XB12X ライトのチェックと、カウルの養生

 
 
昨日のつづきで、ダブルにしたLEDヘッドライトの照射範囲チェック。

ハイロー比較を、二箇所でやってみた。

まずは昨日、自宅前の道端で。

e0086244_14265184.jpg

上がロービームで、下がハイビーム。

ハイにすると「前方の家」が、前よりはしっかり見える。

実際は写真よりもう少し見やすいが、それでも、やはり「すげー見える」とは言いがたい。



お次は今日、職場の横で。

e0086244_20144556.jpg

ライトオフ。



e0086244_2014553.jpg

ロービーム。



e0086244_2015729.jpg

ハイビーム。



こんな感じで、さすがに一灯+10Wの時よりは、前方の視界が広がった。

が、ハロゲンと比べて圧倒的に明るい、ってところまでは行かない。

単純な明るさより、「見やすさ」で考えると、ハロゲンより落ちると感じるヒトもいそうだ。



通勤に支障はないけど、夜の攻めた走りには、いくぶん不安って感じかな。






それから、今日の昼休み、ふと思い立って「カウルの養生」をしてみた。



俺のユリシーズカウルは、S用ブラケットを使うために、別途、「取り付け穴」をあけてある。

ボルト3×2=6本のところを、2×2の4本で留めてあるのだ。

そのぶん一本に力が掛かるので、しっかり締めたい。



だが、カウルの素材が柔らかいので、あまり強くは締められない。

なので、プラスチックのワッシャーを使いつつ、だましだまし留めてた。

さすがに、そろそろどうにかしてやりたい。



つわけで、カウルとボルトの「間に入るパーツ」を作ってみた。

e0086244_14115259.jpg

5mm厚のプラスチック板を切り出して、予備穴を空ける。

今回は、とりあえず様子見なので、デザインには凝らないし、作業も雑。

これで上手く行くようなら、改めても少し凝ったデザインのプレートを作る。



予定は未定(・∀・)



e0086244_1412385.jpg

5mmのドリルで穴を広げて。



e0086244_14121244.jpg

取り付け。

穴のピッチがちとアレなので、いくらかカウルから浮いている。

次に作るときは少し長穴にして、フッティングに「ある程度の余裕」を持たせた方がいいだろう。



e0086244_14122023.jpg

とりあえずOKそうだから、しばらく様子を見つつ。

いずれ、も少し大き目の面白いデザインで考えてやろうか。

そんな感じで。



 
 
  
[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/22546273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2014-11-06 14:17 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ