おさんぽ

 
 

ツーリングってほどでもなく、ちょっと遠回りして帰った話。



半日仕事がハネた午後。

天気がいいのに誘われて、「そだ、遠回りして帰ろう」と思いたったマイトガイ。

適当にトコトコ流してると、ふと、美しい紅葉が目に入った。

e0086244_18291541.jpg

ひょいと停まって覗き込んだら、なんと一般宅の庭先である。

地図で確認してみると、近くにお寺や神社もあるんだが、それとは違うようだ。

このあたりだけ、ぽっかりと林があって、その奥に一軒だけ家がある。



豪華な庭もあったもんだなぁ」と、感心しながら、しばし魅入る。



e0086244_18302991.jpg

日本家屋の縁側で、こんなの眺めながら日本酒でも飲みたいね。






晴天の下、気分よく走っていると。

「いつも見るけど、行ったことのない道」ってのが、結構あることに気づく。

そんじゃ今日は、そんな道を選んで走ってみよう。



ニコニコしながら、最初の知らない道へ入ってゆく。

すると急に舗装がなくなり、ダートつーかちょっとした林の中へ。

こりゃいいやと横を向けば、そこにあるのは小学校の校庭



「いかん、これじゃカンペキに不審者だ!」



小学校の横でカメラを構えるガッツはなく、あわててアクセルターン。

すると、こっちを見ていた小学生が、アクセルターンに「おぉ!」と小さな歓声を上げ。

俺の小さな自尊心も、ちょっと満足。

e0086244_18363421.jpg

これは小学校の校舎ウラ。

「さすがにココなら、撮ってても不審者ぽくないだろう」と思ったのだが。

通り過ぎた車の運転手(女性)が、不審げな顔で見てたので、あわてて出発。






次の「いつも行かない道」へ入ってゆくと。

e0086244_1838976.jpg

クルマ止めのある橋を発見し、写真を撮った。

橋には親子がいたので、脅かさないよう、静かに渡る。

すると、小さな女の子が、めちゃめちゃ可愛らしい笑顔で、こちらに手を振ってくれた。



が、お母さんお方はもちろん、エマージェンシー全開の表情で、こっちをガン見。



仕方ないので、軽く手を振り返して、不審者はさっさと姿を消す。






ここからは、そう面白そうな道もなく。

適当に空いてる方へ流れながら、トコトコおさんぽ走りを楽しむ。

e0086244_18411949.jpg

道端の並木も、すでに秋から冬へ移行していた。



これは、こないだ房総の帰り道に通った銀杏並木。

e0086244_1843980.jpg

こちらもずいぶんと、冬景色になってしまっていた。



「こらあ、北の山はもう、ユリシーズじゃ走れないだろうなぁ」



修理してるうちに冬を迎えてしまったことに、ちょっと寂しさを感じつつ。

それでも、「ユリシーズが直ったら、遠くへ走りに出よう!」と改めて思った。

いや、もちろんKLXでも走りに出るけどね(´▽`)




そんな冬の午後のお話。


 
  
おさんぽ/了
 
 
 
[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/21415625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2013-12-05 18:41 | ソロツーリング | Trackback

アーカイブ


by かみ