夏の終わり

 
今日で8月も終わり、明日からは9月になる。

同じ暑くても「9月」って聞くだけで「残暑」つーか名残おしくなるのは不思議だ。

その名残惜しさに、心ひかれる晴天の昼下がり。



「ちょっと、遠回りして帰ろうかな」



水曜日だから、帰って主夫仕事せにゃならん。

つーかそれをブッチしても、書類仕事とかエアクリ&スロットルボディの掃除とか、やることは他になんぼでもある。

が、どうにもやる気が起きないので、ただ、遠回りして帰ることにする。



走り出して、いつものツイスト(マルに言うと笑われるけど)から、少し遠回りするコースへ。



が、しばらく曲がってみても、なんかピンとこない

「あっれ、なんでだ? ケツ上がってる方が楽しいはずなのになぁ」

首をひねりながら走るうち、ふと原因に思い当たる。



「あ、そか。ケツが上がった分、ハンドル位置も少し上がってるのか」



つわけで、道端アンジェリカに停車し、ハンドルの位置を変更。

e0086244_15064635.jpg
思い切って、エンドをタンクカバーぎりぎりまで下げる。

走り出して、ひとつふたつ曲がってみると、「ああ、これこれ」と満足感がわいてくる。

ハンドルが近い位置に来て、まるで小型のバイクに乗ってるような感覚。



ただでさえ前下がり、フロントヘビーなディメンションの車体に。

さらに上体をおっかぶせるようにして、感覚的にはほとんどフロントに乗って曲がる感じ。

「そうだ、ついでに座る位置も前乗りにしてみよう」と、オフ車みたいに前ギリギリのポジションへまたがり。



リーンウィズと、内脚を振り出すリーンアウトを使い分けながら走る。



リアサスが短い時みたいな、「深めにバンクして、路面に張り付きながら曲がる」感じを捨て。

バンクさせないで、フロント一輪車みたいに曲がりつつ、リアタイアをおっつけ。

コーナーの脱出になって、ようやくリアへ荷重をかける、的なコイツ独特の曲がり方。



路面に吸い付くようなコーナリングは、たぶん、ほかのバイクでもできる。

でも、このオンでもオフでもモタードでもない、変な曲がり方ができるのは、この脚だけだ。

ブラインドだろうが路面が荒れてようが、怖くなく安全に(俺視点で)気持ちよく。



体重の10%にもなる片足を内側へ振り出し、それをきっかけに股下でバンク。

サーキットみたいにブレーキのリリースできっかけを作れない公道では、これが思いのほか効く。

100スピードからひと息で減速し、たぶん60くらいでコーナリング、脱出しながらメータを見れば80を超えるところ。



両脇の田んぼや畑が、視界の隅をナナメに流れてゆき。



先をにらんでる俺の脳に、ケツや足から「リアタイア、食ったよ」と情報が入る。

それを感じたか感じないかのタイミングで、アクセルをワイドオープン。

道の状況によってはリアが流れたり、その時によって変わる挙動に対応しながら。



視線と気持ちは、もう、次の曲がりがくれる快感を期待しながら、先へ、先へ。



「あはは、生きてるなぁ」






街中に入ってクルマが増えてきたところで、気持ちを切り替えて、ドコドコまったり。

「今日は暑いから、晩ごはんは患者さんもらったポテトサラダとソーメンでいいかな?」

小さくつぶやいて、国道でつっかけてくる、小生意気な四輪をミラーの点にしながら。



俺は改めて、この相棒に会えたことを感謝する。

さて、帰ったら、患者さんにもらった焼酎でも呑みながら。

今日の気持ちよかった走りのことを書こうか。



今週は金曜に名古屋のダチおじぞうくん、千葉のMくんと一緒に、レブステーキで肉を食って。

その前後で、書類仕事を終わらせて。

週末はKLX……は自賠責が切れてたから、そうだ、久しぶりに房総か伊豆にでも行ってみるかな。



「俺、単車に出会えて、本当によかったな」



つぶやいて開けたアクセルに反応し、愛機は力強く加速した。
 



[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/24628556
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2016-08-31 15:46 | 雑記 | Trackback

アーカイブ


by かみ