XB12X 微調整、冬モード

 
 

さすがに年末。

診察以外の時間は、書類仕事に取られっ放しなのだが。

それでも昼休みはバイクをいじる。



やっと復活したとは言え、ユリシーズが二ヶ月寝てたことは間違いない。

なので細かいところを点検しつつ、微調整したり。

あとは、コレも細かいことだが、冬モードに移行する作業だ。



まずは、いまさらながらシートのメッシュを外す。

e0086244_1253568.jpg

ステープラで留めてあるのを、プライヤで引っこ抜くだけ。



それからセンスタをかけて、本格的にメンテナンスの支度。

e0086244_12543450.jpg

んで、冬モードとして顔を交換。XB12Sから、久しぶりにユリシーズ顔へ戻す。



ところでこないだ、フロントブレーキに違和感を感じ、サスセッティングで対応した。

それで違和感は薄れてたのだが、念のため、フロント周りをチェックしてやる。

納得できない状態で乗るのは危ないからね。



いやまあ、俺の場合、納得できてたって怪しいんだけど。ほっとけヽ(`Д´)ノ

e0086244_1254035.jpg

フロントをジャッキアップしてフリーにし、ステムのチェックと調整。

一度、しっかり締め込んでから、少しづつ緩めてちょうどいい場所を探る。

すこし動きが軽すぎるかな、くらいのところが俺の好みだ。



ちなみにテーパーローラーベアリングにしてから、ステムはすごぶる調子いい。

XB乗りで走り倒す人、ガンガン攻める人には、マジでオススメ。

自分でメンテできるなら、ゼッタイ交換したほうがいい。



ステムとの関連で、同時にクランプ部分もチェック。

e0086244_1254569.jpg

つーかここを緩めて全部まとめて調整しないと、せっかくステムやっても効果が薄いからね。

各部しっかり締め直したら、ハンドル周りは終了。

試乗してみたら、よりカチっとしたので、やってよかったようだ。






続いて、俺のユリシーズの新しいチャームポイント

エキパイのスプリングを、着荷したアクラポヴィッチに交換する。

さすがに、のびのびのスプリングじゃ見栄えが悪いからね。



こないだは応急処置で、クラッチワイヤーのステーに共締めしたんだが。

今回のアクラはバネが太いので、そのままだとステーのネジが緩んでしまう可能性がある。

それに締め込みしろが少ないので、強度的にもちと不安だ。

e0086244_12544487.jpg

なのでステーのネジを、少し長いものに変更し、スプリングの分を稼ぐ。

なお、写真はネジのピッチを間違えてるけど、つけるときに気づいたから大丈夫。

あとはステーと一緒に共締めして、スプリングをひっかけるだけ。

e0086244_12544960.jpg

これでスプリングは三本ともアクラになり、見た目もよく、強度も上がった。



e0086244_12545330.jpg

あとは各部に注油して、メンテナンスは終了。

気になってたところを一気に片付けられたので、気分的にもスッキリ。

なんだかんだ、ユリのメンテナンスは楽しい(´▽`)



んで、この週末。



日曜日に、いろはの房総ツーリングへ誘われてるんだが、ちと行けるか判らない。

土曜に労働基準監督署のヒトと話があり、それ如何では、急いで書類作りをしなきゃならないのだ。

ま、行けそうなら、久しぶりにいろはやタカシと、曲がり道を楽しんでこようと思う。



行けなかったら……泣きながら仕事しつつ、雨乞いでもしようか。



そんな感じで(´▽`)
 
 
 
/了
 
 
[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/21445948
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2013-12-13 20:40 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ