XB12X & KLX125 メンテナンス初め

 

恒例の正月宴会も終わり、日常を取り戻しつつ。

今日はエリック牧場(職場ウラ)で、愛機2台のオイル交換そのほかをまとめてやる。

朝遅く、KLX125をまたいで牧場までゆき、到着するなりジャッキをかけてドレンボルトを外す。



オイルが抜けてる間に、買っておいた新しいオイルの準備をしようか。

e0086244_15160674.jpg
オイルスレでは「例のあれ」でおなじみ、AZの4サイクルバイク用エンジンオイル。

しばらく使ってみた感想としては、他の人と同じ「とにかく普通」だ。

ただし粘度が低いので、この時期のビューエルさんに使うと、驚くほど始動性が上がる



ぶん回しても7000そこそこのエンジンだし、こだわらないならこれで充分じゃないかな?

グループ3の全合成油だから、もしかしたら盛大に漏れるかと思ったけど、そうでもなかった。

ちっと滲(にじ)むくらいはもう、ビューエルでいちいち気にしても始まらないしね。






つわけで今回も、エンジンとプライマリの両方、「とりあえず入れとけ」のAZで行ってみる。

e0086244_15160611.jpg
KLXのオイルを抜いてる間に、ユリシーズの方を暖気しつつ。

今日はプライマリも交換するので、ギアを入れミッションの方も動かしてやる。

んで、KLXのオイルか抜けたら、AZを1リッター量(はか)って投入。



ユリシーズのエンジンオイルを抜いたら、新しいのを3リッター入れて。

今度はスタンドをかけなおして、プライマリーオイルを抜いてやる。

どっちも柔らかいオイルだから作業スピードが速いので、せっかちな俺にはありがたい。



プライマリが抜けたら、いつもの窓じゃなくてプライマリチェーンの点検窓を開ける。

e0086244_15160647.jpg
AZを1リッターほど入れたら、閉じる前にプライマリチェーンのゆるみ調整。

気持ち緩かったので、少し締めて調整は終わり。

つーかそろそろ、プライマリチェーンやクラッチのトラブルが出てもおかしくないんだよなぁ(´・ω・`)






お次はKLXの、細かいメンテナンスをやる。

チェーンや可動部分にオイルを注(さ)して、ブレーキパッドを見てみると。

「あぶねぇ。もうすぐなくなるじゃんか。たしか牧場にブレーキパッドの買い置きがあったよな?」

e0086244_15160676.jpg
買い置きのパッドを引っ張り出して、ブレーキパッド交換作業に移る。

キャリパーを外して古いパッドを取り外したら、ピストンを掃除してモミだし。

それからパッドピンの汚れを掃除する。

e0086244_15160613.jpg
それなりに汚れはあるけど、変な削れやおかしな場所はなかった。

さあ、それじゃあ後はパッドを取り付けてやるだけだ。

と、新しいパッドを組み込もうとして、そのまま凍り付くマイトガイ。






「ぜ……全然まるっきし完璧に別のパッドじゃねぇか!」



e0086244_15164728.jpg
上が外した古いパッドで、下が買い置きしてあったパッド。

当ててみるまでもなく、これは完全に別の車種のパッドだ。

美しい正月の青空を見上げながら、盛大にため息をつく、かみさん46歳。



「こらあ今年も、穏やかな暮らしなんて夢なのかなぁ……」



哀しい独り言をつぶやいて、のろのろと撤収作業へ移行する。

e0086244_15164813.jpg
パッドをつけずに、すべてのボルトも緩めたままで、そーっとセンスタをかけて仕舞ったら。

ユリシーズの方をメンテナンスして、とっとと帰って呑んだくれようか。

今日は夕方に、タカシが遊び来るしね。



あ、そうそう。

ちなみに間違って買ったパッドは、台湾製「エボリューション」の下記品番……2種類だ。

調べてみたら、リアのパッドも間違って買ってやんの、俺(´・ω・`)

e0086244_15164887.jpg
欲しい人にはタダであげるから、型番調べて自分のバイクに使えそうなら、俺に連絡して。

激安パッドだけど、YAMASIDAとかよりはずっとまともなパッドだから、オフとかリアなら充分だと思うよ。

最近の台湾製は、正直、侮れないレヴェルの高さだよね。






ブレーキパッド交換が未遂に終わったので、せっかくだからユリシーズのフロントも交換しよう。

何が「せっかくだから」なのかは、俺にもビタイチわかんねーけど。

いいんだよ、こんなもんはノリで(・∀・)

e0086244_15164889.jpg
キャリパー外して、掃除してからピストンをもみだし、耐熱シリコングリスを薄く塗りつけて。



e0086244_15164805.jpg
パッドピンもさっきと同じように、ペーパーかけてからグリスアップ。

フロントを組み直すついでに、アクスルシャフトもグリスアップして、キャリパーボルトにはカッパーグリス。

ドライブチェーンに同じくAZのチェーンソーオイルを塗ったら、目に見える可動部分にも注油。



全部の作業を終わらせ、ほっとひと息ついたところで。

「おいおい、まてまてまて! 嘘だろ?」

またもマイトガイを襲う、哀しみの連鎖




「マ~ジかよ、なんか刺さってんじゃねぇか!」



e0086244_15164867.jpg

怒りのマイトガイダンスを踊りながら、盛大に毒づいてみても、刺さった釘は1ミリも動くわけなく。



仕方ないのでプライヤーで引っこ抜いてみると……あれ? エア漏れしてなくね?

水をかけて確認してみると、どうやらエア漏れはないようだ。

だからって、こんな小さな僥倖に喜べる元気は、すでに筑波山の彼方まで飛んでってるわけで。



「とりあえず帰って、明日の朝モレてなかったら、このまま放置しよう」



やる気の全くない後ろ向きの対処を決定したら、とっとと帰る準備をし。

「帰ったらKLXのパッドも買わなくちゃなぁ」と、もひとつ小さなため息をついて。

俺は晴天の下、肩をすぼめて走り出したのだった。





てなわけで、年が変わってもマーマレードスプーンはいつも通り。

今年も、あらゆるトラブルに負けず、メンテにカスタムにツーリングにと頑張ってゆくので。

どうかひとつ、温かい目と、惜しみない声援を。



や、ホントに(´・ω・`)



 
 
 


[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/24024317
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2016-01-05 16:27 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ