XB12X スタッドボルトラストシーズン (2)


 
 
先週末、ハチサンでアイボルトを固定したわけだが。

月曜日、仕事の合間に固まり具合を見てみると。

e0086244_1454683.jpg

写真はちょっと見づらいが、めちゃめちゃガッチリ固定されている。

つまんでゆすってみると、車体ごと揺れるほどだ。



「見た目なんかどうでもいいし、こんだけ固まってりゃ問題ないだろう」



ほくそ笑んで、仕事に戻るかみさん44歳。






んで昼休みになるなり、加工作業を開始する。

まずはアイボルトと反対側、生きてる方のスタッドボルト部分。

ここにアイボルトと同じくらい出っ張った、スプリング取り付けフックを作らなくてはならない。

e0086244_14541423.jpg

取り出したのは、シリンダのメス側と同じピッチの5/16‐18山ボルト

長さは2インチのやつかな? これに固定用ナットを取りつけてやる。

間に挟まってるのはリコイル。せっかく買ったのに出番がないから、遊びで入れてみた。



これをバイスプライヤでくわえて固定し。

e0086244_14542047.jpg

ドリルバービットで穴を空ける。

この穴がスプリングフックの代わりになるという寸法だ。

e0086244_14543912.jpg

ネジの高さを確認しながら、ナットで締め付けてやれば完成。






これでようやく、エキパイをつける準備が出来たので。

リアシリンダーは普通にスタッドボルトで留め、フロント側に液ガスを塗って差し込む。

あとはスプリングを取り付ければ、長かった作業もひと段落。

e0086244_14544428.jpg

うん、スプリングの長さを見誤った。カーブしてるから同じヤツじゃダメなんだね。

もっともこれはすでに、別のスプリングを発注済なので、問題ない。

と、ここまでが月曜日の仕事。








火曜日の今日は、のこりを組み立てるだけ。の、はすだったのだが……



まあ、とりあえずマフラーを取り付ける前に、やっておくことがある。

入り口と出口のあたりが、どうしても錆びやすいノーマルマフラー。

そのサビ落としと、サビ止め塗装をしてやる。

e0086244_14545184.jpg

金ブラシでサビ落としして、パークリで綺麗にしたら。



e0086244_14545776.jpg

耐熱ブラックでサビ止め塗装。



塗装が乾くのを待つ間に、配線や組み立てをしよう。

e0086244_1455393.jpg

配線の各接合部に、接点復活剤を塗って接続し。



e0086244_1455815.jpg

せっかく顔を見せてるので、スロットルボディも清掃。



e0086244_1455176.jpg

それからマフラーをひっくり返し、裏側を塗る。



そんじゃ乾く間にひとつ、久しぶりに火を入れてみよう。

マフラーついてないから直官になっちゃうけど、ちょこっとなら大丈夫だろう。

ドキドキしながら、久しぶりにキーを挿して、ON側へひねると。



にっ…………



なにかしら通電したっぽい音はする。

だが、インジケータ類はカンペキに沈黙、これっぱかしも光らない。

もちろんセルも、無反応。



「あれ? 俺、電気系いじったっけ……いや、ビタイチ触ってないはずだ」



首をかしげながら、とりあえずヒューズチェック。

e0086244_14552456.jpg

すべて正常なことを確認し、定番のバッテリ端子や、電気の戻し側ケーブルもチェック。

こられも問題ないとなったところで、嫌な予感にさいなまれつつ。

テスターを引っ張り出してくる。



e0086244_14552945.jpg

「あ、これだ。6Vしか出てねぇ

「リフェは放電に強い」と聞いたのを鵜呑みにしてたら、しっかりバッテリが上がってた。

つってもリフェバッテリは、俺の持ってる充電器じゃ充電できない



「なるほど、今度はこう来たか。さすがビューエルさん。一筋縄じゃいかないなぁ」



正確には、「一年放っても大丈夫」つったSHORAI JAPANと、管理を怠った俺のせい。

ビューエルさんは、これっぱかしも悪くない

ガッカリした俺の気力ゲージは、一気にエンプティを指し、残りの作業もやる気が出ない。






それでも四苦八苦しながら、マフラーだけは取り付けて。

e0086244_14553570.jpg

エキパイのクラック発見からまる二ヶ月、愛機XB12Xが、ようやく元の姿に戻った



しばらく眺めながら、ニヤニヤしていた44歳。

このままじゃ動かないことを思い出して、捨てられた仔犬のような目をしながら。

ユリシーズへ静かにカバーを掛けてやり、中に戻るなり、検索開始



とりあえず、ノーマルバッテリーと同じ鉛の密封型を、通販で購入するまで、わずか30秒

あるかないか判らないライコは、もう、信用しないのだ。

台湾ユアサの製品なので、そう悪いこともないだろう。



今週中の到着を、今は祈るばかりだ。






つわけで、最後の最後に思わぬ落とし穴があったものの。

とりあえずユリシーズの修理は終わった。

今回もてこずったが、おかげでまたスキルアップできた気がする。



少なくとも次回からは。

マフラー外すのをめんどくさがることはないかな?(それをスキルアップとは言いません)

なんにせよ、シンドいながらも楽しい経験だったよ(´▽`)





エキパイとスタッドボルト ラストシーズン/了

 
 
 
[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/21406671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2013-12-03 14:55 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ