XB12X スポイラー削り

 
 
今朝、高速域のテストライドをして、あらためてスポイラーの効果を確認した。

確かに、顔へ当たる風はだいぶ減ったのだが、その代わり、重さで「スクリーンの振動」が増えた。

それに何より、見た目がやっぱ気に入らない。



なので昼休み、スポイラーを削った。

e0086244_13172710.jpg

さすがにオッサンになり、学んだというか、守りに入ったというか。

とりあえず、「いきなり半分」とかはやめて、まずは1/3だけカット。



e0086244_13174790.jpg

要は「乱流が発生すればいい」わけだから、これでも、いや、もっと小さくてもいけそうな気がする。



e0086244_1318046.jpg

左からの画像。

ちなみに、昨日までのサイズは↓

e0086244_13524061.jpg

こんな感じ。



e0086244_1318976.jpg

またがった俺からだと、こんな風に見える。

「これで大丈夫なら、さらにもう少し削ってやろうか」と思うのだが。

いつも、そーゆーノリでぶった切って、失敗してるからなぁ(´・ω・`)






ぶつぶついいながら、近所をテストライドしてみる。

「うん、そんな変んないな。これなら、もちっと小さくても大丈夫だべ」

ひとっつも論理的な根拠のない確信を得た、かみさん44歳。



戻って金切りバサミを取り出すと、じょきじょきカットし始め。

e0086244_156450.jpg

結局、昨日の1/3サイズまで小さくしてしまった。

ちょっと見、「あれ? サングラスを引っ掛けてるのかな?」と思われかねないサイズと形。

「やっちゃった感」と「満足感」のハザマで揺れる、ガラスのマイトガイハート。



e0086244_1561362.jpg

いや、「乱流を作る」のが目的なんだから、これで充分、いけるはずだ(`・ω・´)



e0086244_1562352.jpg

自分に言い聞かせてみても、目に入ってくるのは「サングラス」にしか見えない物体。



e0086244_1563359.jpg

コクピット側から見れば、なんとかなりそうな予感はするが。

俺の予感は、世界でいちばんアテにならない(´・ω・`)

ここで昼休みが尽きたため、そわそわしながら午後の仕事を済ませ。






帰宅路でテストライド。

走り出してみると、低速では前と同じであまりわからない。

なので、大きな道ですっ飛ばしてみる。



「お、やっぱいけるじゃん!」



乱流が起こってる感じで、風は感じるものの、前のように押し付けてくるような風圧はない。

で、きちんと比較すべく、いったん停まってスポイラーを外す。

外したスポイラーはタンクカバーにつけてやればOK。

e0086244_19551131.jpg

この状態で走ると、覚えてたイメージ以上に、風がぶち当たってくる。

「乱流のチカラすげぇな(・∀・)」

ニヨニヨしながら信号待ちで停まり、タンクに貼っておいたスポイラーをつけようとすると……



グローブをした手じゃ外せない(´・ω・`)

あわてて引っ張ったら、吸盤がスポイラーから外れた。

同時に、横の信号が黄色になる。



「ぬお、まずい! とりあえず、こいつは手に持ったまま、走ろう」



つわけで、スポイラーを握ったまま走り、横道へ入ってつけようとしたら。

今度は、タンクに残ってたはずの吸盤が行方不明。

どうやら、走ってるうちにはがれてしまったようだ。



仕方ないので、スポイラーをポケットに押し込んで。

「確か、吸盤の換えはあったはずだな。4個入り買っといてよかった」

小さい強がりをつぶやきつつ、俺は家路を急いだのだった(´・ω・`)

e0086244_1564119.jpg

つわけで、ふとした思い付きから作ってみたスポイラー騒動は、コレにてひと段落。

こんな小さなモノでも、結構な効果が出るんだから、流体ってのは不思議なもんだね。

通勤では貼り付けて、ツーリングでは外してと、シーンにあわせて使っていこうと思う。



そんなイキフンで(・∀・)b
[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/22567985
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2014-11-14 13:26 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ