KLX125 ミラーマウント その2

 

朝、仕事へ向かいながらミラーの調子を見てみると。

うん、やっぱり間違いない。

ハンドガードマウントの方が、車線変更などでチラ見するとき楽だ。



つわけで、半日仕事がハネるなり、バイクいじりを始める。

このミラーマウント気に入ったから、ただ左をつけるだけじゃなく。

テキトーに付けてた右側もふくめて、しっかり取り付けよう。

e0086244_14593291.jpg

これが昨日やった、右側のテキトーマウント。

ガムテでガードの厚みを増やして、ねじで締め付けただけ。

これでも機能的に問題はないんだけど、せっかくだからガッチリとりつけたい。



e0086244_14594575.jpg

で、利用するのが、この取り付け穴。

5~6mmのねじが切ってあるので、ここに共締めする。

そのために、ミラー側のホルダー部分に、同じサイズの穴を開けてやる。



e0086244_14595467.jpg

ハンドドリルで位置を決め、6mmのドリルで穴を開けて。



e0086244_15039.jpg

取り付け完了。

ガタもなく、しっかりとマウントできた。



つわけで、全景。

e0086244_1501145.jpg

前から見たところ。

写真だと横に張り出してるっぽいけど、実際はガード内側ぎりぎりに入る。

これはまだ、ちゃんとミラーの調整してないからね。



e0086244_1502799.jpg

コクピット側から。

最終的なミラーの位置は至って普通で、かつ、若干前に出てる。

走りながら見るとき、ほとんど視線を動かさなくていいのがありがたい。



んで、大切な「山モード」だが。

e0086244_1504046.jpg

山にいったら、こんな感じで内側にたためる。

一見してわかるように、ほとんどジャマにならない。

なおかつ軽いので、ケモの時なんかは普通に無視できる。



e0086244_1505130.jpg

コクピット側。

ぱっと見、コケたとき割れそうだけど、本体まるごと、ハンドガードの内側なので平気。

つーか、これが割れるときはハンドガードが曲がったときだから、あきらめも付く。



てな感じで、「ちょっと面白く、かつ、使い勝手のいい」マウントが出来たから。

ミラー関係は、ひとまず終了。

これ以上、ミラーで何かやるとしたら……まあ、バックモニターくらいかなぁ(・∀・)



そんな感じで。



 
 
[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/22681356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2014-12-27 15:20 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ