XB12X ノッキンオン・メンテナンスドア

 
 

数日前から、もしかしてそうかなぁと思ってはいたのだが。



コツッ、コツッ。



朝っぱらから、ノックの音がした。

通勤路をすっ飛ばしていた俺は、盛大にため息をつく。

このノックは、天国のドアでも、君のドアでもなく、メンテナンスのドアを叩く音だからだ。



平たく言うと、ベアリング交換のお知らせである。



コレを無視すると、とてもめんどくさいことになるのは、今春、イヤと言うほど味わってる。

昨日、「今年のバイクいじりはおしまい」なんて言ったからだろうか。

ま、ブーたれてもゴネても単車は直っちゃくれないので、メンテしてやる。







半日仕事が終わったら、ユリシーズをジャッキアップして。

e0086244_16155553.jpg

フロント周りをバラす。

別にフォークは抜かなくてもいいんだが、ついでに掃除してやろうと思ったのだ。

せっかくアクスル抜いたんだし、バランスよく締め直したいってのもある。



ベアリングを抜く前に、本当にベアリングなのかどうかチェック。



触ってみると、やっぱり動きが渋い

もっとも、200キロからの車体で、荒れた道だろうがダートだろうがすっ飛ばのだ。

おまけに雨でも毎日乗り倒すのだし、ある程度は仕方ないのだろうけど。



e0086244_1616842.jpg

古いのをプーラで引っこ抜いたら、エリック牧場へキープしてあるベアリングを取り出し。



e0086244_16161261.jpg

プラスチックハンマーで叩き込めば終わり。

それからフォークを磨きつつ、オイル漏れがないかチェック。

大丈夫そうなので、フロント周りを順番に組み付ける。



e0086244_16161746.jpg

アンブラコボルトに、齧り止めのカッパーグリスをたっぷりと塗って、キャリパーを取り付けたら。

あとは各部のポジションを調整して、作業終了。

ばら撒いた工具を片付けて、さて、帰宅がてら裏道を流してみよう。



通勤路のツイストを飛ばし、ハードなブレーキングや、荒っぽいコーナリングをしてみる。

そんなにおかしくなかったと思ってたが、交換してみると違いは歴然だ。

フロント云々より、寝かしこみとリアの喰いが、笑っちゃうほど気持ちいい。



前がきちんとスムーズに回るから、後も本来の性能を発揮できるのだろう。






ユリシーズは、日本車と違ってすぐに具合が悪くなる。

だけど、その前にはちゃんと、「おい、そろそろだぞ」と教えてくれる(除、電気系)のだ。

車体から聞こえてくる、そんな声を聞き逃さず、面倒がらないでメンテしてやれば。



こいつは、きちんと走りで応(こた)えてくれる。

俺にはそれが、たまらなく可愛くて仕方ない。

明日の日曜は、どこか走りに行こうかな(´▽`)



そんな感じ。



 
 
 
/了

 
 
[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/21503385
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2013-12-28 15:28 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ