0086244_20131380.jpg
そんな水曜日の午後。




ノスタルジック・ラン/了
 



[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/24754117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2016-10-26 21:25 | ソロツーリング | Trackback

アーカイブ


by かみ