XB12X チェーンドライブコンバート (5) チェーンライン確認 (追記あり)

 
 
XBの二次ドライブで厄介なのが、ドライブスプロケットの取り外しだと言う。


1.サイズが無駄にデカく、バカみたいにデカい工具がいる。

2.しかも、ドライブが右側についてるから、緩まないように逆ネジになってる。

3.おまけに、そのネジが赤ロックタイトで固めてあり、狂ったように固い



まるっきしやる気の出ない三重苦なのだが、コレを外さないと先に進めない。

なので、まずはソケットとハンドを買った。

e0086244_13392462.jpg

ソケットは1と7/8インチ(47.6mm)つー、あきれるアホサイズ。


e0086244_13393644.jpg

回り止めを取っ払い、ソケットを差し込む。


e0086244_13394171.jpg

差込口3/4インチ(19mm)なんぞ、もちろん持ってないので、ハンドルも買った。

鉄の棒に4000円が高いか安いかは、各人の価値観だろう。

で。

とりあえず準備は出来たので、いざ、パワーオン!





 






回らない。ビタイチ動かない。


「ええい、このやろう!」


思いっきり力を入れたら、一速に入ってるのに車体が動いた

しかも逆ネジだから、普通なら締める方に回すので、心理的に力が入れづらい

ベルトやトランスミッションへの負荷も、かなりのモノだと思われる。



「こら、だめだ」

とっとと心折れた俺は、タクの店に飛んでゆく。

e0086244_1339491.jpg

タクんとこでも、ロングハンドルや延長して力を掛けたがダメ。

結局、工場長にエアインパクトで外してもらった。

お忙しいところ、ありがとうございました。




戻ってきたら、早速、緩んだスプロケットを外す。

e0086244_13395383.jpg

左がノーマルプーリーで、右がスポスタ用スプロケット。

おそるおそるはめ込んでみると。

e0086244_13395798.jpg

ジャストフィット

とりあえず、ドライブスプロケットは加工しなくて済みそうだ。




スプロケットがつくことを確認できたら、お次はもひとつ確認するポイントがある。

チェーンラインだ。

ベルトは厚みがあるが、プーリーのスポーク(?)は、センターに寄っている。

e0086244_1340240.jpg

なので、ドリブンは普通につけても、プーリーの時とセンターが変らない


だが、ドライブは構造上、センターより内側に寄ってしまう。

e0086244_13401124.jpg

スプライン(ギザギザ)が見えてるところの分、4.5mmほど外側に出してやる必要があるのだ。

ま、この辺のカラーは、どーにでもなるだろうから、そんな心配してないけど。

念のため、各部の採寸をしてから、元通りに組み立てた。




コンバート作業、まだ先は長いんだけど。

e0086244_1340691.jpg

スプロケが付いた絵を見ると、なんとなく嬉しくなってくるね。

なにやらイロイロと感慨深い。


「ああ、チェーンドライブになるんだなぁ」


とか。

もしくは。


「ああ、馬鹿なことやってるなぁ」


とかね。


まあ、楽しいからいいけど(´▽`)




とりあえず。

次回はたぶん、ドリブンスプロケットの加工。

いよいよ、イチバンの難所に差し掛かる。



そんな感じで。






<追記>

ブランクスプロケットの存在を、今の今まで忘れてた。

前にハヤブサかなんかで調べた時、知ってたのに。

実にウカツ(´・ω・`)



自作加工に失敗したら、ブランクスプロケット買って加工する。



/了


 
 
[PR]
トラックバックURL : http://rugnarok.exblog.jp/tb/20035433
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by noreturnrydeen | 2013-04-01 21:42 | メンテナンス・カスタム | Trackback

アーカイブ


by かみ