XB12X & KLX125 オイル交換とパンク修理

 
 
「おぉ、月がきれいだなぁ」

e0086244_15242411.jpg

などと、夏目漱石ばりの風流なセリフを吐きながら帰宅してると。

どうも、ケツがうにゅうにゅする。

いや、痔の話じゃなくて、単車の足回りの話。



「あ、パンクだな、これ」



それでも、リムロック(ビードストッパ)のおかげで、特に怖い思いをすることもなく。

無事に家までたどり着いて、リアタイアを確認してみると、やはりパンクだった。

いっやリムロックすげぇわ、パンクしても全然ふつーに走れんのな(・∀・)



暗くて詳細は確認できず、そのままにして、翌朝、改めて確認。



e0086244_15242530.jpg
まごうことなく、パンク。ジャスタパンク。

「今日はユリシーズのオイル交換をしようと思ってたんだけどなぁ」

ま、オイル交換やパンク修理くらいなら、まとめてやっちまえばいい。



つわけで半日仕事を終えたら、早速、修理に取り掛かろう。



e0086244_15242560.jpg
原因はスクリューねじだった。

長めのねじだから、こらぁチューブ交換しなきゃダメかな? 思いつつ。

とりあえず、リアホイールを外してみる。



e0086244_15352454.jpg
チューブを引っ張り出して、虫を入れなおし、もう一度エアを入れてみる。

すると、シューシュー音がして、穴の場所が分かった。

小さい穴だったので、修理して使うことにする。



e0086244_15242576.jpg
最近お気に入りの、シールタイプパッチ。

自転車用なんだが、バイクでも(ちっこいのならたぶん)問題なく使える。

ノリを塗って乾かす手間がないだけなんだが、これがすげぇ楽なのだ。



しょっちゅうパンクしてる人にはお勧め(・∀・)b



e0086244_15242531.jpg
穴の周りを脱脂して、ペーパー掛けてちょっと肌を荒らし、シールを貼るだけ。

貼ったら1分くらい押し付けたまま待って、あとはエアを入れるだけだ。

手間がかからないから、パンク修理が苦じゃなくなるよ。



e0086244_15432330.jpg
なお、こないだ購入した「噛まないレバーIII」は、ものすげぇ普通に使えて便利だった。






さて、それじゃ今度は、ユリシーズのオイル交換だ。

2ちゃんのオイルスレのテンプレ、「とりあえず入れとけ」でおなじみ、AZオイル。

今回は、前から気になってた、このオイルを使ってみる。

e0086244_15242545.jpg
一応、「全合成油」と謳ってるが、化学合成油じゃなくてグループ3なので、間違えないように。

空冷エンジンに関しては賛否あるだろうが、俺が勉強した限りではよさそうなので選んだ。

このグレードで4リッター2000円つーのも魅力だよね(・∀・)



e0086244_15242511.jpg
ダメだった場合に残すのもアレなので、プライマリとエンジンの両方に使ってみる。

と思って900mlだけプライマリ用に分けたんだけど。

よく考えたら、こっちでダメならKLXに使えばよかったじゃん(´・ω・`)



相変わらず、ウカツ。



e0086244_15242602.jpg
プライマリとエンジンの両方を抜いて、900mlをプライマリ、残りをエンジンへそそぐ。

エンジン掛けてみると、しゃらしゃらとよく回る感じ。

ま、この辺は使ってみたいと何とも言えないから、インプレはまたいずれ。






で、今週末は久しぶりに、山賊宴会をやってくる。

場所は東古屋キャンプ場 http://www.hatinosu.net/camp/archives/1670/ で、土曜の夕方から。

もっとも、書類仕事が終わらなくちゃ、行けないんだけど(´・ω・`)



そんな感じで。


 
 
 


[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/23727314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2015-09-30 16:05 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ