KLX125 GORDON’Sエンジンガード

 
 
若いころからずっと、夏でもダブルの革ジャンでバイクに乗っていた。

が、ここ数年は、思いっきりすっ飛ばすとき以外、あまり革を着なくなり。

ほとんど、「Tシャツもしくは適当な上着に、オフロードプロテクター」で走っている。



そんな風に好みが変わってきたのと前後して、カスタムにも変化が出てきた。

昔はクルーザ系だってこともあって、金属やメッキパーツが多かったのだが。

今は質感より「とにかく重量」がメインで、プラスチックパーツの軽さが大好き。



とまあ、「長い前フリ」に付き合っていただき、お疲れサマンサ。



要するに、プラスチック製のエンジンガード(スキッドプレート)を買ったのだ。

e0086244_2282316.jpg

GORDON’Sのエンジンガードは、厚手の軟質プラスチック製。

エンジンの下部だけじゃなく、前側もカバーしてくれる。

効果のほどはともかく、コンセプトは好き(・∀・)



e0086244_2282113.jpg

取り付けも前側はともかく、下部の方はガッチリと付く。

前側はネジ2本で固定、下側は4ヶ所をプラスチック製のステーで固定。

取り付け精度もよく、調整範囲も広いので、ほとんど苦労せずに付いた。



e0086244_2282514.jpg

思ったよりずっとしっかりしてるので、スキッドプレートとしても使える……かもしれないw

一枚板じゃなく、凹凸で強度を出してるから、そのぶん、アルミ一枚より厚みはあるかな。

つっても「フォルムが車体に沿ってる」から、トータルではそれほどジャマにならないと思う。



e0086244_228283.jpg

前の方は、強度的にちと心配な感じ。

少なくとも、車体を支えるような強度はないから、ブッシュよけ程度に思ってた方がいいかも。

岩から守ってはくれないけど、岩に当たる前に「進路が変わる」ことで、激突を避けるって感じか。



保険つーか、ないよりはあったほうがよさそう、ってくらいかなぁ。

e0086244_2283153.jpg

何にせよ、こういうパーツをつけると、ケモに行きたくなるね(・∀・)

つっても週末から翌週にかけては、「榛名山賊」→「コジロー来訪」→「書類仕事」のコンボなので。

試すのは、ちょっと先になりそうだ。



そんな感じで。



 
 
 
[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/22333485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2014-08-26 22:08 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ