KLX125 グリスアップとボルト交換

 
 

KLX125には、いつのまにか小鳥が住みつく。

このバイクに乗っている人間なら、ほとんどが経験していることだ。

小鳥は、しがらみから逃れられない俺たちの代わりに、天へ向かって羽ばたく。



そう、それは自由の象徴なのだ。



うん、ごめん、そんなんじゃない。

出荷段階でグリスが少ないんだか、あるはハナからグリスアップされてないだんか。

KLX125ってバイクは、走ってるといつの間にか、フロント周りからひよひよと、

小鳥の鳴き声のような異音を発するのだ。



いわゆる、車種特有の「持病」ってやつである。






つわけで、こないだからひよひよ鳴きだしたフロントを、グリスアップしてやる。

センスタやデカいジャッキはユリシーズにかけたままなので。

木っ端や油圧ジャッキを使って、フロントをアップしたら。

e0086244_211255100.jpg

アクスルを抜いて、各部にモリブデングリスを塗り。

元通りに組みつけて終了。



e0086244_2114441.jpg

ちなみに、毎度のごとく割りピンは、ベータピンに交換しておく。






お次は腹下にある、スキッドプレートのボルトを交換してやる。

付属の六角穴ボルトだと、プレートの外にボルトの頭が飛び出すのだ。

山の中を走るなら、引っかかりはない方がいい。



房総の変態番長略してばんちょさんに、そう教わったので。

e0086244_21171018.jpg

六角穴ボルト(左)を、皿ネジ(右)に交換してやる。

とはいえ、そのまま「すぐ交換」というわけには行かない。

皿ネジの頭をプレートとツライチに収めるため、穴のフチを砥石で削る必要がある。



e0086244_21193493.jpg

ドリルに砥石をつけて、ふちを斜めに落とす。

今まで散々、クソ硬いタップを削ったりしてたので、アルミの柔らかさはまるで天国のよう。

ムダにニコニコしながら、とっとと削り飛ばす。



e0086244_2121352.jpg

テキトーな削りっぷりだが、厳密にやるのは面倒なので、俺的にはコレでOK。

んで、皿ネジを合わせてみると、若干、ガタが出たので。

フレームとの取り付け部分を、ナイロンベルトでかさ上げして固定。



e0086244_21233559.jpg

皿ネジが若干浮いてるが、ガッチリ固定されたので、まあこんなもんだろう。



最後に、フォークブーツへシリコンスプレーを吹いて、劣化予防。

e0086244_21243566.jpg

のんびりやったので、一時間くらいかかってしまったが、無事に終了。

ホントはチェーンオイルも注してやるタイミングなのだが。

これは、通販でよさそうなチェーンオイルを買ったので、それが着荷してから。



ユリシーズの方は部品の着荷待ちだから、もうしばらくはKLXと遊ぶ。



そんな感じで(´▽`)


 
 
 
[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/21390923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2013-11-29 21:39 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ