XB12X & KLX125 細かいメンテと車載工具

 

こないだマウント変更したバイザーの、穴隠しのための化粧ネジが錆びてた。

e0086244_12564644.jpg
どうやら鉄製だったようで、さすがに見た目がよろしくない。

なので、コレを外してプラスチックファスナーかなんかで留めてやろう。

ここはネジ穴を隠してるだけだから、基本的に何でもOKなのだ。



e0086244_12564665.jpg
エリック牧場からプラファスナーを適当に見繕う。

が、径が少し太くてベースは付いてもネジが通らない

とくに強度のいる場所じゃないから、それならベースだけでいいだろう。



e0086244_12564604.jpg
つわけで、プラファスナーのベースだけ取り付ける。

ベースには「カエシ」が付いてるから、ツメで引っ張ったくらいじゃ取れない。

そのうち「覚えてたら」、白いファスナーでも買ってやろうか。






それから、KLX125の車載工具。

ここんとこ車載工具について色々と考えてた(後日、別記事にする予定)。

んで、どうやら「こんなもんか」と言うラインナップが決まったのだが。



リアアクスルを緩めるための、「22mmメガネレンチ」が足りない。

いくつか持ってるヤツは、すべて長さや重量が大きすぎるので、車載したくない。

強度はすこし不安だが、純正の車載工具から22ミリだけ使おう。



そう思って車載工具を見てみると……

e0086244_12564650.jpg
入っているのは24ミリと、更に大きな片口メガネのみ。



中古で買ったから、「バロンの純正」なんだろう。

そりゃあ、イチイチ車種ごとにチェックするのは面倒だろうけど、さすがにこれはちょっとどうかな?

ま、本社とかの偉い人が決めてるんだろうし、店に言う話じゃないからあきらめて。



「それじゃあ、手持ちのメガネをぶった切ってやるか」

e0086244_12564679.jpg
グラインダーで、22,24のメガネを切り飛ばす。



e0086244_12564605.jpg
タイアレバーやヘックスなど、「他の長モノ」と遜色ない長さになった。

これで、KLXの必要な車載工具はそろった。

ラインナップや選択理由については、また別途、書いてゆくつもりだ。



そんな感じで。



 
 



[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/23844072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2015-11-07 15:17 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ