XB12X 春の残滓(ざんし)

  
 
山口でトラブった翌日、新幹線の中で、すでにスプロケとナットを注文し。
 
e0086244_13370704.jpg
先週のうちに届いていたのだが、ビューエルさんの方が戻ってきてなかった。

そんで週末にタクと連絡をとり、今日の昼休み、戻ってきたユリシーズを取りに出る。

タクが軽トラで荷物を運んできてくれたので、それに同乗して店まで。



店に着いたら、持って行ったスプロケを取り付けてもらう。

保険の関係で、俺が修理するわけには行かないからだ。

ま、多少は手伝ったりしたけど(・∀・)



無事、取り付けが完了し、ミラーとか細かいとこ調整してもらう間に。



久しぶりに店内を眺めるも、俺の食指はあんまり動かない。

もはやすっかり、ビューエルの虜だからだろうね。

モタードとかオフ車は、けっこう色々見ちゃったけど。
e0086244_13372966.jpg
俺のケモマシンKLX125の兄貴分、KLX250。いや、これはデカいわ。ケモとかぜってームリwww



最後に搬送料と修理代を払って、久しぶりの愛機へまたがり、タクに挨拶して職場へ戻る。

e0086244_13373829.jpg
おかえり、ユリシーズ(・∀・)



つわけで早速、スプロケットの「ゆるみ止めボルト」を付けよう。

e0086244_13375194.jpg
ナットのそばに空いてる穴へ、「サイズの合うボルトを入れる」だけの簡単なお仕事…………

なのに、なぜか「すんなりと行かない」マーマレードクオリティ。

「あ!」とか、「なにぃ?」とか、上げちゃいけないはずの悲鳴をあげながら、作業を続けること数分。



e0086244_13380244.jpg
スプロケットにある、「ネジを切られた穴」三つのうち。



上はナットがかぶって入らない。穴をかっぽじっちゃ何にもならないので、あきらめる。

真ん中は折れた。入れたのが、前に「チェーン調整で使おう」と切込みを入れたボルトだったようだ。

ウカツ。つーか、「要らないボルト」とか、ちゃんと捨てような、俺?



結局、まともに入ったのはイチバン下だけ(´・ω・`)



ただ、今回はバロンの工場長さんが、「トルクレンチ」を使って締めてくれた。

ハーレィも得意な方だけに、ばっちり規定値で締め込んでくれたので安心だ。

つーかココのスプロケ、あんな高トルクで締めンのな? 



今まで、外すのメンドーだから、そんな強く締めてなかったよ(それがトラブルの原因です)。



あとは、荷物を積みなおして、全部終了。
e0086244_13380959.jpg
約二週間ぶりに戻ってきた、愛機Buell XB12Xは、相変わらず気持ちのいいバイクだ。

天気がいいのも手伝って、職場まで戻ってくるのにちょっと乗っただけで、すぐにワクワクしてくる。

今になって、ロンツーが三日で終わったってのが、かなり悔しかったり(・∀・)



んで帰り道、荷物満載で走ると、今度は、ツイスト時の「慣性重量」が気になる。



ロング出ちゃうとワクワクで、そのうち慣れちゃうから気にしてなかったけど、

こうして短い間に乗り比べると、如実に重さを感じちゃうよねぇ。

あと10、いや、5キロくらい減らすか、もっと重心に近づけた積み方をするか。



いろいろと悩ましいところだ。



ま、それは追々考えるとして、まずは今週末。

大郷戸へキャンプに行って、たっぷり楽しんでこよう。

そんな感じで。


 
 


[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/23098075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2015-05-11 20:33 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ