XB12X アイソレータ交換ほか ユリシーズ復活

 

さーて、それじゃあ「ユリシーズ復活祭」をはじめますか。

つわけでまずは、リアブレーキのエア抜きから始めよう。

アイソレータ交換は、もしかしたら手こずるかも知れないので、最後にやるのだ。

e0086244_16014163.jpg
エア抜きをはじめて数分、いっこうに抜ける気配がない。

なのでとっとと見切りをつけ、ブレーキ回りをバラすことにした。

メンテナンスを自分でやる人は知ってるだろうけど、抜けが悪い時、リアはバラした方が早いのだ。



特にホースの取り回しが複雑な車種は、絶対、ばらした方が早いよ。



e0086244_16014192.jpg
キャリパーとマスターを外し、リザーブタンクがイチバン上に来るようにして作業する。

もちろんエア抜きの鉄則、キャリパーピストンを戻して、少しでも扱うフルードが少なくなるよう。

すると、ピストンを戻してる段階でリザーブからぶくぶくと、何もする前にエアが抜けた。



手ごたえが出たら、あとは元通りに組むだけ。

e0086244_16014168.jpg
むしろ、ホースの取り回しとか、ついでにリア周りの掃除とか、そっちの方が時間を喰った。



お次は買っておいたヘッドライトバルブを取り付ける。

e0086244_16014149.jpg
一見、ノーマルっぽいけど、H4の二連ライトなので、ノーマルより明るい。

これはロービームね。

LEDバルブは、調べてみたら色々「思うところ」が出てきたので、今のところ見送り。



9月の車検が終わったら、それからLEDなり他の方法なり、考えることにする。

e0086244_16021852.jpg
ハイビーム。

見た目は暗めだけど、なんだかんだハロゲンは夜間走行で見やすいよね。

あと、LEDよりHIDより、とにかく「ライト周りが軽い」のが素敵(・∀・)



e0086244_16021891.jpg
スクリーンとライトガードを付けて、顔周りの作業は終了。

これで残すは、アイソレータ交換だけだ。

このためにわざわざ、KTCのスピンナハンドル買ったんだしね。



e0086244_16021954.jpg
んじゃ一発、気合入れてやりますか!



e0086244_16021971.jpg
あっけなく外れて、入れた気合がまるっきしカラ回り。

左が新しい(っても中古だから汚れてっけど)アイソレータで、右が外したアイソレータ。

外した方はゴムが裂けてグダグダになってるのが見て取れる。



そら、こんなんでエンジン吊ってたって、まともに固定できねぇわなぁ。



e0086244_16021948.jpg
新しいアイソレータのゴムにシリコンスプレーを吹きまくって、取り付けボルトにもロックタイトを。

ここは本来、赤のロックタイトなんだけど、持ってねぇから青いやつ。

気分的にはロックタイトより、カッパーグリスでも塗ってやりたいけどね(・∀・)



e0086244_16024157.jpg
取り付け完了。えらい隙間が空いてるっぽいけど、これで正常なのだ。

ゴムがヘタってくるとココの隙間が少なくなるので、交換時期が判る……っぽいね、知らんけど。

フロントアクスルシャフトとかこの辺は、またヒマ見てオークションで落としておこう。



新品が高いだけならまだしも、売ってないことも多いから(´・ω・`)



思いのほかアイソレータ交換が早く終わった。

そしたら、あとはもちろんテストライドだ。

e0086244_16024103.jpg
そのまえにオイルの量をチェックして、だいぶん減ってたので注ぎ足してやる。

あとは各部の動きをチェックして、必要なところをグリスアップして。

治療院を閉めたら、さあ、走ってみよう。






アイソレータ交換が効いてるのだろう、ガタガタした振動が完全に消えている。

あるのはおなじみ、Vツイン空冷OHVエンジンのドコドコと言う心地よい「鼓動」だけ。

そのまま曲がり道へ入っていった俺は、何度かひらひらしたところで、思わず声を上げる。



「はははっ! これだもんなぁ。こんなん降りられるわけねぇっつんだよ」



俺の愛した、愛し狂った単車が、帰ってきた。

e0086244_16024179.jpg
細くなったフロントフォークのネガは、当たり前だがまったく感じられない。

サーキットで攻め込みでもしない限り、2ミリの差なんぞないようなもんだろう。

むしろ(相対的に)今までより新しくなったからか、楽しさが増した気がする。



コーナリングでの「入り」が、肩から落ちていくっていうか、スムーズな感じだ。

つってもこの印象は、換えたばっかりでうれしい「欲目」があるだろうから、後日また。

俺のインプレっつーか感想ほど、アテにならないモノはないしね(・∀・)



e0086244_16024231.jpg
そのうちクラッチ版の交換は必要になるんだろうけど、今のところエンジンは好調。

ケツを切り飛ばしたから、そうは見えないだろうけど、コイツのホイールベースは1370ミリ。

NSR250と30ミリしか変わらないんだぜ? アタマおかしいだろ(・∀・)



アクセルオンで、ほとんど後輪に乗っかって曲がってる感覚だ。



とまあ、嬉しいあまり、いくら書いても書きたいことが出てくるから、今日はここまで。

とにかく、かみさんのBuell XB12X ユリシーズは、無事に復活した。

これからまだ、ハンドガードとか細かいカスタム、調整はいるだろうけど。

e0086244_16024271.jpg
とりあえず、走り出したよ(・∀・)



そんなかんじで。


 


[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/24433028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2016-06-04 17:42 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ