ストリートスライダー

 
 
「16日の土曜日、かみさんちに遊び行っていいすか?」

コジローからそんな連絡をもらったのが、先月のことだった。

今回はフェリーに乗って木更津へ出、16号沿いに北上してくるらしい。



もちろん快諾し、当日、半日仕事のあと家に帰って待ってると、携帯が鳴った



「もしもし、かみさん! 迷いました

「うむ、やると思った。(柏インターと)反対から来たもんな。んで、今ドコにいるんだ?」

「え~と……春日部(かすかべ)?

「ぎゃはははっ! 埼玉じゃねぇか! どこまで行ってんだよ!」






到着する前にひとネタかましたコジロー、30分後にようやく到着。

e0086244_16151436.jpg

「いやー寒いっす! 芯まで冷えてます」

そらそうだろよ、1時間くれぇは余計に走ってるんだから。



e0086244_16145990.jpg

コジローの愛機、WR250X。

現行250ccでは最強マシンと言っちゃっていいだろう。

顔を変えたり、オリジナルステッカーを貼ったりと、カスタムを楽しんでるようだ。



「んで、メシどーするよ? 食いに出……ああ、おまえもう表に出たくねぇだろ?」

「はい、出たくないです」



俺んちへ戻り、ストーブで身体を温めてから、近所のコンビニへ。

酒と食い物を買い込んで、帰る間もずっとバカ話。

戻ったらコジローも部屋着に着替えて、あからさまに外出拒否のスタイル。






コジローの嫁さん、リタローが選んでくれたというお土産をもらって。

俺からもDVDを渡したら、早速ビールを開けてカンパイだ。

ぐびぐび呑(や)りながら、コジローの近況を聞く。



んで、ヤツが買った家の話から、思いのほか真面目な方向へ話が進み。



ナオミが帰ってくるまでの二時間ほど、延々、ふたりで真面目な話をした。

内容はプライベートなので割愛するが、わりと重めの話だ。

俺もワイン引っ掛けながら、しかし、真剣に話を聞く。



んで、ふたりそろってさんざん悩んでたのに。



帰ってきたナオミさんが、イッパツで解決策を出したり。

ホント俺は、こういう話だと戦力外だなぁと痛感させられた。

つーか、ナオミさんが「やれる子」すぎ(´・ω・`)








そのまま三人で、バカ話をしていると。



ピンポーン!



やってきたのは、哀愁の首都高ランナー、タカシである。

おうよく来た、コジローは知ってるな? まあ座れ、酒はどうする?

いつもの流れでタカシも参加し、俺は上機嫌で酒盃を干してゆく。



しばらくバカ話してるうち、カンペキに酔いの回った、かみ&コジロー。



ナオミが風呂へ行ったスキに、話はやっぱり単車になるわけで。

今回は主に、サスペンションの話と、乗り方の話が多かった。

コジローの通勤ドリフト話に、タカシが目を輝かせながら爆笑する。



俺の、そしておそらくは、コジローやタカシも、大好きな時間が流れてゆく。






歳も、考え方も、生き方も、それぞれみんな違う。

なのに、ただ「単車が好き」という、それだけのことで笑い合える

思うに俺は、かなり幸せな人生を送れてると思う。





俺とコジローはいいだけ酔っ払いつつ、タカシは今回コーラでシラフ

呑んで、食って、バカ話して、大笑いして。

土曜日とはこうあるべき、と言う見本みたいな、楽しい週末だった。






コジロー、また暇なときにでも遊びにおいでな!

そん時までに、ドリフト完璧に仕上げておけよ?

いや、俺はやらないけど。事故るからwww



タカシ……はまあ、余計なこと言わなくていいか。

どうせまた遊び来るだろうし、来りゃ呑んだくれてバイクの話するんだし。

ま、来たい時に遊びおいで。



ふたりともむちゃくちゃ楽しい時間をサンキュな!(´▽`)/




ストリートスライダー/了 
 


 
[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/21336018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2013-11-16 16:49 | エンカイ | Trackback

アーカイブ


by かみ