KLX125 & CUB110 バンク修理そのほか

 
 
こないだ、カブのチェーン調整と注油をしたんだが。

e0086244_15222321.jpg
そのあと一緒に移動ということになって、KLX125を引っ張り出した時のこと。

動かした瞬間、異常な抵抗と重さを感じたので、チェックしてみると。

案の定、リアタイアが思いっきりパンクしてやがった。

e0086244_15222394.jpg
時間がなかったのでKLXをそのままにして、ユリシーズで動いたのが、数日前の話。



話は昨夜に戻って。

なんの電波をキャッチしちゃったんだか、延々とドラマを見続け、結局、朝の6時まで見てしまう。

このまま寝たら起きられないのは確実なので、そのまま寝ないで職場へ向かった。

e0086244_15222380.jpg
早朝に走るのは久しぶりだったが、もう、場所によっては霜が降りてるんだね。

混んでる国道を避けてウラ道を走ってたら、ケツとられたりして面白かったよ。

こんな時だとやっぱり、ユリシーズのアップハンとアイポイントの高さは重宝する。



仕事をしてる間は、眠くて仕方なかったが。

半日仕事がハネて「単車をいじろう」と思った瞬間、やたら元気になってくるから不思議だ。

ドタマの作りが単純だと、生きてゆくのが楽でいい(・∀・)



つわけで、KLX125のタイア交換を、「車載工具だけで」やってみる。

e0086244_15222316.jpg
牧場の工具を使えば楽に終わるんだけど、せっかくだから、こないだ選びなおした車載を試そう。

そう思ってやってみると、「ホイールを外すところ」まではスムーズだったのだが。

タイアを外す段になってちょっと苦戦し、結局、タイアレバーをもう一本使った。


なので、このタイアレバーも車載工具に加えることにする。

e0086244_15222381.jpg
パンク場所は、すぐに見つかった。



e0086244_15242637.jpg
原因はすげぇ普通で、折れ釘を踏んだようだ。

あとはいつも通り、自転車用のシールパッチで修理するだけ。

今までの「トピーク」じゃなく、今回は「パナレーサー」のを買ったので、さっそく使ってみた。



e0086244_15242664.jpg
左がトピークで、右がパナレーサー。違いは一目瞭然。



トピークは厚手で安心感があり、パナレーサーは薄い代わりに作業性とチューブへの密着度が秀逸。

それぞれの良さがあって好みで選んでいいと思うが、俺はパナレーサーの「ぴったり感」が好きかな。

パッチを貼って1分間ほどぎゅーっと押し付けたら、作業は完了。



あとは逆の手順でタイアを組み込むだけだ。



ビードストッパーがふたつ入ってるから、今までより手間が増えて時間がかかった。

まあ、でもコイツのおかげでパンクしても自走できるんだし、トレードオフだろう。

アクスルをグリスアップしてからホイールを組み、パンク修理は終わり。






続いて、今回つかったタイアレバーと、前から気になってたY字レンチを加工する。

e0086244_15242682.jpg
タイアレバーは車載できるように長さを切り詰め、Y字は仕舞いづらいので「使わない9mm」を切り飛ばす。

レバーは短く、Y字も8mmと10mmを残して小さくなり、これで車載工具用のバッグに入るようになった。

タイアレバーは例の「噛まないレバー」とこれの二本、Y字の他に必要なメガネとオープンエンド。



次回こそ、車載工具だけでパンク修理やタイア交換ができそうだ。



e0086244_15242617.jpg
車載バッグの大きさを、たばこの箱と比較。

この大きさで、タイアレバー二本と、必要なサイズのメガネレンチ&スパナ、ドライバ、プライヤなどの工具。

そのほかに、パンク用パッチと修理用の針金も入ってるなら、まあ上々だろう。



KLXは工具の入れ場所がないので、コイツは「いつものリュック」のケツに仕舞っておく。

そのうちKLXの車体にも、「車載工具ケース」かなんか付けたいね。

とまあ、ようやくこのレポも書き終わったし、今日は早めに寝ることとしよう。



そんな感じで。



 
 
 


[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/23944005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2015-12-09 16:18 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ