KLX125 噛まないタイヤレバーIII

 
 
レセプト(保険請求)を終えて、やっとバイクのことを考えられる。

俺の脳みそは、マルチタスクが不可能な、超ぉ低スペック。

なので、ひとつひとつこなさなきゃならんのだ。



んで、考えるといったら筆頭はユリシーズのレギュレータなんだが。

もーね、あわてずじっくり情報を集めることにしたよ。

あせってもたいがい、ロクな結果にならないしね。



そーなると当然、KLX125の話になるわけで、先日、昼休みに。

「そーいやオイルチェックしてねーな」思ってチェックしてみたら、えらい減ってる。

あわてて帰り際にホムセンへ寄り、

e0086244_18180559.jpg
こないだと同じG2を注ぎ込んだら、ほとんど全部入っちゃった。

ま、もちろん入れすぎで、クラッチの切れが悪くなったりしたんだけど。

でも、どうせまた減るから、このまま走っちゃうんだけど。






ここんとこ、通勤や山賊ばかり=舗装路ばかりを走ってたので、トラタイアが減ってきた。

まだ使えるから通勤はこのままで、山に行くとき新しいのを入れてやろう。

それはいいんだけど、基本的にタイアってのは、フロントよりリアが先行して減る



スペアに前後ワンセット持ってるんだが、フロントはまだ全然つかえるので。

この際だってんで、リアをもう2本購入した。

これでスペアはフロント1本のリア3本だから、ちょうどイイカンジ。



で、購入先である「トレックフィールド」さんのサイトを、何となく眺めてたら。

なにやら素敵な便利グッズを発見した。

それが今回、タイアと一緒に購入した、「噛まないタイヤレバーIII」だ。

e0086244_18180581.jpg
詳細は、リンク先で見てもらえれば……つーかネーミングでもう、充分判るだろう。

チューブタイアの交換でありがちな、「レバーでチューブを噛む」あの悲劇を避ける逸品。

俺なんか、レポに書いてないだけで、実は何回もやってるからね。ありがたいよね。



e0086244_18180626.jpg
この右側の先っちょ、ちょこっとだけ「へら」っぽくなってる部分。

これがミソで、リムからほとんど突出しないため、チューブを噛み辛い構造になってる。

何度か噛んでるヤツなら、使わなくたって見りゃ判るだろう、素晴らしいツクリだ。



e0086244_18180682.jpg
こっちのフック部分は、スポークに引っ掛けることで、ビードをめくったまま固定できる。

あとは、手持ちのレバーでも使って、ひん剥いてやればいいだけ。

タイアを組んだ後、あの「しゅー」って音を聞かなくて済むなら、2350円は格安と言っていい。



なによりゴールデンボーイを俺に与えてくれたショップだからね。

信用できる(`・ω・´)キリッ



このレバーはコンパクトなので、車載や携帯も充分可能だ。

これと最近お気に入りの、シールタイプパッチがあれば、パンクなんかもう、怖くないね。

いや、しないで済むなら、したくないけどね(´・ω・`)



そんな感じで。



 

[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/23633720
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2015-09-04 18:18 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ