XB12X フロント周りのダウングレード

 

ビューエルXBシリーズは、一時期のヤマハ以上に、パーツの互換性が高い。

ステムもハンドルストッパーの形状を無視(加工)すれば、比較的どれでも選び放題だ。

しかし04以前だとフォークがわずかに細く、後期型のステムアンダーブラケットとは互換性がない。



んで、実はけっこう前から、この前期型のフロント周りをステムごと移植したいと考えていた。



理由はいくつかあるが、まず細くて柔らかいので、クソ峠を走る俺向きな気がすること。

わずかながら軽量化できること。そして何より、単価がめちゃめちゃ安いこと。

今回、事故でステムごと逝ったのを機に、この前期型フロント周りを入れてみようと考えた。



つまり、フロント周りをダウングレードすることになる。

これが(俺にとって)いいのか悪いのか、机上では色々と言えるだろう。

だが、まずはやってみなくちゃ判らないからね、何事も( ´∀` )



e0086244_13243895.jpg
つわけで、04モデルのアンダーブラケットとフロントフォークを、オークションで落札。

これ全部で30000円という、ちょっと信じられない安さ。

低年式、低グレードの純正品だから、人気がないんだよね。



e0086244_13243885.jpg
ステムベアリングはもちろん、前回と同じハーレィ社外品のテーパーローラータイプ。

ビューエルの純正は変な形のボールベアリングなので、これはアップグレードつってもいいような気がする。

値段は純正の半分以下だけど( ´∀` )



準備ができたらエリック牧場(パーツ置き場)へ行って、さっそく、作業を開始する。

e0086244_13243898.jpg
ハンドルストッパーの形が違うので、潔くグラインダですっ飛ばす。

こことフォークの径が違うだけで、あとは俺のユリシーズと同じ形だ。

もちろん、トップブリッジはそのまま使える。



ほんと、1/1プラモデルだよなぁ、ビューエルって( ´∀` )



e0086244_13243911.jpg
上が後期型XB12Sのフォークで、下が今回買った前期型(おそらく9S)のフォーク。

よく見るとインナーチューブとアウター下方の径が、わずかに細い(直径で2mm)。

俺の使い方は公道100%、峠道やツーリングユースだから、これで充分のはず。



e0086244_13243937.jpg
ストックしてあったフロントアクスルシャフトの、最後の一本。

今回は目に見えるほどの曲がりはなかったけど、外すときにちょっと揺れてたので交換。

そのうちまた、100円オークションの時にでも仕入れとかなくちゃwww



前述したように、加工さえすませば基本的にはボルトオン

e0086244_13243965.jpg
特に苦労もなく、サクサク組み上げて、ついでにハンドルも装着。

これで大まかな修理は終わったので、ここから細かい作業に移る。

次回はハンドル回りとか、シフトペダルあたりかな。



e0086244_13243942.jpg
そんな感じで。


 




[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/24409995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2016-05-26 20:40 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ