事故の顛末

 

先週の11日火曜日、仕事の帰りに事故った。

ケガは打撲と挫傷くらいで、事故後1週間ほど松葉杖をついた程度。

今は時々、鋭い痛みが走るけど、普段は軽い鈍痛があるだけだ。



で、痛い時ってのは人間、ネガティブになりやすい



つまんねぇコト書いてもアレなので、サイトやブログの更新は控えて、治療に専念していた。

おっさんのナキゴトや愚痴なんぞ、聞きたくないだろ? 俺もあとで読み返したくない。

んで月曜から仕事に復帰し、とりあえずひととおり落ち着いたので、まずは報告がてら。






帰り道、交差点で信号待ちをし、右から来たクルマが右折したあと。

信号が変わったので、その車を追うように走り出す。

狭い裏道なので、さすがに速度はかなり控えめだ。



と、Y字路に差し掛かったとき。



前の車がY字を抜けた瞬間、目の前に一台のクルマが飛び出してきた。

スローモーションで見えるクルマの姿に、俺の時間が止まる。

反射的にブレーキするも間に合わず、相手のフロントに突っ込んだあと、左の土壁に激突。

e0086244_12272700.jpg
黒い点線が、「俺の前を走っていたクルマ」で、赤が俺緑が事故の相手だ。

交差点のカタチ的に理解できなくもないが、相手のクルマは右折というよりナナメに突っ込んできた。

前のクルマの陰になって、俺に気付かなかったんだろう、わりと躊躇なく交差点へイン。



当人も自覚があったようで、クルマから降りるなり「すみません、すみません!」を連発。



俺の方は右足からの激痛に「うっわ、また右脚を折ったか?」と一瞬、背中に寒気が走る。

脂汗をかきながら怪我を確認し、どうやら折れてなさそうなので、ほっとひと安心。

少なくとも、完全骨折はしてないことを確認して、ようやく「大丈夫です」と応えた。



じゃないと相手の女性が、今にも泣き出しそうだったからだ。



後ろを走っていた方がとても親切なヒトで、俺の代わりにユリシーズを起こしてくれながら。



男性 「起こしますよ」

かみ 「いやでも、重いですよ」

男性 「大丈夫です、私もバイク乗ってますから」

かみ 「すみません」



事故相手の女性は、「すみません」「どうしよう」と動揺しまくりなので。

とりあえず折れてないっぽいこととか、クルマをどけたほうがいいとか伝える。

その間に男性が、ユリシーズを起こしてくれたのだが、動かすことが出来ない



「シフトペダルが折れてますね。ニュートラ入れられないです。チカラで引っ張っちゃいますね」

「ああ、重たいのにすみません。本当にありがとうございました」

「ビューエルですか、いいですね」

「え、ええ」



とまあ、事故った直後の割には牧歌的な会話をしていると、救急車が到着。

近くの病院へ搬送してもらってレントゲンを撮り、やはり折れてないことが確認できた。

胸をなでおろしつつも、痛みで脚がつけないので、松葉杖を借りて帰宅した。



その後、事故相手とか相手の保険屋さんとの、奇妙な縁が発覚したり。

ま、こっちの話は俺と会ったときにでも、酒の肴に聞かせるよ(・∀・)

てなかんじで、まさにウチのサイト名を地でゆくエピソードだった。



マーマレードスプーン:事故は忘れたころにやってくる






事故後、数日して、ダチのタクから連絡があり、色々と手配してもらう。

さらに後日、そのタクからメッセージとともに写真が送られてきた。

俺が自分の身体より数倍気にしていた、愛機の状態だ。



e0086244_12272709.jpeg
やはり避けた右側に傷があり、目玉も飛び出している(´・ω・`)



e0086244_12272780.jpeg
男性が指摘してくれたとおり、シフトペダルが折れていた。

ビューエルXBだとだいたいヤラれるステップは、どうやら無事のようだ。やるじゃん、ツラーテック。

シートはシートベースがぶっ壊れて、中の車載工具もどっかにすっ飛んでしまった。



e0086244_12272742.jpeg
あと、ハンドルの曲がりだの細かいところは、まだ現車を見てないのでわからん。

なんにせよ、パーツが取り寄せられない、もしくはないバイクだけに、当分はドック入り決定だ。

春のロングツーリングは、さすがにあきらめざるを得ないだろう。



つーか休んだぶん、働かないとね(´・ω・`)






そして本日、半日仕事を終えて事件現場へ向かうマイトガイ。

e0086244_14095645.jpg

クソ狭い道からちょっとだけ広くなる場所なので、確かに気が緩むかもしれない。

「俺も油断してたし、まあ、仕方ねぇか」

つぶやいて気を取り直し、そのあたりを探してみると。



e0086244_14095630.jpg
ぶっ飛んだ車載工具を発見する。

「おー、あったか! まあ、普通の人は拾わねぇわな」

苦笑しつつ、車載工具とスペアパーツを回収し、もう少しチェックしてみる。



e0086244_14095760.jpg
割れたヘルメットバイザーの破片とか、シフトペダルの先っぽ、ハンドルバーエンドを回収。

もう一度、あたりを確認してから、KLXに乗っていったん家に帰る。

家について拾ってきた工具を降ろしたら、荷かけ用のバンドを取り出して。



e0086244_14095748.jpg
松葉杖をリュックへ括り付ける。

別にタクシーで持ってってもタクシー代は出るだろうけど、めんどくさいしなにより。

脚は痛くてもバイクに乗りたいのだ。



e0086244_14095780.jpg
背中に見える松葉杖を見て、「おー! キリンみたい」と笑ったら。

RZの代わりにKLXへまたがって、病院へ向けて走り出す。

青い空の元、吹き抜ける風がやけに気持ちよかった。



そんな感じの、事件の顛末。


 
 
 


[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/24317013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2016-04-20 14:29 | 雑記 | Trackback

アーカイブ


by かみ