KLX125 リムロック位置の変更とパンク修理

 

オフロードの時や、ちんたら走ってる時は、まるっきし気にならないのだが。



国道をすっ飛ばすと気になるのが、後輪からのわずかな振動

長い時間、トップ全開で走ってるときなんか、ちょっと気になる。

原因はどうやら、リムロック(ビードストッパー)に間違いないようだ。



付けてすぐは嬉しくて気にならなかったけど、今はちとウザい。





 
じゃあその原因である、リムロックの位置を変更しよう。

と、けっこう前から思ってたのだが、寒いのと忙しいのでスルーしてた。

そしたら昨日、リアの挙動までおかしくなってきて、ため息をつくマイトガイ。



「えー、またパンクかよ」思いつつ、家に帰ってチェックすると。

パンクはパンクなんだけど、エアが抜けるのに、えらい時間がかかってる。

タイアを押す手ごたえも変わらないし、エアの抜ける音も聞こえない。



「ってことは、穴がめっちゃ小さいか、前に直したところだな」



見当が付いたので、昼休みに重い腰を上げることにした。

ジャッキアップしてリアホイールを外し、リムロックを緩めて。

エアを抜いたらタイアを外し、そこで写真を忘れてることに気づいた。

e0086244_13544184.jpg
この作業もやりすぎてて、手間的には「自販機にジュースを買いに行く」くらいの感じ。

で、パンク箇所を探してみると、どうやら思ったとおりだった。

前にトピークのパッチで修理したところが、劣化してはがれかけてる。



「これはトピークのせいなのか、それとも俺のいい加減な作業のせいか」



たぶん俺のせいだろうな、と思いつつ、パンク修理。

e0086244_13544190.jpg
上が劣化したトピークのパッチで、下が新しく貼ったパナレーサーのパッチ。

バイクのチューブは表面が自転車ほどフラットじゃないから、厚めのパッチは追従性が悪いようだ。

自転車用のクイックパッチを使うなら、パナレーサーのが薄くて柔らかいのでオススメ。



もちろん、あくまで「俺の個人的な意見」だ。

あと、悪いのはトピークじゃなくて、勝手に「バイクへ使ってる」俺だ。

劣化してるのも、貼り付け方が甘かったんだろう。

e0086244_13544129.jpg
それから、なんか寒くて「硬い手ごたえ」なので、パッチをライターであぶってやる。

これが吉と出るか凶と出るかは、この先のマイトガイ・バイクライフで判るだろう。

ま、自分でパンク修理しない人には、どうでもいい話なんだけど(・∀・)



e0086244_13544183.jpg
ついでに「スペアチューブ」、別名「パンクして交換した古チューブ」も引っ張り出した。

前に交換したあと、穴が開いたままずーっと放置してたんだよね、メンドーだから。

いい機会なので、こいつもパナレーサーで修理しておいた。



チューブなんて買っても安いんだけど、も、修理自体がレクリエーションだからね、俺の場合(・∀・)






さて、お次はホイールの加工だ。

e0086244_13544136.jpg
ドリルとタッピングオイルで、10mmの穴を開ける(赤矢印)

前にも書いたが、8mmのドリル刃がウチにはねーのだ。

「そのうち買わなきゃなぁ」とは思うんだが……たぶん今回も忘れる。



リムロックを取り付けて、対角線上に位置してることを確認したら。

直したチューブとタイアをホイールにセットして。

エアを入れ、「嚙み込みパンク」してないことを確認。

e0086244_13544264.jpg
無事にパンク修理と、リムロック位置の変更が終わった。

写真、よく見るとエアバルブみたいなのが、ホイールの内側、左右に出っ張ってる。

これが今回、位置を変更したリムロック。



写真に矢印を描くの忘れたから、こんな説明文が要るんだよな、めんどくせえ。






で、帰宅がてらホイールの振動チェック。

いつもの帰宅路で、前がクリアになった瞬間、アクセルに全開をくれる。

びーんびーんと元気に加速してゆく、愛機KLX125の小さな車体。



メータ読み90スピードくらいまで出しても、不快な振動がなくなった

「ああ、よかった。これで問題解決だな」

と、ほくそ笑んだ俺は、薄暗い裏道を、気持ちよくすっ飛ばした。



もっとも、リムロックに関しては、もう一つ問題もあったりするんだけど。



こないだ勢いで、フロント用にもう一つ買っちゃったって問題がね。

e0086244_13544222.jpg

フロントのバランス、うまく出てくれるかなぁ……

 
 
 

[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/24123082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2016-02-09 20:51 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ