KLX125 ビードストッパー装着

 
 
エアを抜いて獣道の走破性を上げられたり、パンクしてもある程度は自走できたり。

いろんなメリットはあるが、それら以前に。

とにかく欲しくなった、つけてみたくなったので、ビードストッパーを買った。

e0086244_14521357.jpg
ダンロップのラバーロングタイプ。

金属タイプじゃないのは、二つ付けるから強度より軽さを優先したため。



パワーのないKLX125なのに二つ買ったのは、もちろん、あれをやってみたいからだ。

「空気圧=大気圧」 いわゆるリアタイアの大気開放を(・∀・)

0.5kg程度でもあんなに地面を食ったんだから、なんかどこでも登れそうじゃん?(勘違いです)



空模様が怪しげな昼休み、月末月初の書類仕事を放り出して、エリック牧場(職場ウラ)へ。

e0086244_14522626.jpg
ジャッキアップしてリアタイアを外したら、早速、ホイールの加工に移る。



e0086244_14523390.jpg
ビードストッパーのねじ外径は8mmだったが、そのサイズのドリルを切らしてたので、10mmであける。

チューブタイアだからエアが漏るわけじゃないし、多少の誤差は問題ないだろう。

あってもまあ、自己責任だし、命までなくすほどのものじゃないしね。



e0086244_14524082.jpg
タッピングスプレーを吹きながら、エアバルブより120°くらいずれたところへ二つ穴をあける。

「エアバルブの側とその180°反対側」っていう開け方もあるみたいだが、俺はこっちを選んだ。

バランスとか考えたわけじゃなくて、なんとなくタイア交換がやりやすそうだと思ったから。



e0086244_14525013.jpg
取り付け完了。

これでリムにタイアが固定され、タイア(と中のチューブ)がずれてしまう可能性が少なくなった。

KLXのパワーの少なさを考えれば、エアがゼロ近くても、たぶんずれることはないだろう。

つっても、このタイアは残り少ないから、次のケモん時は新しいタイア履き替えないとだめだろうけどね。



e0086244_14530462.jpg
テストランしてみると、思ったよりバランスは気にならなかった。

俺のKLXはファイナルがショートだから、トップ90キロくらいしか出ないしね。

通勤用にエアは規定値なんで実感はできないけど、気分的な安心感が素晴らしいwww



だいぶん涼しくなってきたし、そろそろまた山の中を走りたいね。



そんな感じで、ごきげんよう(・∀・)


 


[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/23619239
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2015-08-31 20:51 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ