「ほっ」と。キャンペーン

東古屋山賊宴会 ~ロングライダース~

 
 
なんとか前日ギリギリに書類仕事を終わらせて。

山賊宴会の準備も終わらせる。

e0086244_16264653.jpg
今までで最も、コンパクトに仕上がった荷物。

この写真をSNSに上げたら、案の定、「そして忘れ物をする」とからかわれ。

「するかぼげ! 今回は完ぺきに準備したんだ!」と熱く切り返すマイトガイ(前ふり)。



翌日、半日仕事を終えたら、栃木県は東古屋キャンプ場へ向けて出発だ。

国道294~408経由で、矢板あたりにあるそこを目指し、すり抜け大会の始まり……

と思ったら、294も408もあんまし混んでなくて、すげぇ走りやすかった。

e0086244_16264614.jpg
おなじみ294のド直線。向こうには筑波山が見える。



e0086244_16264644.jpg
408のバイパス。新しいのか知らんけど、空いててすっ飛ばしやすかった。

空の青と、ちょうどいい温度の風が、とんでもなく気持ちいい。

にっこにこで走り、バイパスから普通の408へ戻るショートカット、清原中央通りへ。



工業団地を抜けてゆく清原中央通りは、両脇に並木が植えられていて。

e0086244_16264630.jpg
すこーしだけ、紅葉が始まってる感じだ。



e0086244_16264648.jpg
もう二週間もすれば、見ごろになるかな?



e0086244_16264638.jpg
おためごかしでも誤魔化しでも、こうして木が植えられているのは好きだ。

人生も折り返し、あと30年くらいだろうし、文句を言うより楽しんだ方が建設的だろ?

怒ると健康に悪いみたいだしね(・∀・)






408から4号を経由して、県道62号線を塩谷方面へ。

e0086244_16264672.jpg
なんか途中で軽く道に迷ったものの、どうやら最初の目的地、「ダイユー塩谷店」に到着。



すると、俺と同じく下道でやってきた、よしなし先生と会う。

e0086244_16264691.jpg
よし 「ろろちゃんが道に迷うの、わかりましたよ。ナビって音だけ聞いてると全然わかんねー」

出会い頭からグーグルさんに文句つけてる先生に笑いつつ、スーパーへ入って買い出し。

命の水「ジャックダニエル」と、そのほか食材を買い込んだら、いざキャンプ場へ。






途中で自信がなくなり、停まって相談したりしながら。

なんとか、キャンプ場へ到着すると、すでに来ていたろろちゃん。

挨拶もそこそこに、ボヤいている。



ろろ 「奥へ行かない方がいいよ。ボクは思いっきりスタックしたからね」

e0086244_16264798.jpg
(参考画像:翌朝に撮影された、ろろちゃんのスタック現場)

出ばなから飛ばしてくるろろちゃんに大笑いし、同じく先着していたpoitaさんにも挨拶。

poitaさんのテントが、噂の「エアフレーム」だったので、それを見学してから、俺も設営開始。






寝床の準備ができたところで、今度は宴会の準備を始めたマイトガイ。

バッグの中から道具を引っ張り出していると、驚愕の事実に気付いた。

「あぁ! しまった! ガソリンストーブ忘れた!」



ところが。

こんなとてつもない悲劇にも関わらず、「知ってた」「思った通りだ」と冷たい反応の面々。

ホントこの男たちときたら、「情」に類するものをこれっぱかしも持っていない(`Д´)



最後の最後で、「コッヘルを小さいのにしてやろう」なんて取り替えたのが敗因だ。

大きいコッヘルの方に、ガソリンストーブを入れたままにしちゃったよ。

「無用の長物と化したガソリンボトル」を眺めながら、小さな声でぶつぶつと言い訳するかみさん45歳。



もちろん、誰ひとり聞いちゃいないのだが(´・ω・`)

e0086244_16264707.jpg
結局、ろろちゃんにネイチャーストーブを借り、先生に炭をもらって、なんとか「火器」を調達。

とりあえず、買った肉を「生で食う悲劇」だけは避けることができた。

ま、ジャックと一緒なら生で食ったって死にゃしないけどね(ジャックを信頼しすぎです)。



つわけで、消毒薬にされかけたジャックダニエルを引っ張り出し。

e0086244_16285549.jpg
ナルゲンボトルに移し替える。

スーパーでやっときゃいいようなもんだが、先生が待ってたんで焦ったのだ。

とりあえず、万が一転がしてもビンの割れる心配がなくなったところで。



e0086244_16285505.jpg
ろろちゃんストーブと、よしなし炭で、ホルモンや豚肉を焼く。






つまみつつ呑みつつ、ようやく一息ついたところで、周りを見渡す余裕ができた。

e0086244_16285587.jpg
キャンプ場の下の方は、本来ならテントサイトなのだろうが。

この間の洪水で、すっかり泥をかぶってしまっている。

その死んだように見える地面と、生き生きと茂る緑のコントラストがきれいで。



e0086244_16285596.jpg
写真や動画を撮ってみた。










ひと段落したら、それじゃあ本格的に呑んだくれますか。



のっけからアニメの話なんかをして、そんな自分らに馬鹿笑いしつつ。

いつの間にか話はだんだん、辛気臭い方向へ流れてゆく。

40前後のおっさんが四人集まってるわけで、仕事、健康、政治経済、何を話してもシケてる。



「いかん、もっと明るい話題にしよう!」



つって、しばらくはバカ話になるも、また、シケた話になったり。

もちろん、それはそれで面白いし、興味深い話ではあるんだけど。

みんないい歳だから、それなりに話題が豊富だよね、良くも悪くもwww





途中で先生がオチたり、ろろちゃんがオチたりしながら。

e0086244_16285573.jpg
だんだん寒くなってきて、みんなそれぞれ、防寒しながら呑んで話す。

睡眠不足のろろちゃんと、お疲れ気味の先生がうつらうつらだったので。

今回はえらい久しぶりに、poitaさんとたくさん話をした



いや、普段の宴会でバカ話はたくさんしてるんだけど、突っ込んだ話が久しぶりだったのだ。

e0086244_16285568.jpg

e0086244_16285545.jpg
どうバイクに乗るか、どんな走りをするか、今の俺たちはいいのか悪いのか

衰えてきた身体機能と折り合いを付けなきゃならず、でも、「こうありたい姿」があって。

巧妙になった「自分への言い訳」が、なんともどうにも腹立たしくて。



不甲斐ない(事実かどうかではなく、そう感じてる)自分の姿に、身もだえするpoitaさんを見て。

自分の基準で「やれてない」自分自信へ憤慨するpoitaさんを見て。

上手に自分をだましてる俺は、ちょっぴり恥ずかしく思ったり。






穏やかで、静かな夜だったけど。

熱い男との会話に、熱い何かをもらった、刺激的な夜だった。

だからって、いきなり大上段に構えて「何をかやる」ってほどの反射神経はないけれど。



乗り続け、考え続けてゆこうと思う。



納得できる答えにたどり着くのか。一生、身もだえしながら走るのか。

どう走りたいのか、どう走るべきなのか、はたまた、すべてはどうでもいい事なのか。

どうでもいいなら、胸の隅っこにある、この小さな塊(かたまり)は何なのか?



自分の命と、人の命とを大切にしつつ。

まだ、もう少しだけ。

燻(くすぶ)る想いをもてあましながら、走ってやろう。

e0086244_16285584.jpg
そんな夜だった。










あけて、翌朝。

e0086244_16285588.jpg
暑くなってきたテントから這い出してみると、空はあきれるほどきれいな青空。



e0086244_16285652.jpg
トイレに行く途中で、昨日は見はぐったキャンプ場の池を見てみたり。



e0086244_16311457.jpg
思い思いに過ごしつつ、のんびりと撤収にかかる面々。



e0086244_16311406.jpg
ビッグオフは、やっぱりカッコいいね(・∀・)



e0086244_16311501.jpg
でも、俺はこいつが最高にカッコいいと思うし、惚れ狂ってる。






撤収作業もほとんど終わったし、荷物を積んだユリシーズを、駐車場へもってこよう。

つわけでエンジンをかけ、一速に入れてそろそろと走り出したマイトガイ。

ぬかるんだ場所へ差し掛かった瞬間、フロントがぬるっと取られ、リアが何かに引っかかる



「いや、まてまてまて! だめだ、止まるな……あぁっ!」






ぽてん。






e0086244_16311588.jpg
コケた。



もっとも歩くようなスピードだったので、被害はほとんどなかった。

なによりコケた瞬間、みんながそろってカメラを出し、撮影してくれたのがうれしかった。

写真、俺の笑顔を見てもらえれば、それが強がりじゃないことは理解してもらえるだろう。



コケることは、苦でも何でもない。

コケたのに、「誰も見てない、誰も写真を撮ってない」のが、とてつもなく哀しいのだ。

つーか何より、動画を撮ってなかったことが悔しいったらない(´・ω・`)






いつも通りと言っていいだろう、俺の軽いネタに、みんなで笑って。

e0086244_16311598.jpg
しばらく、バカ話で盛り上がったら。



e0086244_16311529.jpg
それじゃみんな、楽しい時間をありがとう!

俺はご機嫌で、青い空の下を走り出す。

コカされたビューエルさんが、どう思ってたかは知らない(`・ω・´)






さて、当初の予定では、北茨城へ抜けてビーフラインでも走ろうかと思っていたのだが。

県道をテキトーに走ってたら、毎度おなじみロストマイウエイ

道に迷って、いつの間にか国道4号線へ出ていた。



「しまった、八方ヶ原の方へ抜けたかったのに」

つっても、すでに八方ははるか背中。

「んじゃ、4号南下しながら、ノリで左(東)へ向かおう」



東には筑波山があるのだ。






勢いよく走りだした俺は、すぐに驚かされることになった。

何って、4号線がばっかみてぇに空いてるのだ。

昨日poitaさんと、「俺は曲り道っすね」「俺は高速だなぁ」なんて話してたのを思い出し。



「久しぶりに、直線&すり抜けの全開走行ってやつをやってみっか」



なんだかんだ火がついていた俺は、普段はやらない「直線ガンガン」にトライ。

150スピードから立ち上がり、180で壁になる空気と押し合いながら。

ヘルメットが浮かないように下を向いて上目づかいで、ラン&ガン。



荷物の重さで振られるケツをごまかしつつ、国道をすっ飛ばしてゆく。



頭の中は異常に冷め、胸の中は熱くなり、視野は走りに要らない部分が削げ落ちる。

ふと気づいて腕の力を抜き、抜いて初めて、かなり力が入ってたことを知る。

ずいぶん忘れてるな。曲がってばかりで、開けてなかったもんなぁ。






すり抜ける途中で、青い服を着た白いバイクの人と遭遇。

アクセルを抜いて後ろにつけ、ゆっくりとクールダウン。

しばらくのんびりランデブーしてると、左から車列をぶち抜いてゆく四輪車。



車種は知らんけどスポーツタイプのそれを、白いバイクの人が追いかけてゆく。



バイクがクルマを、道の端っこへ誘導してる様を眺めながら。



また一人になったので、あらためてアクセルオン。

ばんばんすっ飛ばしてたら、「筑西」の文字が見えたので左折。

そのまま農道チックな道を、それなりの速度ですっ飛ばしてゆき。



「ああ、ここに出るのか。それじゃあ、ついでにダートを走ってこう」



利根川沿いの土手に向かって、ユリシーズのフロントを向けた。








ちょいちょい動画にあげてる、例の土手沿いを走りだしたマイトガイ。

ここに至るまで、結構、いろいろと動画を撮ったんだが。

残念ながらこないだアップデートしたWIN10だと、ムービーメーカが使えない



なので、「撮りっぱなし」のクソ長い(8分弱)動画だけど、一本だけアップする。


俺が「だらだら土手沿いのフラットダートを走ってるだけの動画」だから、てきとーに飛ばして見てくれれば。

一応、半分くらいから、ちょこっとセリフは入れてるけど。

つーか昨日の夜、ろろちゃんが言ってた意味が分かったよ。



WIN10だめだ! もう、ダウングレードできないけど(´・ω・`)






んで、ダートを抜けてしばらくすると、なんかリアの挙動が変だ。

「あれ? またパンクか? ま、それはそれで面白いか」

などと詮無いことを思いながら、信号で止まった時にチェックしてみると。



「マジかwww いや、俺が悪いかwwww」



ダートランで飛ばしたのが悪かったのか、振り分けバッグがちぎれかけてた。

e0086244_16311530.jpg
(写真は、家に帰ってから撮ったもの)

とりあえず、振り分けることは不可能そうだったので、そのまままとめてリアシートに積む。

んで、リアに荷物があるとリュックが背負えないので、これも一緒に積み上げる。



e0086244_16311587.jpg
「やたら重心の高い状態」になった、ユリシーズさんにまたがり。

そのぶん、横幅がなくなったのをいいことに、俺は16号を全開ですり抜け始めた。

高い重心のせいでヨレる車体に苦笑し、「バッグ、今度はなににしようかな」とつぶやきながら。







今回も「いつもどおり」の山賊宴会だったけど。

夜、poitaさんと久しぶりに、「単車乗りの話」ができたのはうれしかった。

いろんなことを、「改めて考える」いい機会になったと思う。



願わくは、「答え」の出る寸前まで。

e0086244_16311599.jpg



単車乗りであり続けられますことを。





東古屋山賊宴会 ~ロングライダース~ /了
 
 
 
 
 


[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/23740025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2015-10-03 16:24 | エンカイ | Trackback

アーカイブ


by かみ