XB12X 外装と調整……で終わるはずが(´・ω・`)

 
まずは、昨日の昼休みの話から。

久しぶりにハンドガードなしで走ってみたら、ヤツの重要性が身に染みた。

あんな小さい板っ切れでも、あるとないとじゃゼンゼン違うのだ。



性能うんぬんの話じゃなく、長いコト乗ってきた感覚的な話で。

e0086244_16031209.jpg
つわけでとりあえず、牧場に仕舞っといたハンドガードを取り出す。

一見、派手な感じにヤラれてるかと思ったが、ばらせるトコを外してみると、まあ使えそう。

んじゃ、わざわざ買わなくてもこれでいいや。



e0086244_16031307.jpg
取り付け完了。

そしたらお次は、ステムナットを調整してやる。

このへんのネジ系は、締めてからいったん走ってみて、さらに調整をするのがマーマレードスタイル。



e0086244_16031389.jpg
走ったことで隙間が締まった+最初の締めがゆるめだったので、も少しだけ締め込んでやる。

んで、ハンドルを外したついでに、ハンドルポジションも調整しておこう。

こないだ組んだ時は、低め近めの「戦闘ポジション」だったのを、もすこしユルくしてやるのだ。



e0086244_16031317.jpg
左が「戦闘ポジション」で、右が「通勤・ツーリングポジション」。

わずかな差に見えるが、これだけの変更でまるっきり違うハンドリングになるから面白い。

ま、単車乗ってる人間なら、ハンドル数センチの上下の話はするだけヤボだろうけど。



低め近めだと、「ちょい前乗りで頭から突っ込み、ピッチングに合わせて後ろに乗る」感じ。

通勤ポジションだと後ろ乗りで、全景を見ながら「操作する」感じ。

大雑把な話だけど。



e0086244_16031311.jpg
つってると発注しておいた油圧スイッチが着荷したので、これで準備万端。

「さーて、明日はブレーキ回りとフロントフェンダーやるぞー!」と思いつつ。

この日はのんびり眠りについた。






明けて、今朝の話だ。

朝っぱらコンビニによって、さて、職場へ向かおうかとセルを回すと。

きゅろろ……かりかりかりっ!



おなじみ、バッテリーが上がりかけてる症状を示す、無情なサウンド。

「えぇー! なんでだ?」

小さく悲鳴を上げつつ、とりあえず。



ビューエル・ハーレィ系では基本中の基本、マイナス端子のゆるみを確認してみる。

e0086244_16033536.jpg
バッテリ端子も、戻り側のアース線も、ゆるみはなかった。

この段階で、今すぐ出来ることはなにもない。

バイクをコンビニ駐車場の隅へ置いて、職場へ向かって歩き出すマイトガイ。



歩きながら上の写真をSNSへアップして、みなに哀しみを共有してもらう。

つってもまあ、本人の俺も、ダチや知り合いも、ビューエルさんのこんな事態には慣れっこだ。

軽い笑いを取ってるところへ、ダチのユウヒから書き込み。



仕事が終わったころ、「ブースターを持ってきてくれる」というありがたい申し出だ。




水曜半日の仕事が終わると、ユウヒがブースターをもって迎えに来てくれた。

んで、コンビニまで送ってもらい、ブースターをつないでセルを回すと。

ぶろろろん! と一発で始動する、おちゃめなユリシーズ。

e0086244_16033566.jpg
ユウヒにお礼を言って、整骨院までエンジンが止まらないことを祈りつつ、じんわり走る。

エリック牧場(職場の裏)へついたら、何はともあれバッテリ上がりの原因を究明だ。

つっても昨日まで走ってたんだから、だいたいの見当はつく。



レギュレータなんかの蓄電系か、そもそも電気の持ち出しが多いかだろう。



なのでまずはイチバン怪しい、並列合計110Wのヘッドライトバルブを外す。

それから、牧場に寝かせてあった、こないだまでのLEDバルブを引っ張り出した。

バルブのマウントがイカレてるので、タイラップとかバネで強引に固定し。

e0086244_16033541.jpg
なんとか、LEDバルブに交換できた。

ハロゲン一灯でも車検は通るだろうけど、そんなもんより通勤で暗いのはヤだから、2灯にこだわる。

ま、明るくたって事故るときは事故るんだけどね(´・ω・`)



e0086244_16033500.jpg
あとは、問題のバッテリを外して、院内でバッテリチャージャーにつないだら。

これでようやく、本来やるはずだった作業へ移れる。

思えば遠くへ来たもんだ。



つーか、このあと仕事系の買い出しもあるから、あんまのんびりはしてられない。



フロントフェンダーの固定作業へ取り掛かろう。






ユリシーズのフロントフェンダーは、アッパーとロワ―の二枚。

今はもちろんアッパーだけなんだが、これは他のXBにはついてない(STT以外)。

つまり、俺の使ってる9系のステムには、アッパーフェンダーを付ける穴がないのだ。

e0086244_16033533.jpg
写真、向かって左側は、ブレーキホースクランプがあるので、もともと開いているが。

右側には開いてないので、そこへ穴をあけて、1/4インチタップでネジ山を切る。

ドリルアウトとかタップ切りは、スタッドボルト騒ぎの時さんざんやってるから、慣れたもの。



e0086244_16034380.jpg
ちゃっちゃか取り付け完了したら、お次は油圧スイッチの取り付けだ。



e0086244_16034475.jpg
左の壊れた油圧スイッチを、右の汎用品へ交換してやる。

フランドーがどうとかじゃなく、基本的に油圧スイッチってのは壊れやすいのだ。

ま、あんま頻発するようなら、機械式に変更しちゃうかも知れんけど。



e0086244_16034463.jpg
前回はちょっと小洒落たYAMAHA系カプラーを使ったのだが、やっぱああいう華奢なのは向かない。

なので今回は、フツーにギボシ端子で結線してやることにした。

野暮ったいけど俺っぽいしね(・∀・)



e0086244_16034425.jpg
最後にブレーキホースのエア抜きをして、予定してた作業は終了。

あとは近いうちに、満充電になったバッテリを積んで、ついでにブースターも背負って

冷や冷やしながらテストライドして来ようと思う。



神様、どうかレギュとかめんどくさい電装系トラブルじゃありませんように。

もう、オーバーワットのハロゲンなんて使いませんから。

お願いします(´・ω・`)



そんな感じで。


 

[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/24443197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2016-06-08 16:57 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ