「ほっ」と。キャンペーン

フラナガン帰還

 
 
金曜日、仕事の終わり際である午後6:50分。

携帯電話が鳴った。

発信元は、「名古屋の弟分」、フラナガンだ。



かみ 「おう、もしもし! どした?」

フラ 「お久しぶりです。今、仕事で東京に来てるんですけど、今日って遊び行っても」

かみ 「おう、もちろんだ。早く来い!」



この段階で、翌日の土曜に予定していた、バイク修理はキャンセル。

さらに言えば、土曜の仕事は「二日酔いでやる」ことが決定した。

この男が遊びに来て、呑まなかったりバイクの話をしないのは不可能なのだ。






自宅へ戻り、風呂へ入って晩飯を食ったら、PCしながらフラを待つ。

すると、俺の予測を軽くぶっちぎって、二時間たってもフラはこない。

おかしいな、と思って電話をしてみると、相変わらずのアホっぷりだった。



かみ 「おめ、どこに居んだ?」

フラ 「どこなんすかねぇ、ここ。ローソンが見えますが」

かみ 「ぎゃははは! やっぱ迷ってやがったか! なんですぐ電話しねぇんだよ!」

フラ 「いやぁ、携帯のナビ通り来たんですけどねぇ」



だったらなんで角度で45度、距離で300メーターもズレた場所に居るんだ。

埒が明かないので、電話を持ったままベランダに出たかみさん。

おそらくフラが居るだろう方向を見ながら、「音声ナビ」を始める。



かみ 「周り、ほかになんかねぇか? ああ、わかった。んじゃ、そこを右に曲がれ」

フラ 「それじゃ、○○を右手に見ながら……」

かみ 「逆だ! 左手に見て歩いて来い! 今、赤に変わった信号を背にしろ」

フラ 「あーこっちですかぁ……見た覚えがないなぁ……」

かみ 「今、自転車が通っただろ? それが行った方向へ……あ、あれか? あの人影かな?」

フラ 「自転車ですか? えーと……」

かみ 「おめ、手ぇあげてみろ」



見当をつけた人影が片手を挙げたので、ようやくクソ寒いベランダを離れる。



フラ 「あー、思い出した! わかりました! ○階ですよね?」

かみ 「×階だあほたれ! いいからとっとと来い!」



つわけで、ようやくフラナガン登場。

e0086244_20485218.jpg

仕事帰りなので、スーツなんか着てやがる。

とりあえず風呂へ入れて、暖かいものを食わせたら。

俺もようやく、酒盃を手に取った。

e0086244_20485789.jpg

カンパイして、楽しい宴会の始まりだ。



フラ 「かみさん、おみやげつーかツマミ買って来ましたよ」

かみ 「おう、ありがとう。ん? 沖縄のみやげ?」

フラ 「いや、柏で買いました」

かみ 「ぎゃははははっ!」

e0086244_2049141.jpg

いや、美味かったからいいんだけどさ(´▽`)



そこからは、呑んで喰って近況を聞いて、あとはひたすら単車の話。

途中で眠くなったナオミが引っ込んでからも、ひたすら呑んでしゃべり続ける。

俺やフラが、単車に乗るのと同じくらい、愛する時間だ。



旧型V‐MAX、新型V‐MAXを熱く語るフラに負けじと、俺もビューエルを語り。

ベロンベロンになりながら、コーナリングのアクセルワークを論じ。

タイア、グリップ、サスペンション、トラクション、話が止まる気配もなく。



いいだけ呑んだくれて話し込み、ついに目が開けてられなくなって就寝。






翌日、目を覚ました俺は、フラが起きる前に仕事へ。

仕事してると、よしなしがやってきたので治療して、ヤツはユウヒのところへ。

俺は最後の患者さんを治療してから、KLXで自宅へ向かう。



帰ると、ちょうどフラが起きてきたところだった。

フラはそのまま、タバコを買いにコンビニへゆき、俺は洗い物をかたづける。

食器を洗ってると玄関が開いて、ユウヒんトコでバイクを買ったよしなしがやってきた。

e0086244_2049668.jpg

ほどなく帰ってきたフラと、こんだ三人で宴会スタートだ。

相変わらず飽きもせず、単車の話やバカ話をして笑い、俺とフラは酒盃を干す。

翌日仕事のよしなしは、今日は泊まってゆかないので、可哀想だが呑めない。



写真のビールは、昨日俺が呑んだ空き缶だ。



三時間ほど呑みながらバカ話してから、腹が減ったのでラーメンを喰いに出る。

近所のラーメン屋は、トンコツしょうゆの背脂チャッチャ系。

ナオミが苦手なので、普段はなかなかいけないのだ。

e0086244_20491579.jpg

今回は初めて、味噌中落ち麺を喰ってみた。

トンコツベースの背脂たっぷり味噌ラーメンに、削り落としたばら肉が入っている。

コレもかなり美味しいけど、俺はしょうゆの方が好きかな。

e0086244_20491031.jpg

フラはコンビニで買ったカツサンドだの喰ってたが、俺とよしなしは朝昼抜きだったのでソッコーで喰う。

呑んでた俺はスープ残したが、よしなし先生はスープまで完食してた。

それでも足りずに、帰りがけコンビニへ寄って。

e0086244_20493017.jpg

ホットドッグかなかんか食ってた(´▽`)

そこからまた呑んで騒いでしてるうち、俺は酔っ払って寝オチ。

起きてそれぞれ好き勝手やりながら、キャンプ道具の話になったところで。



俺のキャンプイスを見せたら、フラが気に入ったつーので、半値で売りつける。

そっからキャンプやツーリングの話をしつつ、俺はお茶で休みをいれ、フラはワイン。

やがて、夜もいい時刻になり、よしなし先生は帰宅しなくちゃならない。



ユウヒんトコから買ったバイクをクルマに積んで、寒空の中、先生は帰って行った。



ハンパに寝た俺と、普段バイクの話に飢えてるフラは、元気満タンでそっからリスタート。

ワインをちまちま呑みながら、峠、旅、キャンプ、野宿、ツーリングの話。

新型バイクの話に、自分の愛機の話、単車との関わり方、生き方。



なんだかんだワインを二本カラにしつつ、朝の四時まで語り合った。






日曜の朝、起きてみるとフラはまだ寝てる。

ナオミと俺は休みの日の定番、それぞれ好き勝手に本を読んで過ごした。

やがてフラが起きてきて、帰り支度を始める。

e0086244_20493572.jpg

荷物が重い上に、昨日、俺のキャンプイスを買ったフラは、さらにまだオミヤゲを買うと言う。

なので、ウチで遊んでたキャリアをあげた。

その合間にもYou Tubeで、スカイラインだの酷道だのの動画を見ながらバカ話。



「いかん! 帰れんくなる!」



叫んだフラが立ち上がったところで、二泊三日の柏宴会も残念ながらお開き。



「お世話になりました、また!」

「おう、またよ!」



三日間、ひたすら単車の話をした中部の弟は、満足げな笑みを浮かべて帰っていった。

e0086244_20493932.jpg

フラ、たのしかったぜ! また呑んだくれて、単車の話しような(´▽`)/



 
 
フラナガン帰還/了
 
 
 
[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/21589845
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2014-01-18 20:48 | エンカイ | Trackback

アーカイブ


by かみ